億るための条件

この記事は約5分で読めます。

億るための条件とは、一言で言えば、相場の女神の意向に逆らわないこと。

ちょっとしたことで、女神さんはヘソを曲げるなんてことになります。

当方の考える女神さん対策、その心は以下となります。

スポンサーリンク

なぜ薄利になるのか

薄利の理由、それは世に言う、やれやれ売りであります。

やっとこさ、利益確定。

そんなことでは利を伸ばすことなんてできやしません。

やっとのことで買い値に戻ったのだから、そこで決済せざるを得ない。

すでに大勝負をしてしまったのであります。

すなわち、ストレスにさらされ、ナンピンをし、含み損を耐え、戻りをひたすら待ち。

とんでもない思いをして、ようやく含み益になったのだから、もはやそこで利確をしなければなりません。

やれやれ、と。

これが悲しいかな、薄利になる理由であります。

薄利は、相場に疲弊した姿に過ぎないのです。

チリツモの主張

そもそも勝率は悪くないのであります。

相場が下げてきて、逆張りでインする。

ほら勝てたでしょ?

逆張りリバ狙い。

狙いは悪くないんだ。

ここから億った人もいる。

そんな言葉が口をついて出てきます。

しかし、利益確定額はどうでしょう。

どこからどう見ても、薄利であります。

チリも積もれば山となる方式で、いったい、いつになったら億れるのやら。

と、行き詰ったところで、勝率が高くなる理由をしっかり考えてみたい。

相場の女神さんの意向を伺いたいのであります。

なぜ勝率が高くなるのか

利幅が大きく、かつ、勝率が高ければ、あっと言う間に億に到達します。

これは計算上の事実であります。

疑うなら、計算をしてみれば良いのであります。

2割勝つとして、投入資金は1.2倍になります。

これを10回繰り返すとしましょう。

すなわち、1.2倍を10回反復。

1×1.2=1.2

1.2×1.2=1.44

1.44×1.2=1.728

1.728×1.2=2.0736

2.0736×1.2=2.48832

2.48832×1.2=2.985984

2.985984×1.2=3.5831808

3.5831808×1.2=4.29981696

4.29981696×1.2=5.159780352

5.159780352×1.2=6.1917364224

この計算によりますと、1.2倍を10回繰り返した結果、おおむね6.2倍になります。

と言うことは、100万円は620万円になります。

では、20回繰り返すとどうなるでしょう?

6.1917364224×6.1917364224=38.33759992447475

すなわち、1.2倍を20回繰り返した結果、38.3倍になるのであります。

100万円が、たった20回のトレードで3830万円に。

この計算結果は明らかに正しい。

もうちょっとやれば、億いきますな。

であるにもかかわらず、なぜ、そうならないのか。

利幅が狭いからであります。

1.2倍など、夢のまた夢。

のみならず、利益の再投入ができない。

なぜでしょうか。

なぜ、利幅が狭くて、利益の再投入もできないのか?

その理由は、勝てっこないからです。

勝てやしない。

勝率が高いなんてのは、初めから幻想だったのであります。

本当の勝ちとは何か

本当の勝ちとは、計算の結果どおり、資金がとんとん拍子に増えていく状態を指します。

とんとん拍子に増えない理由は何か。

その理由は、上で述べた通りです。

勝率が高いと思ったその手法、実は幻。

幻の大嘘だから利を伸ばせない。

すなわち、インしたら、あっと言う間に降りなければならない。

その上、資金も入れられない。

そりゃあ、おっかなくてロットは上げられませんわな。

いつまでたっても小ロット。

言い換えれば、

  • 利幅
  • ロット

の双方を犠牲にして、初めて成り立つ勝ち。

代償あっての勝利に過ぎないと言う訳であります。

本当の勝ちとは、このような代償に頼ってはいけないのであります。

これを株用語で、無償の勝利と呼びます。

無償の勝利とは何か

操作をし、根回しをし、忖度をした結果、やっと勝つ。

私たちは、このやたらと手続きを踏んだ勝利に慣れ過ぎているのであります。

手間をかけ、注意を払い、神経をすり減らし、やたらと手続きを踏んだ。

努力をしたんだ、オレは。

こんなに努力をしたんだから、認めてくれなきゃおかしいだろう?

この主張に、勝利の女神は微笑んでくれるのでしょうか。

何か違うような気が致します。

女神さんに、無意識のうちに見返りを求める、この態度。

この生活様式に、あまりに慣れさせられ過ぎ、当然のことと思ってしまう。

本当の勝利は、この方向性において存在しない。

そういうことだって、なくはないのであります。

すなわち、無償の勝利へ近づくこと。

それが億への近道に違いありません。

で、その近道はどこにあるのか?

そう問いただしつつ、大引け。

さて、本日のトレードは、デイなし・スイング負け。

ストップ高張り付きを持ち越していたのに。

ギャパップ弱すぎ。

しかも利確した後にダダ下げで、ストップ安までつけた。

深追いしたら、大変なことになっていました。

他の持ち越し株も全面爆下げ。

特にバイオが酷かった。

なんで決算わるくなかったのに爆下げ?

爆上げ来るかと思ったのに。

どっちにしても全体相場が急落し過ぎ。

ぶっこいたわ。

マジでぶちぎれ。

リベンジでアレな株いくつか買い持ち。