バイーン相場の見極め方

この記事は約3分で読めます。

バイーン相場が来るのか来ないのか。

この見極めをどうするか。

来るなら乗る。

来ないなら降りる。

そして、物色の矛先はどこに来るのか。

その場所を教えてほしいのであると。

相場の難しさはここにあります。

バイーン相場について、当方の思いは以下のようなものであります。

スポンサーリンク

素っ高値更新銘柄

バイーン相場とは、すなわちグイグイ来る、素っ高値更新銘柄が来るのか来ないのか。

そして、来るなら、どこの一角に来るか。

結論として、バイーンの正体は素っ高値であります。

素っ高値銘柄の観察。

バイーン相場の本質がここにあるのであります。

なぜなのか。

その答えは、素っ高値銘柄が相場の上げを頑強に支持する。

支持するのみならず、相場を度外視し上げ続けることによって、頭打ちとなったバイーン相場をさらに引っ張っていく。

この辺りで終わりかな、腰折れるだろう、そう思った時こそ、何なんだコレはと言うような、不可思議なぶち上げをかましてくれる。

それがバイーン相場の素っ高値銘柄群であります。

では、その素っ高値はまず、どこにあらわれるのか。

その場所は、IPO銘柄であります。

IPOが来る

バイーン相場の先陣を切るのは、IPO銘柄の一角であることが少なくありません。

直近IPOの値動きは激しい。

爆下げしていたかと思うと、いつのまにか新高値。

初値陰線、3日爆下げ直後に新高値、なんてことも普通にあります。

片時も目を離せないのが直近IPO株であります。

すなわち、昨日までドン下げの冴えないIPO株がストップ高連発。

気づいたら新高値で相場を牽引するなど。

当方にとって、バイーン相場の感触を確かめるための筆頭要素が、このIPO銘柄群の動向であります。

実は当方、主力株がいくら上がっても、ちっともうれしくはないのであります。

その理由とは以下。

アレな株が来る

IPO株についで急騰相場の傍証となるのが、アレな株。

アレな株とは、こんな銘柄上がる筈ないだろう、材料なんてないじゃないか。

こいつぁダメ株だよ。

そんな声にも関わらず、素っ高値継続、出来高フルパワーでグイグイ来る銘柄であります。

IPOが来て、アレな株が来る。

このパターンにおいて、当方、迷わず買って行くのであります。

なぜなら、これらの銘柄がバイーン相場を牽引する可能性は少なくないのであるからして。

のみならず、仮に相場が腰折れても、アレな株は当面の間、我が道を行く。

我が道を行きながら、再び相場を呼び戻す場合もあるのであります。

物色の矛先

物色の矛先は、素っ高値に、直近IPOに、そしてアレな株に来るのであります。

従って、たとえ相場が冴えなくとも、これらの銘柄群からは目が離せません。

高値を取ったらそこに乗る。

そんなトリガー銘柄群。

トリガーとは、引き金のことであり、急騰相場のきっかけとなるもの。

物色の矛先はトリガー銘柄に、そしてそのまま相場を牽引する可能性も少なくない、と言うことであります。

と言うことは、最初からそこを見ておればやり易い。

すなわち、当方の仮説として

(トリガー銘柄)≒(牽引銘柄)

との近似式が成り立ちます。

と言うことは、どこに乗るべきか、その答えはほとんど明らかと言って良いのであります。

さて、本日の結果は、デイなし・スイング勝ち。

持ち越し銘柄は全てギャップアップ。

しかも配当タダ取り。

配当はまったく狙ってませんでしたが。

配当、そんなのあったんだ、と言う感じ。

今月は結構難しかった。

かなり難しい方の相場であります。

何より、かの国のアレがまずい。

これがなければ普通の相場だったのに。

アレなボタンポチッとな。

コレが怖くておっかなびっくりに過ぎるのであります。

今後はもうちょっとガンガンいきたい。

以降に期待です。

アレな株買い持ち。