ムズ過ぎ相場の突破法

この記事は約3分で読めます。

相場が難しすぎる。

そして、値動きが読めない。

こんな時こそ、何とかしなければなりません。

はて、どうするか。

これこそ相場での生き残りを左右する問題であります。

休むも相場。

確かにその通りですが、ただ休んでいるだけでは何も解決はしません。

休むなら次の機会への準備を、そして休まないなら最善の一手を。

いずれにせよ、研究あるのみ。

ムズ過ぎ相場に思う相場攻略法は、当方の場合、以下のようなものであります。

スポンサーリンク

チャート保存

何でもかんでもチャート画像を保存をしていきますと、あっと言う間にデータの洪水となります。

整理が厄介。

見返しもしない大量のデータを保存しておくなど、無駄以外の何物でもありません。

まず、絞り込みが必須。

そして、その絞り込みの条件は、常に一定と言う訳には行きません。

常に一定の条件で画像を残していきますと、あっと言う間にデータの洪水となります。

当方の感覚では、データの収集期間は2~3週間もあれば十分であります。

この2~3週の期間のチャートを、一定条件のもとに保存。

その後に、何か発見はないか、見直す。

これでダメなら、視点を変える必要があります。

目の付け所が悪いと、いくらやっても埒があかない結果となります。

すなわち、一定期間を区切ってデータを集め、その都度検証をし、再度降り出しに戻る。

この反復によって、何かを発見するのが良いのであります。

何を発見するべきか

当方の場合、目標物は、明日に持ち越す銘柄であります。

明日の上昇銘柄を掴む確率を上げる。

確率は相場によって、変化します。

簡単な相場においては、あまり神経質にならずとも、勝てる場合が多い。

しかし、難しい相場が問題であります。

難しい相場とは、一見相場が良いにも関わらず、利益が薄くなる、あるいは、じわじわとやられる。

このため、次の一撃で着実に、息の根を止められてしまいます。

すなわち、難しい相場であっても、ある程度の利幅を積み上げられなければなりません。

それができなければ、何も手出しせずに、休むも相場を守るべきであります。

休めば休むほど、機会損失となりますが。

やられた時こそチャンス

最も難しい相場で勝てるなら、どんな時も大きくはやられないものであります。

であるからこそ、機会損失を抑え、稼働日数を増やすことができます。

すなわち、難しい相場でこそ、勝てなければなりません。

最難関相場のデータこそ、集める価値があるものであります。

なぜなら、後にこのデータを使って検証できるのであるからして。

勝てない時こそデータを集める。

やられた時こそチャンス、とはこの意味においてであります。

やられる時と言うのは、大方パターンが決まっております。

パターンを読むことは難しくありません。

その度に記録をつけていけば良いのであります。

パターンはたいていの場合、数種類。

当方の場合、難解相場のアリ地獄に巻き込まれ、ナンピン・ドカン。

あるいは、ポジションを横に広げ過ぎて食らう、などが代表であります。

すなわち、やられのパターンを先回りして手を打つ。

パターンマッチング戦略

データから推測し手を打つ手法は、パターンマッチング戦略であります。

そして、世に出ている典型的パターンの例は、必ずしも当たらない場合も少なくありません。

例えば、酒田五法をそのまま相場に当てはめてみてください。

功を奏さない場合が多いと気づきます。

なぜ功を奏さないのか。

それは自分なりにデータを集め、考える他ありません。

当方の結論としては、より多くの人が採用する手法はいずれ意味をなさなくなる、と言うことであります。

本日もその思いを強くしました。

結果はデイなし・スイング負け。

主力株は大体勝てたのですが、新興株が弱すぎる。

思い切り見込み外れとなりました。

仕方ないので、またアレな株、買い持ち。