スイングトレード

スイングトレード

騰落レシオにまつわる相場の見方

騰落レシオと言えば、相場において、語りつくされた指標。 このレシオを、どう捉えれば良いのでしょうか。 当方の思いは、以下のようなものであります。 騰落レシオの見方 騰落レシオの振れ幅は、おおむね60から150の間を行ったり来...
スイングトレード

深追いをしない理由

なぜ深追いをしないのか? その理由は、する必要がないからです。 相場においては、儲かる時には大きく儲けることができます。 そこだけ頂けばよろしいのであります。 すなわち、頭と尻尾はくれてやり、胴体の方でしっかり取る。...
スイングトレード

戻り相場についていく方法

相場の中級者と上級者の違いは何か。 そう問われれば、当方、戻り相場についていけるかどうか、と答えます。 相場が下げてから、戻るかどうかはわかりません。 リーマンショックの大底でも、それは読めませんでした。 どんなに安...
スイングトレード

ターゲットを絞り込む

ターゲットとは絞り込むもの。 なぜか? 効率を上げるためであります。 では、最高効率のトレードとは何か? 分散し過ぎないことであります。 そこに至る当方の思いは以下。 分散銘柄数を抑える 分散する場合、銘柄...
スイングトレード

買い専の優位性

相場とは上がるものであります。 全体相場もそうですし、個別株も同じ。 いずれ日経平均は上がり、それに応じて個別株も上がる仕組みなのであります。 世の中が存続する限りにおいて。 にも関わらず、なぜ損をしてしまうのか? ...
スイングトレード

分散持ち越しの手法

分散はリスクを減じてくれる。 そう信じていたこともありました。 しかし、相場の難しさは、理屈通りいかないところにあります。 そんな相場の分散手法について、当方の思いは、以下のようなもの。 上がるポジの方法 分散持ち越し...
スイングトレード

何を買うか

相場において、何を買うべきか。 答えは明らかであります。 この明らかな答えを、常に前頭葉におく。 前頭葉とは、脳みそのおでこ部分であります。 勝利への近道はここにあります。 前頭葉に刻むべき、相場のお題目とは?...
スイングトレード

まとめて取るのが正解

トレードの結論は、まとめて取ることであります。 一足飛びに利益を得る。 相場においては、これがもっとも合理的であります。 しかし、なぜまとめて取らず、小分けにして勝ちを得ようとするのか? それは追いつめられた心理を意...
スイングトレード

地味株を買う手法

地味株とは、目立たず動かず、じわじわ来る銘柄。 一見人気がないように見えながら、静かに上がっていく。 物色の矛先に窮する、難解な相場において、地味株が解となる場合があります。 その根拠は、目立たないからこそ、上昇余地が残っ...
スイングトレード

下げ相場でも買う手法

当方、下げ相場でも買いメイン。 なんでもかんでも買う手法。 そのコンセプトやいかに。 ひと言で言えば、たとえ下げ相場でも上がる、強固な銘柄を買うこと。 あくまで素人の感想であります。 このブログは、感想文集なの...