トヨタの株価と日経平均の長期チャート30年を比較|相場推移見えたぞ

日経平均株価とトヨタ自動車の20年間のチャート比較

トヨタと言えば日本株の雄。

日経平均代表格の主力大型株。

頑強な値動きで相場を支えたとは言うものの。

日本経済と言えばバブル崩壊から凋落の一途をたどりました。

いかに有力な企業と言えども、相場には勝てません。

トヨタ株と日経平均をテーマに直近30年の日本株の値動きを追います。



日本経済の転換点とは

何事も比較検討をするには何らかの基準を決める必要があります。

90年代のバブル崩壊以降、日本経済は軟調な様相を呈し続けてきていますが、いくつかの転換期を経て現在に至っています。

基準となる時期を決めるため、転換期はいつだったのか、時代の節目は何年だったのか、振り返りましょう。

日経平均株価の摩天楼

まずバブルの崩壊ですが、日経平均株価で言えば1989年の冬にチャートが摩天楼の頂点を極め、その後、急落するに至ります。

この日経平均のチャートが頂点で崩れ始めて以降、数年間はまだまだ大丈夫、日本経済は強いと言う意見が大勢でした。

当時、まだインターネットで株を買うと言うことは不可能(インターネットは存在していない)で、株をやるなら証券会社に電話をして売買する時代でした。

株にハマった人は証券会社の店頭まで出向いて売買する人もいた時代。

株をやっている人自体が今よりも少なく、お金持ちの人が多かったです。

信用取引の口座を開くには、今より条件が厳しく、株の口座に2000万円入っていないと出来ないと言う話を聞きました。

(正確な額は失念しましたが…。)

それで、バブル崩壊を直撃して大損した人と言うのは、たいてい大きな運用資金を張っていたがために、損失額も大きくなった訳です。

日本経済を語る白髪の長老

この1989年以降に大損失を抱えた株式投資家は、事態の酷さに比較的すぐに気づいたかも知れません。

しかし、一般人はそうではない人がほとんどでした。

バブル崩壊の影響がここまで(2018年でもまだ残るくらい?)長期に渡ると考える人はいませんでした。

実際の話、あるインテリ経済人、旧制高校を出たと言う白髪の長老はこう言っていました。

「こんな状況が何年も続くと、日本経済はぶっ倒れてしまいますからね。

そのうち景気は良くなるんですよ。」と。

確かにその方は私にそう言いました。

それが1993年だったと思います。

その後、余裕で「こんな状況」は続いていましたし、さらにそれより悪くなりました。

そして、それでも辛うじてなのか、日本経済は「ぶったおれて」いません。

ここか?日本経済低迷の元凶は…

悪い状況に輪をかけたのは、アジア通貨危機に端を発した1998年の景気低迷期です。

景気の悪さ、株価の低迷も手伝ってか、むやみやたらな緊縮財政的な路線が進んで、ちょっと政策の手落ち感が否めなかった時期だったと思います。

当時、天下の証券会社だった山一証券もつぶれました。

いくつかの銀行もつぶれましたので、あの状況は酷すぎたと思います。

ですから、今後(2018年以降)も金融機関がどうにもまずくなったら、その時がとんでもない相場の入り口です。

この1998年は日本経済に重いダメージを与えた起点となった年だと思います。

失われた20年が始まりました。

20年とはオブラートに包んだ言い方です。

バブル崩壊から数えたら、失われた30年になりますから。

そこで、1998年を起点とし、日経平均株価と輸出産業の代表、トヨタ自動車のチャートを比較して見ることにしました。

概略図は下記となります。

日経平均株価と7203トヨタ自動車

日経平均株価とトヨタ自動車の20年間のチャート比較

日経平均株価とトヨタ自動車の20年間のチャート比較

手書きですので、若干不正確な面がある点はご容赦ください。

パッと見ると、常に日経平均よりトヨタ株が上方にあり、日経平均は指数だけに値動きは小さい印象。

トヨタ株と日経平均のチャートの差が詰まったところでトヨタ株を買い、離れたところで売れば儲かりそうです。

(責任は持ちません…。)

気の利いた人なら、日経レバETFとトヨタ株での両建て戦略とか、やってそうですね。

トヨタは世界中で自動車を売っている輸出型企業の代表格ですので、日経平均よりも世界の経済動向の影響を敏感に受けています。

下がる時には日経平均より急角度ですから、そこはコワいです。
世界の株価に日経平均が追随|本日の利益にとんでもない声が出てギャオす

トヨタの株価と日経平均で株の予想をするデイトレーダーの生活が辛い

株の仕組みと日経平均の見方|20年相場の節目|インデックス動向やいかに

リーマンショック、そして震災、その壊滅的な影響

記憶ですと、2008~2011年頃はトヨタ株は2000円台、一単元20万円で買える株価になるまで安くなりましたが、この時期、他の銘柄はもっと壊滅的に下がっていました。

