市場は個人の選択の自由によって駆動するセンサー機能に支配される論

この記事は約3分で読めます。

全体相場を意識しつつ、動意株で勝負する。

マーケット、そして個人の選択の自由。

二つを同時に制すること。

急動意株に乗るためにはそれが必要です。

スポンサーリンク

急動意株をどう探すか

日経平均その他の指数は頭打ち、横ヨコ陰線。

ダーツ投げ膠着チャート。

こんなことは良くある日常茶飯事、当たり前。

そんなことで手詰まり、やることなしではデイトレーダーとして食べていけません。

本日も動意づいた値動きの大きい株を探しましたが、いかんせん、ちょうど良い銘柄を上手く捕捉できません。

レーダーで追跡し捕捉する能力。

それはとても大切で、デイトレ能力の8割を占めると言っても過言ではないのではないでしょうか。

そして、能力不足のデイトレーダーに待っているのは、“おまんまの食い上げ” だけです。

全体と部分を探索する

大きく下がったところで買い、戻したところで売れば儲かる。

値動きの差分を取るのが株の要諦で、そこに指数との連動が関わってくることにより、事態がより複雑になります。

日経平均を追いながら、個別株の動意にもついていかなくてはなりません。

全体と部分の連動性をどう捉えるか。

全体と部分集合を勘案し、利益を出す必要がある訳です。

口で言うのは簡単ですが、左手で丸を書きながら、右手で四角を書くってできますか?

スポンサーリンク

動意とはストップ株の予想である

考え方はいろいろありますが、私の捉え方はこうです。

「これ、ストップ高(ストップ安)行くんじゃないか?」

そう思ったら、それが動意。

そして、動意づいたら日経平均、指数の呪縛から解き放たれます。

左手で丸を書いて、右手で四角を書く必要はないのです。

これは私の勝手な思い込み。

こんな乱暴な理論で大損しても誰も責任は取ってくれません。

しかし、個人の選択の集大成がマーケットの動向を決めます。

市場の本質的な機能が個人の選択の「自由」によるものであり、風向きを見てフィーリングで売買するのも「自由」の中の一形態。

大損と言うリスクを背負えるのであればの話ですが…。

動意づくことが買いシグナル

マーケットは各個人のセンサーの集大成です。

ただ、高スペック・ハイグレードなセンサー、汎用性のあるセンサー、廉価品、いろいろあると言うだけ。

私のセンサーは、動いたら買う、単純シンプル構成。

本日も売買代金で目立っていた某自動車部品メーカーに狙いを定めインしました。

これだけ語っているのだから、腕の見せ所です。

「これ、ドラゴンチャートになるよね、オレの見方だと。

買い買い!

あれれ?

何で動かないんだ。

…何か眠くなってきた。

(中略)

ちょっと待て、寝ちまった、前場が終わってしまう!

上がってるじゃん、早く売れ!

間に合ったか?」

持越時間は2時間20分。

7238曙ブレーキ工、前場分足概略図

本日も儲けさせて頂きました。

しっかり卵掛けご飯の分を。