後に引けない勝負をどう避けるか

この記事は約4分で読めます。

短期売買をしていると、後に引けないトレードが実に度々発生します。

しょっちゅう、背水の陣。

これがまた、つらいんだ。

何とかこれを避けたい。

何か良い方法はないのでしょうか。

科学的に。

スポンサーリンク

基準までギリ耐える

結局のところ追い込まれている時点で、ほとんど負けのようなもの。

正確に言うと、負けではないが、その瀬戸際。

そして、戻るのを待つ。

我慢する。

いつまで待つのか?

戻り始めたらもちろん、さらに耐えますよね。

含み損がなくなるまで必死に。

で、同値のちょっと下で損切りするか、同値降りなら良し。

勢いが感じられれば、利確ポイントまで我慢することもある。

しかし、これは負けトレード。

自分の中では完全に負け。

そもそも「基準までは」などと条件を付けていますが、心配で仕方ない時点で圧倒的・形勢不利です。

考えるのは誤り

トレード中に考える行為が間違えています。

心理状態に左右されてはいけない。

トレードマシンになった筈ですよね。

オレは利益を獲る機械であると。

なのに、何を迷っているんでしょうか?

悩む、迷う、苦しむ。

それはデイトレには無用。

鉄の心が必要。

そして、なぜそんな、形勢不利の中で忍耐が必要になって来るのか?

その答えはこうです。

インのポイントが間違えているか、あるいは今一つ、甘いのであります。

最初が間違えている

最初に入るポイントが間違えているからこそ、苦しむハメになります。

もうちょっと楽に勝てるポイントは探せなかったのでしょうか。

それを今一度、検証する必要があります。

本日も当方、損切りポイントの瀬戸際まで下げてくるトレードが発生しました。

これは最初が間違えているのだろうと。

いろいろ見直しましたが、そのトレードが誤りであった、そんな根拠は見つかりません。

何かが間違えている。

しかし、原因不明。

相場ではそういうことが良くあります。

いっそのこと、地合いのせいにしてしまおうか?

いけません。

それを言い出したら、何でも地合いのせいにできてしまいます。

最高効率ポイントを選び抜く

原因不明であれば、改善することを考える必要があります。

さらなる高効率の追求。

もっと簡単に利確できる銘柄はなかったのか?

銘柄選びの改善。

タイミングの改善。

なんかねーのかよ?と言う。

はあ、苦しい。

でもそれしかないわな。

トヨタのカイゼン方式。

デイトレもトヨタ式で。

そうして損切りポイントをかすめる、ギリでやばいトレードを、少しでも減らすしか方法はありません。

そして、最後はやっぱり気持ちの問題。

気合い。

気合いとは何か

気合いとは、基準まではギリ耐える、淡々と耐えるポーカーフェイスのことです。

気合いとは表情のことだったのです。

それに本日、気づきました。

顔色を変えちゃいけません。

態度に示してはならぬのです。

決められた手順を貫徹する。

その際に淡々とやる訳であります。

顔色や態度に出したり、しゃべったりしますと、そこから手順が守れなくなります。

鉄壁のポーカーフェイス。

デイトレに必要なのは、これなのかも知れません。

今日もそれで何とか。

こんなんで、よく勝てたなー。

マジでそう思います。

本日のデイトレは損益+4000円。

買い建て総代金600万円。

何とワンショットを倍増させました。

1玉約75万円。

トレード銘柄数は6、買い約定回数8、損切り1、同値1回。

一発目で損切りが出て、取り返しにかかったのですが、最後に再度とっ捕まり。

この突発陰線で損切っていたら、本日はほとんど大負け。

逆指しは掛けていましたが、心理状態は超必死。

その後、何とか戻してくれて、何とか利確。

ワンショットを倍にした途端、これやー。

つれーなあ。

でも金曜週末にぶっこかなくて良かったです。

今週は一応5営業日全勝。

喜ぶべきなのか?