株手法デイトレ10銘柄同時売買?値動き100%読んでもやられ何コレ恐い

トレードの結果の分類図

相場と言うものは果てしなく終わりのない旅。

“これで絶対勝ち” と言う到達点はありません。

勝っても負けても次のトレードがやってきます。

完璧な勝利と言うものは存在しない。

時折、その事実がトンデモない恐怖に変わり、耐えられないほどに感じられることがあります。



同時に扱う銘柄数によるデイトレード含み益の比較

同時に手掛ける銘柄数によりデイトレの結果は変わる、この事実から来る恐怖。

一例として、以下の2種類のデイトレードの比較を考えます。

銘柄Aのみをデイトレードする場合の含み益推移

時刻s 時刻t
銘柄A -0.4万円 +0.5万円

この場合、時刻sでは損切りせずに時刻tまで引っ張ったほうが良い結果になります。

銘柄A~C(3銘柄)を同時にデイトレードする場合の含み益推移

時刻s 時刻t
銘柄A -0.4万円 +0.5万円
銘柄B +0.1万円 -0.7万円
銘柄C +0.6万円 -1.2万円
+0.3万円 -1.4万円

この場合には、時刻sで降りるのが正解で、時刻tまで引っ張ったら負けです。

値動きが読めても意味がない?

銘柄Aについて時刻sで降りるべきか、時刻tまで引っ張るべきかの判断は、他の銘柄の数および値動き次第で変わってきてしまいます。

値動きの推移がどうあろうとも、1日のトータルで損失を出せば、その日のトレードは負けです。

仮に銘柄Aの値動きが完璧に読めていたとしても、最終的な結果は他の銘柄の値動きに左右されます。

実は、銘柄Aに限ったことではなく、銘柄B、Cについてもそれぞれ同じことが言えます。

1銘柄の値動きを完全に読むだけでも難しいことですが、それが出来たとしてもダメ。

そう考えると、“値動きが読める” とはいったい何なのでしょうか。

負けない投資法とは

負けない投資法を実践するためには、トータルの売買において、以下の図の青色部分に収まるように仕切らなければなりません。

トレード結果の分類

トレードの結果の分類図

そして、そのためには1銘柄の値動きもさることながら、多数の銘柄の相関性の中に利益を見出すと言う“離れわざ” が求められます。

1銘柄の値動きが完璧に読めてもダメ。

手がける銘柄の全ての値動きへの洞察。

新興株でデイトレードを行っている場合なら、新興市場全体が読めていないといけないと言うことでしょうか?

単一銘柄のみでデイトレードする場合は?

1銘柄のみをデイトレードする場合も、1トレードで利益が出ようが損切りとなろうが、複数回の損益のトータルが全て。

1日に10回トレードするなら、10回終わった後で結果が判明します。

1回のトレードの勝ちは意味がありません。

そして、その10回のトレードの結果は、10銘柄を同時に売買した場合の結果とたいして変わりません。

他のトレードとの相関性の中で、どれだけ上手く降りたか。

“ドカン” を食らわずに他銘柄の含み益を帳消しにしないよう、適度なところで降りる気の使い方。

そこには、あくまでビビりまくりながら、様子をうかがいながらおっかなびっくり降りるトレードがあります。

常に気配を伺い、常に相場の様子を気にする、そしてザラバから注意をそらすことは許されません。

「これ、一生続くのかよ!」

思わず叫び出すデイトレーダーの図

検証すればするほどトンデモない恐怖が…

これが何を隠そう、デイトレーダーの恐怖。

相場の魔物に日々怯える日々。

そして、それが永遠に続く恐怖。

思わず静かに、そして笑いながら叫ぶ、そんな狂気を感じさえするデイトレード。

これを「何コレこわい!」と言わずして、何と呼べば良いのでしょう。

短期売買の値動きにおいては、上がらければならない理由がありません。

そして下がらなければいけない理由もありません。

ゼロサムゲームの恐怖がわいらを襲う

あなたが勝てば誰かが負け、誰かが負ければあなたが勝つ。

全てがゼロサム。

そして、そこで戦うのがデイトレードです。

それでも、デイトレーダーになりたいですか?

それでも短期売買で勝ちたいですか?

もちろん大儲けできるでしょう。

それは間違いありません。

あなたにトレードの才能があれば…。


広告

2月18日のトレード結果

本日もデイに関してはノートレ。

デイトレードのチャンスは3回以上はありましたが、スルー。

事後に検証してみると、3回のうち、少なくとも1回は間違いなく同値降りか損切り。

それも、下手なことをすれば大きく負けた可能性がありました。

同値で損切れたか、それとも大きめのカットになったかは、やってみないとわかりません。

それこそ他のトレードとの関連性。

下手に含み損を耐えたらアウト。

トレードをスルーした状態ではそれしか言えません。

これがデイトレの要注意事項。

警戒に警戒を重ねざるを得ません。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)なし
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) なし
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 なし
スイングトレード損益 +0.8万円
本日のトータル結果 +0.8万円
今月の損益 +1.9万円
持越ポジション(新規買建) 2銘柄(東証1部×2)
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
注目記事

東京マラソン2019コース&応援ポイント【動画11選】ヤバい観戦スポット

GW2019旅行イベント穴場は?10連休関東でおすすめ4つの快適スポット

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了

サーシャバインコーチ結婚は?彼女が美人過ぎる?大坂なおみべそをかく


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 東証取引時間の妙|前場損益プラスも調子に乗ったトレードで退場の危機

  2. 自動車依存度の棒グラフ【やや低い】

    投資失敗の原因は時代にある|他人のブログで損を済ませ脳を変える法

  3. 4本目の足が下落しているチャート

    デイトレード・シミュレーション10%下げ!パテに血を見て益を出す

  4. 4本目の足が下落しているチャート

    株損切りスイングトレード分をデイトレで返す|プラスマイナス0ルール

  5. 6本の足の作成が完了したチャート

    デイトレブログ1月取引損益|どう切り抜ける?今後の展開どうする?

  6. 7本目の足を作成中のチャート

    株大損失敗が月末最終営業日に来た!連休前にして心へし折られしぼんぬ

  7. 売り・買い交換ボタンシステム

    株売買ゲーム終了!寄り付きから負け!6営業日で退場の投資ブログ!

  8. 6本の足の作成が完了したチャート

    投資で稼ぐ?デイトレード利益1日分が大引け間際、泡!とんでもバブル

  9. 空中を逆さで泳ぐ人の図

    株退場ブログ|デイトレは甘くない!2018年開始早々大損終了まとめ

  10. 売り・買い交換ボタンシステム

    デイトレード手法は買いと売りの交換が必要?株の迷宮、出口はどこ?

  11. 飛行機から急落下する人の図

    PTS株価でPTSD?ストップ高張り付け比例配分狙い→引成り10億売りの恐怖

  12. 滝壺へ落下の曲線グラフ

    株売買、失敗の元は信用全力二階建て?絶望の城を出て欲望の沼にハマる

  13. 12本目の足まで完成したチャート

    株大損デイトレ退場?ブログタイトル変更を検討、トレード後に引けず

  14. 10本目チャートまで作成したチャート

    寄り付き注文、直後の揉み合いで奈落の底|ここまでやられるかよオイ

  15. 白目となる表情を見せる著者

    デイトレード 下手なりの試行錯誤を5分で追体験する方法がヤバ過ぎる

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  2. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  3. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  4. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  5. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  6. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  7. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  8. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  9. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  10. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

広告
広告