株知識をどこから得るか?私の投資日常生活|基本事項はこれでOK?

この記事は約6分で読めます。

株式投資においては、多くの知識を抱え、かえって判断に迷ってしまうこともあります。

まずは基本的な事項に絞り込み、着実に覚えたいところ。

投資に必要な基本事項について何から学ぶのが良いのか?

とりあえず私がやっている投資の日常生活についてご紹介いたします。


スポンサーリンク



配当と値動きをどう考える

配当と言えば、株の利益の王道。

長期投資で配当を積み重ねて元を取る、それが本来の株式投資のやり方です。

高配当の株を買うやり方も、1つの代表的な投資方法です。

しかし、配当が高ければ高いほど、株の値動きは小さくなる傾向があります。

例えば、ディフェンシブ銘柄の代表である、東証1部の医薬品株、電力株、鉄道株などの大型株。

日足チャート、分足チャートなどについて、それ以外の銘柄群と比較してもらえば一目瞭然ですが、値動きは明らかに小さいです。

このため、短期売買をメインとする場合には、これらのディフェンシブ系銘柄群を避ける人も多いです。

それでも年に数度くらいは、これらのディフェンシブ系銘柄がトレード対象銘柄となる場合もあります。

何らかの材料が出て、出来高が急増した場合などです。

長期投資なら高配当株で決まりなのか?

長期投資と言えども、ホールドする期間等によって事情は変わりますので、一概には言えません。

しかし、値動きが小さく配当が厚い株だからと言って、必ず安全かと言うとそうではありません。

実際の話、ディフェンシブ系の大型銘柄が大きく下落(10分の1になる等)したり、上場廃止になったケースも存在します。

株に絶対はありません。

高配当の銘柄でも突如として悪材料が噴出し、無配となったならどうなるでしょうか。

当然株価はとんでもなく下落することでしょう。

ストップ安を2回くらいは繰り返すかも知れません。

S安2回分でだいたい4割弱くらいは株価が下がってしまいます。

ですから、財務優良、大型ディフェンシブ株であっても、1銘柄に全力投資するのはリスクがあると言えます。

対抗策としては、いろいろな知識や経験を積みながら、分散投資をする方法があります。

株を選別する眼

株の暴落は食らったら仕舞い。

一気に投入資金の何割かは雲散霧消(うんさんむしょう)。

ですから対抗策として、わざわざ無配の銘柄を選び出し、その中から配当が復活しそうなものを探す人もいます。

もともと配当がない銘柄であれば、とりあえず無配発表のおかげで暴落することはありません。

財務分析、ファンダメンタル情報等に精通しているのであれば、そのようなやり方もアリです。

要は、既に暴落しきってしまった銘柄の中から、復活しそうな銘柄を抽出する訳です。

しかし、いったん調子が悪くなった企業が復活すると言うのは、相当の困難を伴います。

ですから、かなりの目利き、選択眼が求められることは言うまでもありません。

そう考えると、株の知識は多ければ多いほど良いと言うことにもなります。

投資の勉強は本から?

株について言えば、本をたくさん読むと言う勉強方法がまず思いつきます。

私も株を始めた当初は、段ボール1箱分くらいの本を片っ端から読んでみました。

しかし、後から気づいたことですが、本に書いてある内容は、ネット上にある情報と大差はありませんでした。

そして、困ったことに株の必勝法はどこにも書いてありません。

考えてみれば、株で必ず勝てる方法が本に書いてあったとするなら、確かに一時は儲かるかも知れません。

しかし、そのような必勝法、おいしいやり方であればあるほど、あっという間に広まってしまうだろうことは想像に難くありません。

そうなると、皆が同じような銘柄を同じようなポイントで買うと言う事態が起こる訳です。

当然限られたパイを分け合う形になります。

その結果、結局、時間とともに儲けが薄くなっていきます。

これ、相場の常。

つまり、必勝法は自分で探さなければなりません。

知識は、その必勝法を独力で編み出すための基礎固めでしかないと言うことです。

株知識の入手先

あくまで株の知識は自分独自のやり方を編み出すための基礎にしか過ぎません。

ですから、やみくもに手を広げるのではなくて、必要最小限のものをまず覚えることが大事になります。

まずはネットや本に出て来る株用語程度のことは覚えておいて損はありません。

知らない株用語に出くわす度に“ググる” だけでも十分です。

株を始めて1~2年くらいであれば、ググっているうちに知識が広がっていきます。

2004~2005年頃の当時で言えば、ヤフーの株式掲示板と2ちゃんねるの株関連板は、よく見ていました。

書き込みが荒れることが多くなり、そのうち見なくなってしまいましたが…。

その後はツイッターをよく利用するようになりました。

おかしな書き込みをする人は、すぐフォローを外したりブロックすることもできますし、速報性の面で優れていますので、ツイッターはなかなか使い勝手が良いです。

基礎知識を頭に入れつつ、ツイッターで話題についていく。

これでそこそこの株知識は入手できます。

つぶやきながらも、複利で資産急増、それが当面の目指すところです。


広告


2月13日のトレード結果

本日はノートレ・ノーポジ。

場中にチャンスは6度、厳しめに見ても1度はありました。

しかしより手数を減らす方針で、全てスルー。

分足から判断すると、インしていれば、全てのトレードにおいて勝てていました。

当面この調子でスルーしまくりつつ、デイトレードの検証を続けることになりそうです。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)なし
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)なし
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益なし
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果なし
今月の損益+0.3万円
持越ポジション(新規買建)なし
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし

広告