低位株のデイトレ|100株でコスパを向上する為の賢い手法を考える

この記事は約3分で読めます。

低位株でデイトレをする方法。

そこには、値動きの大きい中でワンショットのロットを極力小さくし、コストパフォーマンスを上昇させる鍵が見え隠れします。

このやり方がマスターできれば、短期売買では鬼に金棒。

多くのライバルを出し抜ける可能性を秘めています。

スポンサーリンク

低位株でコストパフォーマンスが上がる?

強者(つわもの)のデイトレーダーの中には、信用取引の金利計算まで念頭に入れ、低位株で1ティックの利益を狙う方法を取っている人もいます。

また、あえて信用取引ではなく、現物玉をまわす人もいます。

低位株は、現物株で売買すると、税金の面で有利になるからです。

ところが、この低位株スキャ。

かなり難易度は高いです。

株価が60円台であれば、1000株で6万円の約定代金。

その6万円分の1ティックで1000円の利益が出ると言う、コストパフォーマンスの高いデイトレ。

しかし、買い注文を入れたとしても行列の後ろに並ぶ感じになり、非常に気をもむトレードになりがちです。

ワンショットのロットを小さくし、1ティックで利幅がしっかり取れると言っても、その分難しくなるのです。

低位株相場に勝つ方法

20円台の株など、超低位株ではどうでしょうか?

さすがに見ているだけで、簡単にインすることはできません。

みるみるうちに10%くらい平気で動くこともあります。

値幅制限が広いので、値動き率が大きくなる場合も。

上手く立ち回れば非常に利幅の高いトレードになります。

しかしその逆も十分ありえます。

低位株でのデイトレードは、コスパに優れた取引が可能とは言え、リスクと背中合わせです。

そして、一年に何度かくらいは、「低位株相場」がやってきて、200円以下の株が動きまくるのです。

相場では、低位株で上手く利益の出せる方法を編み出せたら勝ちです。

スポンサーリンク

売買単位100株の戦い

ついこの間までは、日本株は売買単位が100株あるいは1000株のものが多く、統一されていませんでした。

2018年の10月より100株単位に統一(ただし全てではない)されたので、少額資金でのトレードにはさらに好都合になりました。

とにかく株の売買を続けていると、損をしてブチ切れることが多いです。

ですから、トレードが天才的に上手い人は別として、ワンショットの額を出来るだけ小さく抑えたほうが良いです。

いつも勝てるようになったのを十分確認し、その後でワンショット金額を増やすことはいくらでもできますので。

極小ロットで売買していも、毎回勝てるのであれば、それなりの利益になります。

例えば、1日5000円儲けられるのなら、1カ月20営業日で10万円のプラスになります。

しかし、負け続けて心が折れると、目的から離れるばかりとなります。

株式投資では、いかにキレずに利益を出すか、それが全てです。

信用取引の金利は必須知識

そして、トレード回数が増えるごとに、手数料や諸経費が毎回かかり、トータルでは軽く見られない額になります。

この必要経費部分も極小となるよう抑えることは、短期売買をする者にとっては必須の条件。

最近では手数料は安い(場合によっては無料の)証券会社が多くなってきているのですが、信用取引の金利はなかなか無視できない問題です。

証券会社によっては、約定代金がある程度大きくなると、この金利が無料となる場合があります。

しかし、少額で回す場合には、通常は金利がかかります。

スポンサーリンク

デイトレードでも信用取引の金利はかかる

信用取引の金利は、日計り決済(デイトレ)をする場合にもかかります。

デイトレードにおける1日当たりの金利ですが、

(1日当たりの金利)=(約定代金)×(日割りした1日分の金利)

と言う計算方法になります。

このため、同じ利益なら、約定代金が少なくなるようなトレードのほうが優れていることになります。

利幅の薄いスキャルピングトレードなどの場合、利益に対する約定代金の額がかさみます。

このため、思いのほか金利の負担が大きくなることになります。