分散スイングの理由

この記事は約4分で読めます。

当方、分散スイングがメインの手法。

デイとは違う目線が求められる方法論であります。

なぜデイトレより分散スイングであると考えるのか。

その答えは、一つには利幅であります。

当方なりの個人的見解は以下となります。

スポンサーリンク

なぜスイングなのか

そもそもデイは難しい。

あらゆる手法の中で、デイトレが一番難しいのではないですか?

なぜなら、デイでは行き過ぎを取ることができません。

すぐに利益確定をしがちになるからです。

これに対し、スイングでは素っ飛び上げが取れる。

素っ飛び上げこそ、大きく利益を取る源泉なのであります。

窓開け上昇こそ、スイングの目的であります。

なぜ、スイングでは利幅を大きく取ることができるのでしょうか。

ギャップの発生

個別株では、ザラバ以外の時間は停止しているに等しい。

各証券会社のPTS(私設取引システム)、ADR(米国預託証券)において取引があるとは言うものの、ザラバに比べ、はるかに出来高が少ないと来ています。

このため、大引けの終値から、翌日寄り付きの始値まで、価格が飛ぶと言う現象が起こりえるのです。

ギャップの発生であります。

ギャップは、大きく取るか・やられるかの2択を迫ってくる、そんな危険性を持ちます。

デイにおいては、これがまずありません。

スイングでは当日のザラ場と翌日のザラバの間に、長い休憩が入る。

だからこそのギャップ。

デイトレとの大きな違いです。

効率と壁

トレードの効率で言えば、ギャップほど効率の良いものはありません。

もちろん効率の良い勝ちともなれば、効率の良い負けとなる可能性もあります。

負けたらデカいのであります。

ですから、やるのであれば値動きを確実に読まなければなりません。

スイングトレードの壁はここにあります。

すなわち、読めれば勝ちの効率が上がり、読めなければ負けの効率が上がってしまう。

では、この壁の突破法はどこにあるのでしょうか。

その答えは、負けの回避戦術。

分散であります。

分散の理由

分散投資とは、資金余力に依存するものです。

資金が多ければ多いほど、いろいろな銘柄に分散することができます。

より勝てそうな銘柄に分散して玉を入れておく。

そうすれば、トータルで利益を残せる可能性が上がります。

この手をうまく使い、高効率の負けを回避する。

1銘柄に全振りするほど、勝ちへの確信は強くないのであります。

最も上がりそうに見えた銘柄が、たいして上がらない。

であるのに、値動きが地味で、たいして上がりそうもない銘柄がいきなりドカンと上げる。

そういう場合も少なくありません。

分散の理由は、まさにこれです。

モテる・モテない

このスイングトレードにおいて、もっとも注意すべき点は、モテる・モテないの把握であります。

モテない株を持ち越してはいけないのであります。

持ち越すなら、モテる株でなければなりません。

いきなり逆方向に動かず、意向通りとは言わないまでも、何とか大損をしない方向にとどまってくれる。

それがモテる株であります。

モテ株が読み切れないままに、スイングで買い持つのは御法度。

御法度とは禁じ手のことです。

そして、モテる男の探求。

これが日々の至上命題であります。

さて、本日の結果はデイなし、スイング勝ち。

スイングでは今日1日で半月分の利益が出ました。

デイ、意味なしの様相を呈さざるをえない。

損してるだけだもの。

確かにデイとスイング、両方で利を伸ばせれば鬼に金棒。

しかし、欲をかいてもロクな目にはあいません。

それを思い知りました。

思い知らされて幾年月。

自重して本日のところは、デイお休み。

もうデイ、やめようかなと本気で思っています。

ポジションは、リバ継続の予兆ありそうな株を念力で探し出し、あっちこっち買い持ち。

本日は寄り天を演じる銘柄多し。

ヘタに買いで取ろうとする筋には難しかったと思われます。

逆に言えば、すんなり空売りに転じれば、簡単相場。

当方は空売りはあまりやらないので、機会損失でした。

しかし、こんな日はスイング銘柄も選びやすい傾向はあります。

そんなアレな株のリバウンド狙い継続。

あがれや。