薄氷を渡り落ちない方にベットし続けるノイズトレーダーの得た結論

この記事は約4分で読めます。

「短期売買って結局、薄氷を渡るテクやな。」

ザラ場中にそんなつぶやきが出ました。

マーケットの薄氷を渡りながら、流氷群を遠目にこう思います。

インフォームドトレーダーって大事。

スポンサーリンク

ノイズトレーダーとは

ノイズトレーダーとインフォームドトレーダー

ノイズトレーダーは必ずしも職業的な専門家による指南は受けません。

そして、ファンダメンタル的な分析を必ずしもせずに売買をします。

ネガティブな意味で捉えられている呼び名。

れっきとした学術用語でもあります。

これに対しインフォームドトレーダーとは、ファンダメンタルに基づいて合理的に意志を決定する投資家。

なぜノイズが発生するのか

あなたの飛びつき買いと狼狽売り

板が薄く出来高もあまり高まっていない銘柄では、個人のちょっとした買いや売りでやすやすと値が動く場合があります。

ワンショットの金額にして50万円とか100万円程度の買いや売りでも、新興市場の小型株であれば思わぬ値動きになり得ます。

大口様による謎の爆買い・爆売り

大型株でも、状況次第ではとんでもない爆買い・爆売りが突如として入ることがあります。

なぜ売ったんだ?

誰が売ったんだ?

そう嘆いたところで、答えはマーケットのベールに包まれたまま。

ノイズトレーダーはクリアな音源を探す

クリアな音源を求めると逆に雑音を拾ってしまう

性能の良いマイクロフォンであればあるほど、雑音を拾ってしまう事はやむを得ないことです。

マーケットへの参加者であれば誰でも、この思いがけない雑音を経験している事でしょう。

ノイズトレーダーはこの雑音に着目し、儲ける方法を探しています。

そして注目すべきは、雑音を拾おうとすればするほど、クリアな音源を確保する必要があると言う事です。

曇った音源から雑音だけを取り出すことはできない

明瞭でない音声からは雑音を選別することはできません。

全体がモコモコとした不明瞭な音源。

それをノイズトレーダーは嫌います。

大きな雑音だけを抽出して、その価格差を得たいと考えているのです。

スポンサーリンク

ノイズトレーダーの儲け方

不必要な周波数帯域はあらかじめカットする

ノイズのないところに利益は発生しません。

値動きの小さい銘柄はあらかじめ監視対象から外します。

自分にとって不必要な周波数帯域をカットするのです。

例えば、主力の大型株をパスするなど。

動意づいた比較的軽量な株を狙います。

クリアな音源の確保とは

値動きが比較的大きい銘柄がその日最も動意づく瞬間。

それが狙い目であり、やすやすと利益が出るタイミングでもあります。

これがノイズトレーダーによるクリアな音源の確保です。

ところが、最近ではそのチャンスを瞬時に抹消するシステムが存在します。

相場のノイズキャンセリング・システムです。

ノイズをキャンセリングする謎のシステム

ノイズキャンセリングとは

音は波の一種であり、模式的に描けば
アナログの波形
のような形をしています。

このような音が存在する時に、上下を反転させた
上下反転した波
となっている波形を同時に発生させれば、互いに相殺されて音が無くなります。

波が真っ平になるのです。

スポンサーリンク

逆位相の波がザラバを襲う

上下反転された形状の波を逆位相の波と呼びます。

最近のイヤホンによくあるノイズキャンセリングとは、逆位相の波を人工的に発生させることにより、外界の雑音を無音化する技術です。

世の中、便利になったもの。

しかし、このノイズキャンセリングシステム、ザラバでもまかり通る時代になったのでしょうか。

瞬時に踏みつけられて真っ平にされるノイズトレーダーがいるとか、いないとか。

ノイズキャンセラーにデリートされないために

ザラバの音を聴け

ノイズを食べて生きているトレーダーがいるとすれば、ノイズキャンセリングシステムは脅威。

とりあえず耳を澄ませよ。

そして、ひたすらザラバの音を聴け。

ノイズトレーダーは薄氷の上を渡り、落ちない方にベットし続けているだけなのでしょうか。

いずれ足元の氷は割れ、流氷に投げ出される運命?

流氷群からの脱出

塩水を飲まされ氷の水にもみくちゃにされながら、あることに気づいた男がいるそうです。

やはりインフォームドトレーダーだよな、と。

ファンダメンタル投資家。

それが薄氷空しく突き落とされた流氷群からの脱出口となることでしょう。

うまく脱出できればの話ですが。