騰落レシオの見方|逆張りスイング1ケ月|これで地団駄踏みました

この記事は約6分で読めます。

騰落レシオの見方についてまとめました。

レシオで株を買い持ちし、逆張りのスイングトレードをした経験から得た感想などをご紹介します。

全体相場を数値として把握するには有効な指標です。

ですが、そこから利益を得るのは簡単ではありません。

十分にご注意ください。


スポンサーリンク


騰落レシオの見方

騰落レシオの振れ幅は、おおむね60から150の間を行ったり来たりしています。

騰落レシオと日経平均は連動している?

  • 日経平均が高値にある時、騰落レシオは大きくなる
  • 日経平均が安値にある時、騰落レシオは小さくなる

これが頭に入っていれば、スイングトレードで簡単に利益が出る筈である、そう考えていた時もありました。

騰落レシオ60近辺で逆張りの買いスイング

日経平均と騰落レシオをつき合わせた上で、タイミングを見てスイングトレードをすれば楽勝なのではないか?

そんな考えのもと、私は幾度となく、日経平均が下げた期間にスイングトレードを仕掛けてみました。

  1. 主力大型株
  2. 日経レバETF
  3. 新興株

これらについて、騰落レシオが60近辺にまで下がった時に、数日をかけて買いを入れて行きました。

騰落レシオ売買法の結果は

騰落レシオを見つつ、買ってから1週間~1ケ月ほど買い持つ方法。

結論から言うと、あまり上手く行きませんでした。

含み損が膨らんでブン投げるか、利益が出たとしても期待に沿うほどのものではありませんでした。

その理由を私なりに振り返ってみたいと思います。

1.主力の大型株

確かに主力の大型株は、日経平均にある程度連動しています。

騰落レシオが60近辺の時に買えば、安値で買える筈です。

しかし、結果は利益がたいして出ないか、結構な大損をしました。

何度か試しましたが結果はあまり変わらなかったような。

その理由は、

  • 買い持つ期間が1ケ月程度では短すぎる
  • 分散投資が出来ていない
  • 値上がり幅が狭すぎる
  • 騰落レシオ60は1年に1回ほどしかない

などです。

買い持つ期間が1ケ月程度では短すぎる?

日経平均は、いったん下げ相場になると平気で2カ月くらいは下げます。

(相場が悪いと、もっと長引く場合もあります。)

かりに騰落レシオが60をつけたとしても、1日~2日間のリバウンドをしながら、全体相場は下げる続けることが少なくありません。

自分が買い持つ株に限って、リバウンドの恩恵にあずかれない、あの焦燥感。

分散投資が出来ていない

そもそも主力の大型株は、最低売買単位を購入しただけでも20万円くらいはかかるものが多いです。

そうなると、資金が200万円でも10銘柄しか分散できません。

10銘柄のうち、たまたま下げる株がいくつか出たたけで、ポジション全体に対する影響が大きくなります。

値上がり幅が狭すぎる

2008年のリーマンショックとその10年後の株価を比べますと、主力級の株の場合、調子の良い株で3~4倍程度、調子の悪い株ですと、ほとんど値上りしていません。

(もちろん個別事情によっては、下がっている銘柄もあります。)

10年間買い持ちしたとしてもこの結果ですから、たかが1ケ月やそこら持ち越したところで、さほどの利益は得られないのでは?と言う気持ちになりました。

騰落レシオ60は1年に1回ほどしかない
  • 儲けが少ない(コスパが良くない)
  • 1年1回、多くても2回ほどしかチャンスは来ない

騰落レシオで安値を探ると言うのは、このような二重苦があると感じられるようになりました。

そこで思いついたのが、主力株を買い集めるのではなく、日経レバETFを持つ方法です。

2.日経レバETF

主力株の分散スイングで挫折した私は、日経レバETFでも同じことをやってみました。

ところが、これもあまり上手くは行きませんでした。

その理由は、

  • 日経レバETF一点集中投資の不安
  • 日経の動きを当てられるなら先物のほうが良い

などです。

日経レバETF一点集中投資の不安

ETF一点集中投資でナンピンをかけて行く、このやり方に不安を感じました。

短期売買では、ナンピンによる失敗を何度もしていました。

これがある種のトラウマになっていたのかも知れません。

日経の動きを当てられるなら先物のほうが良い?

騰落レシオを見て逆張りの買いを入れると、ちょうど下げ相場の中でインする感じになります。

そうなると、全体相場が暴落しボラティリティが上がったところで、ナンピン買いの日経レバを抱え不安な夜を過ごすことになります。

欧米株が暴落し先物がメチャクチャな動きをする中、ひたすら耐える深夜。

このつらさは、株をやっている人ならおわかりでしょう。

先物であれば、夜中にブン投げることもできますし、買い増しをすることもできます。

ならば、日経先物のほうが良いのでは?と言う考えに至りました。

3.新興株

騰落レシオを見て主力大型株、日経レバETFを買うやり方に挫折した私が、次に目をつけたのは新興株です。

新興株は数万円で買える銘柄も少なくありません。

その分散効果と、全体相場の上下動を上手く活用すれば、儲かるのではないかと…。

しかし、これも結局はあまり上手く行きませんでした。

その理由は、以下のようなことです。

騰落レシオ(全体相場)と小型の新興株は連動しないことが多い

全体相場が安い時に買った筈なのに、いっこうに株価が上がらないことなど日常茶飯事。

と言うか、大損の上、地団駄踏みました。

新興株は主力株以上に予測できない値動きで、それを多数買い持つのは難しいです。

そして、小型株を買い持つ場合には、全体相場(騰落レシオ)は度外視して、その銘柄特有の値動きを追いかけたほうが良いのでは?と言う結論に至りました。


広告

投資に敗れた騰落レシオをほとんど見ない男

大損と地団駄を踏みまくるトラウマにより、今では騰落レシオを見ることはほどんどなくなりました。

ときおりツイッターなどで「今、騰落レシオ85」などと教えてくれる親切な人がいると、「ありがとう」と言う気持ちになります。

おそらく本当の長期投資、つまり10年~20年、あるいはそれ以上買い持つ長期投資をする場合には、安値で株を仕込む有効な方法なのだろうと思います。

短期売買の場合にも、レシオが60前後になった場合、「一泊二日のスイングでリバウンドを取るチャンスが近い」と言えます。

ですから、心の中では「早く騰落レシオ55にまで下がってほしい」と思うことも度々あります。

注目記事

よくある株の失敗|大損を避ける為の5選|これで顔面蒼白になりました

スキャルピングのトレード回数は1日何回?これでいいのか私のやり方

東京オリンピックID登録メールが届かない?チケット実際にやってみた

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了

椅子のギシギシ音の直し方!10分解決潤滑油プシュ!オフィスチェア異音

クレジットカード デビットカードどこが違う?3分理解23項目一覧表

大人の英語勉強法動画8選|論より証拠5つの言語習得をめぐる注意点

関東の花火大会2019【時系列】一覧表で目的地3分決定!準備OK


広告