新高値を買う手法

この記事は約3分で読めます。

当方が現在やっている素っ高値を買う手法。

これがつらいんだ。

値動きノイローゼとはこのこと。

どんな感じでやっているのか。

だいたいの感じを以下、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

上がっている株に行く

欧米株を見ると、それほど相場が悪いわけではない。

むしろ、結構上がりそうな位置にいる。

そんな時には、新高値を買って行く方法、当方はこれ一択。

素っ高値を買って行くのであります。

多少相場が冴えなくとも、上がっている株はあるものです。

これ拾い、ひたすら耐える。

根性で耐える。

そもそも、何を買っても必死に耐えてしまう。

下手くそですから。

逆張りで大底狙いの時など、買いなんか全く入らないのに耐えてしまうこと、よくあるじゃないですか。

あれ、なんで下だと耐えてしまうのでしょうか。

耐えるのなら、上でも下でも大差ありません。

やられる時にはやられてしまいます。

なぜ上がるのか

なぜ価格が上がるのかと言えば、買う人がいるからです。

そして、買いが収まらず、継続するからです。

でなければ上がる筈がありません。

そう考えますと、素っ高値は皆が買いを入れて来た証拠。

素っ高値の分足を見ていますと、下がりそうでいて下がらない場合が多い。

誰かが買いを入れているからです。

もちろん銘柄にもよりますし、いきなり爆下げをする場合もあります。

しかし、買いで入るなら、これを買わずしていつ買うのか。

そう思って押し目を狙って行きます。

目をつぶって。

押し目と言っても、微妙な押し目です。

下げ始めたらアウトですから。

崩れ始めたら終了

素っ高値から急に崩れる場合があります。

あれ、これダメなんじゃね?

終わったわコレ。

そう思ったら終了です。

浅い押し目ならOKですが、深い押し目は押し目ではなく、終わりの始まりなのであります。

従って、ぶち上げている素っ高値の微妙な押し目、これを狙って行き、「終わったな」と思うまではあくまで忍耐。

これが一番上がりやすく、利幅を伸ばしやすいと考えております。

正直言いますと、このやり方、かなり難しい。

と言うより、ストレスがデカすぎる。

一日中含み損を耐えることもあります。

しかし、上がる時はスルスル上がります。

ブチ下げた大底銘柄より、早く上がるんじゃないでしょうか。

買うタイミングはどのへん?

押し目と言うか微妙な下げ。

そこで買うのが一番よろし。

そう考えて身構えているとなかなかチャンスはやってきません。

かと言って、爆下げを買うのは上で述べたようにリスクがあります。

と言う事で当方、よく使う手がありまして、昼休憩前後に買うと言うのがあります。

実は自分もそうなのですが、誰しもポジを持ちながら昼飯は食いたくありません。

含み損だったらなおさらです。

それで昼前にポジを投げる。

微妙に下げたところで、今度は飯を食って眠くなる。

後場寄りの閑散はよくあること。

ここで高校野球をやっていると、相場が静まり返る場合があります。

おっさんがテレビにくぎ付けになるからです。

この微下げ、閑散を買う。

おっさんが油断した隙を狙うのであります。

当方もおっさんですが。

強い株を買い持つ

そして、素っ高値を買い、さらに上まで持ち越していく。

これができれば、勝てるような。

そんな気がしてならない。

短期のスイングトレードでは、強い株を持ち、新高値を追うのであります。

アホになって買う。

そう思い、含み損を耐え、やっとのことで含み益圏に浮上。

そんな本日のデイはプラス。

スイングもプラス。

とは言え、損失はまだまだ取り返せていない。

素っ高値を買い、忍耐する日々であります。

なんか、IPOばっかり上がりますね。

こ・わ・い。