ノーポジ最強のわけ

この記事は約4分で読めます。

ノーポジとは、防御力の話であります。

全体相場が大きく下げた時、相場の達人はたいていノーポジションであります。

達人なら空売りを仕掛けている筈だ、と言う意見もあります。

しかし、この界隈、買いも売りも両方、ダブルで取れる人は少ない。

むしろ、ダブルでやられる往復ビンタと言う現象。

こちらの方が世を席巻しているのであります。

すなわち、往復ビンタを食らわず、チャンスを虎視眈々と狙う手法。

それがノーポジ戦略。

ノーポジ最強、その心は以下のようなものであります。

スポンサーリンク

なぜノーポジか?

なぜ往復ビンタを食らうのか。

相場の達人ではないからであります。

したがって、ノーポジでチャンスを待つ。

達人ではなくとも、チャンスは拾えます。

本当のチャンスだけを狙えば良いのであります。

多くを望まず、控え目に取る。

これで資金は増えるのであるからして。

すなわち、相場の素人でも勝てる方法、それは本当のチャンスのみにインするトレードです。

では、本当のチャンスとはどこにあるのか?

チャンスの場所

本当のチャンスの場所がわからない?

それなら、トレードをしない方が良いのであります。

相場からは足を洗った方がよろしい。

ですから、やるからには、チャンスの場所がわからなければなりません。

逆に言えば、チャンスの場所が判明するまで、ずっとノーポジでいれば良い。

この理屈、お分かりになりますでしょうか。

すなわち、チャンスの場所は、みずからが発掘する必要あり。

当方の経験則から言わせて頂きますと、概ね月に2回程度はチャンスが落ちている。

これを探すのであります。

月に2回ってどこよ?

以下の式をご覧ください。

(月に2回のチャンス)=(ザラバ)+(ザラバとザラバの間のギャップアップ)+(ザラバ)

これが当方の思う、本当のチャンスであります。

まずザラバで3%程度値上がりする。

次にギャップアップして翌日寄り付く。

このギャップ幅が3%程度。

さらに寄り付き後の値上がりが+3%。

合算して概ね9%程度の値上がり。

当方の感覚で、これが月に2回はある、と。

しかし、なぜ月に2回なのか?

月2の理由

実は、このような値上がりをする銘柄は、月に2回どころではなく、日常的に随処に出現しているものであります。

しかし、当方の経験則によりますと、その毎日ごろごろと現れる、グイグイ来る銘柄は、そうそう掴むことはできません。

1ケ月の間、目を皿のようにして観察し、やっとのことで捉えることができる類いのものであります。

それより多くを望むべきではありません。

月2で十分なのであります。

すなわち、それ以外はノーポジでよろしゅうございます。

これが月に2回の理由であります。

しかし、この論は実に流行らない。

なぜ、流行らないのか?

流行ってはいささか困る筋の人々が、それなりに多くいらっしゃるからです。

ノーポジの株屋事情

ひと月分の利益を、たった1度か2度のトレードで得る。

実は、これ、証券会社からすると困るお話であります。

そのやり方を皆が真似ますと、手数料が取れません。

何としてでもその一撃必勝手法とやらは阻止したい。

そんなノリもあるとか、ないとか。

彼らにしてみれば、1日100回、月に2500回、1年で3万回のトレードをしてほしい。

それが偽らざる本音でしょう。

信用取引においては、手数料が無料だとしても、必ず金利が掛かるようになっています。

たとえデイトレでも。

株屋さんは営利法人ですので、ここは避けて通ることができない仕組みとなっています。

すなわち、ノーポジでいてもらっては困る。

このあたりが知る人ぞ知る、相場の裏事情となっています。

さて、本日の結果は、ノートレ。

経験則によれば、ゴールデンウィーク前は余計な手出しをしがち。

相場の達人は、とっくの前に相場を降り、すでに南国の楽園へと高飛びしているのであります。

ノーポジ最強のわけは、彼らが身を挺して教えてくれています。

などと考えていたら、思わず手が出て買いポジに。