リーマンショックから3年おいて震災でしたから、戻りそうになった株も全然戻りませんでした。

戻ったかなあと思った瞬間に、震災で暴落。

震災の前まではリーマンショックの戻りで、もう少し上がりそうな雰囲気がありましたので…。

今思えばあの時期に出来るだけたくさんの株を買って、そのまま放置しておけば良かった訳です。

リーマンショックと震災のダブルで株価が低迷していましたから。

ところが、株が低迷している時期はあまりそういう気になれないものです。

株がどうとかのレベルではなく、東北地方の被害や原発の問題で、本当に胃が痛くなる日々でした。
株の買い時|10月に下がる?スイングトレード経験則、魔の相場アノマリー

30年単位の日本株をどう見るか

2012年の後半からやっと上昇相場に入り、相場に活況が戻ったかに思えましたが、最近はどうでしょうか。

こうして長期のチャート、日経平均とトヨタ株を振返ると、このまま上昇相場が続くような気がしないでもありません。

なぜかと言うと、90年バブル崩壊以降、30年以上相場の上下動はあったと言うものの、結局のところ日本株は軟調続きであったからです。

ITバブル、小泉郵政相場、アベノミクスとかなりの上昇相場があったように感じますが、30年単位では底から少し上がっただけ。

日経平均は鍋底から脱出できていません。

もう一回、アベノミクスくらいの上昇相場が来て、日経平均が3万円を回復したら、やっと失われた20年と言う言葉が過去のものになるのではないでしょうか。
ヤフーリアルタイムの株価に一喜一憂した元サラリーマン|長期か短期か

ユーチューブで“nikkei”と検索したら上位にこの動画でバブルを意識

そうなったら、またバブル期のように多少は世の中が浮かれるかも知れませんが、皆の顔色が良くなると思います。

30年間株価が横ばいと言うのもおかしな話です。

通常の国であれば、ゆるやかに上昇している筈ですから。

そう考えつつ、本日の夏枯れ相場、トレードなしの一日を追えました。

往年のバブル期のレベルは無理でも、日本経済の復活がもう少しあっても不思議ではない、そう思うのは私だけでしょうか。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)なし
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)なし
(売建)なし
【デイ損益合計】なし
【持越決済】なし
【本日のトータル結果】なし
【今月の損益】+2.6万円
【持越ポジション】新規買建4銘柄(東証1部)
【含み益】+0.2万円
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. NYダウ、半導体指数、日経平均を見て相場の森を闇雲に歩きまわる

    日経平均、ダウ平均、半導体指数日足の株価の森で遭難寸前何コレこわい

  2. 経験則をどう身に付けるか

    バブル崩壊!株初心者が日経平均の動向を把握する2つの方法|全体相場把握法

  3. 4本目の足が下落しているチャート

    夏休みはいつから?2019年株式投資、休むも相場態勢に入らざるを得ず!

  4. 7本目の足を作成中のチャート

    日経平均推移見通し不透明!仮想通貨見送り、取引も様子見、現在静観中

  5. ギャップアップの日足

    ストップ高持ち越し狙いのバケツリレーブログ|アクセスがぴゅっ!

  6. 6本の足の作成が完了したチャート

    日経平均チャート|トレンドの読み方|リアルタイム主力大型トリオ株

  7. 経験則をどう身に付けるか

    株の失敗を防ぐやり方|気候と錯覚による先送り|手法改善の為の4選

  8. 2本の陽線上昇のチャート

    株で大損しない全体相場“地合い”の見方|決算データから確率計算?

  9. 11本目の足まで作成中のチャート

    株初心者損切りタイミングは寄付?後場リバウンドチャンス逃し阿鼻叫喚

  10. 本日の“相場の大局観”の根拠

    株の予想=相場勘?株式投資の極意を求める勉強方法|相場を観察する

  11. 膠着ベア相場の意味とは?ゴルディロックス3匹の熊と目が合うまでのお伽噺

  12. 25日移動平均線上方・下方乖離5%のバンド

    日経平均過去チャート30年分の日足を振返り買いポイントを分析してみた

  13. 8月上旬~中旬のトヨタ株のイメージ図

    地合いとは?チャートで判断する?私の全体相場判定法と空売りのやり方

  14. スケボーのトラックとベアリング、ウィール

    消費増税延期の可否は?相場の方向性どうなる?2019年前半の大問題

  15. 米国株チャートを見上げデイトレード停止!持越株薄利で堅調相場に涙目

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告