株の失敗を糧にする方法|9割の負け人から1割の勝ち人に移るやり方

この記事は約5分で読めます。

コツコツドカンを避けながら利益を求める果てしない旅。

それが株の短期投資のあくなき戦い。

負けてもタダで立ち上がってはいけません。

何かを学び身につけながら失敗を糧にする。

その後にやっとのことで成功に行き着くことができます。

そのきっかけとなる方法論は…。


スポンサーリンク



株のトレードでやりがちな失敗

株式投資においては、9割の人が損をするとも言われています。

9割とは、100人いたら90人。

1000人いたら900人。

普通にやっていたらその他大勢、9割に入ってしまいそう。

つまり、普通にやっていてはダメだと言うことです。

特に短期売買の場合には、時間を味方に付けることもできませんので、自分のトレード手法がそのまま結果に結びつきます。

では、どのようなことに注力し、努力すれば良いのでしょうか。

改善を先送りしない

問題の先送り傾向については、以下の記事にまとめたように、日本の風土や気候も関係しています。

実は私たちの体に染みついていることなのかも知れません。

もちろんそうではない人もいらっしゃるでしょう。

しかし、こと短期売買においては自分のやり方が即座に結果に反映し、かつ反復されます。

短期投資は待ったなし

とにかく課題があれば先送りせず、その場で解決するよう努力すること。

「明日やろう」は禁物。

結論が出ないのであれば翌日に持ち越しになりますが、一歩ずつ窮地に追い込まれます。

もちろん初心者のうちは、それもやむを得ない面があるかも知れません。

しかし、すでに株で大損をしている場合には、そんなのんびりしたことを言っている場合ではありません。

トレード手法改善待ったなし。

取り返すことが一大テーマ。

利幅が取れるかもしれない手法をあさりまくる日々になります。

短期売買のトレード頻度による影響

勝率8割でトータル大負けと言うこともあり得る株式投資です。

「デイトレだから安全」はありません。

微損をする

それを取り返すために少しポジションを大きくする

微損をする

さらにポジションを大きくする

これでは、いずれ大損をする日も近くなります。

ポジションを大きくすればするほど、リスクは大。

リスクを小さく抑えると言うことは、リスクの分散をすると言うことに他なりません。

分散をしつつ、可能な限り損を取り返して行かなければならない。

それが9割の人がたどる道。

ちょっとコワイです。

何を隠そう、今私の目指しているところがソレですから。

デイトレーダーを目指すための心構え

「デイトレーダーになりたい?」

もちろん目指すのは難しくありません。

利益が簡単に出ることもあるでしょう。

しかし、険しく、果てしなく続く道が待っています。

おそらく9割の人にとっては、株必勝法を探すべく格闘する日々になるかも知れません。

それが株式投資、短期売買のリアルです。

特に同じ失敗を繰り返すタイプの人、そそっかしい人、忘れっぽい人は要注意かも…。

相場の観察とトレードルールの再構築、その先にやっとのことで勝者の1割の仲間入りができる、そう考えておいたほうが安全です。

おどかす訳ではありませんが…。


広告


デイトレブロガーのすすめ

そして、もし株の短期売買を始めるなら、備忘録として、日々の反省の記録として、ブログを書くことをおすすめします。

相場は見ているそばから消えて行ってしまいます。

その時、何を感じ、トレード方法の改善に向けて何を考えたかも、どんどん消えていきます。

相場に勝つための検証ツールとしても有効です。

自分で自分のブログを読み返している状態ですから。

あなたも株の記録をブログにしてください。

私が読者になります。

そして、有名ブロガーを超える利益を目指そうではありませんか。

デイトレブロガーとして。

2月7日のトレード結果

本日も開店休業状態。

新興株は全体的に出来高がなぜだか薄く、某爆下げS安後の1銘柄に売買が集中している様相。

小型メインの当方としては、やりづらいです。

当面は様子見しつつ、損だけしなければ良いと思わざるを得ない状況です。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)4766ピーエイ
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算18万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+0.1万円
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果+0.1万円
今月の損益+0.7万円
持越ポジション(新規買建)1銘柄(新興株)
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし

広告