レバレッジコントロール|静かにキレるデイトレーダーから脱する方法

この記事は約6分で読めます。

私のレバレッジコントロール、それに関連する銘柄選定の方法をご紹介いたします。

人間誰しも「タラレバ」に陥りがち。

感情に振り回され自分を見失ってはいけません。

初心者から脱出し株の上級者へ近づくにはどのようにすれば良い?

そのためのシンプルなヒントです。

懐具合(ふところぐあい)でトレードするとは

株を長くやっていると、懐具合で思わずトレードしてしまうことがあります。

懐具合によるトレードとは、自分の運用資金の状況、あるいは今年は会社でボーナスをカットされそうだ、などの個人的な金銭事情です。

デイトレーダーなら、損失が出た状況から脱出するため、ワンショットを大きくしたりします。

相場は自分の懐具合とは別個に動いていますので、このように自分の懐具合をトレードに反映させても意味はありません。

損失を取り返そうとするのはリスクが大きい

大きくやられたので、大き目の玉を入れて取り返す。

これは危険。

思惑と逆に動いたら、さらに壊滅的にやられてしまいます。

ですから、トレードの前に感情を抜いて計画を立て、その通りに機械的に売買するのがセオリー。

少しずつ利益を上乗せし、結果的にトータルで上手く行くように。

トレードマシンになり切ることの重要性

本来、全てをプログラムしてコンピューターに売買を任せるべきところを、やむなく自分がやっているだけ。

そう考えてトレードマシンになり切れば、懐具合や感情に左右されることはありません。

利益が出ても喜ばず、損失を出しても落ち込まないのが理想。

トレードの回数が増えれば増えるほど、それが大事です。

1回のトレードが年間のトータルの結果に与える影響は、「回数分の1」に過ぎないのですから。

1万回トレードする人は、1万分の1です。

2つのレバの恐怖

恐怖とストレス。

これがトレードマシンを狂わせる原因です。

恐怖とストレスのために、歯をむき出しにして、毎回モニターをのぞき込む。

これ、デイトレーダー“あるある”。

その恐怖とストレスの原因の一つとして、レバレッジが挙げられます。

レバレッジとは

レバレッジとは英語で「てこ」を意味します。

株の信用取引では、概ね3倍まで運用資金を膨らませて売買することができます。

しかし、レバを効かせた後に含み損になってしまうと、途端にとんでもない恐怖にさらされます。

レバレッジ+含み損の恐怖は半端ないです。

ルール1:レバレッジをかけない

株の場合には、値動きの大きい銘柄を選んで売買すれば、あえてレバを聞かせてトレードする必要はありません。

値動きの小さい株でレバを効かせて利益を出しても、値動きの大きい株でレバなしで利益を出しても、結果はそう変わりはありません。

であるならば、レバレッジをかけないと言うのも一つの方法。

そして、そのためには上手に銘柄を選ぶ必要があります。

株用語“タラレバ” とは

「もし◯◯してい“たら”」、「もし◯◯してい“れば”」、これらを総称して“タラレバ” と言います。

当然ながら、株のトレードでは“タラレバ” ほど無意味なものはありません。

にも関わらず、気づくと“タラレバ地獄” にハマりがちです。

ルール2:タラレバを封印する

タラレバを一切排斥(はいせき)すること。

これがトレードマシンになり切るための重要なポイント。

つまり、トレードの後には「何にも話してはいけない」と言うことです。

他言無用、誰にも話すな、何にも言うな。

独り言を言ってもダメ。

これ、デイトレーダーの一手法。

2つのレバを克服して初めて株の中級者

  • ルール1:レバレッジをかけない
  • ルール2:タラレバの封印

これらが意識的に出来て、初めて一人前です。

そして、ルール1を貫徹するためには、デイトレ適性銘柄の選び方が大事になります。

デイトレード銘柄の選び方

株のデイトレードをする際の銘柄の選び方は、概ね2段階の手続きを経る人が多いです。

デイトレード銘柄を選ぶ手順の例

銘柄全体から注目すべき銘柄をある程度絞る
(10~200銘柄程度)

最終的にデイトレする銘柄を抽出する
(1~10銘柄程度)

第1段階

第1段階で銘柄数を10~200とする理由は、それ以上多い銘柄数ですと、株ツール等に登録するのに時間がかかり過ぎるためです。

毎日の話ですので…。

簡単に言うと、「面倒くさい」と言うことです。

前日中に株ツールに銘柄を登録しておくにせよ、場中に登録するにせよ、誰しも出来るだけ速やかに済ませたいと言うのが正直なところ。

人によっては、第1段階の作業を省く人もいます。

いきなり第2段階に入れば、手間は半分以下ですから。

第2段階

絞り込む銘柄数を1~10とする理由は、同時にトレードをする銘柄数が多いと混乱しがちになると言うことです。

人によっては、5銘柄以上を同時に売買するのは無理だと言う人もいます。

もちろん、もっと多くの銘柄数を同時に処理するやり方を取る人もいますが…。

私も昔、同時に多数銘柄の売買をするやり方をしていたことがあります。

銘柄を絞り込むやり方

銘柄を絞り込むやり方は、最終的には人それぞれです。

ただし、デイトレードの場合には、ある程度の出来高が必要ですので、出来高・売買代金によって銘柄を抽出するやり方を取っているデイトレーダーは少なくないです。

タラレバの排斥

タラレバトレードをしないためには、何も言わないことに尽きます。

これが結構難しいです。

独り言も言ってはいけません。

ただ黙っていることの難しさ。

不思議なことに、これを続けていると、「あの時こうしていれば…」と言うのが少なくなってきます。

考えても意味のないことは考えないほうが良いのです。

本気でマラソンをしている人は、走りながら何も話をしません。

それと同じことなのかも知れません。


広告


1月4日のトレード結果

気づいたら本日は大発会(だいはっかい)。

初日ですので、手数を抑えました。

その割には利益が出ましたので、まずまず。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)3686DLE、4579ラクオリア製薬
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算80万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+0.7万円
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果+0.7万円
今月の損益+0.7万円
持越ポジション(新規買建)なし
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし

広告