株価予想“行って来い”ブログ!利益を伸ばす株のやり方は握力忍耐売買

逝って来いで下げにお付き合い

株を握力で持ち続けることの重圧。

トレードの一大テーマではあります。

重圧を感じると言うことは、売買のマシーンになり切れていないと言うこと。

まだまだ甘い。

結果が“やれやれ売り” になることも多く、ノーポジでいるかインするかの見極めが大切になります。



「握力で株!」自分への宣言に苦しむ

寄り付き直後、持越株の損がいくらかは確認する余裕がありませんでした。

そんなことをしても平常心を失うだけ。

持ち株は軒並みギャップダウンで、ちょっとこういうのは珍しい。

上がると思った銘柄を持越している訳で、確率的に半分の銘柄が多少なりとも上がって不思議ないわけですから。

4~5万円くらい損したかなと思って、後で建玉照会をチラッと見たら、損失は-2万円を超える程度で、思ったよりはマシでした。

寄り前気配では4銘柄ともに売り気配で全然ダメだったのですが、1銘柄が突然特買いになり、上で寄り付いてくれたおかげです。

「握力」宣言したからにはガラっても忍耐?

握力を宣言したからには継続するしかありません。

日本通信についても、上下動で細かく利確しながらノーポジにはならない、あくまでホールドすると言う方針のもと、「利を伸ばすまで離すな、つかんでいろ!」と自分に命令。

極小ロットから増やしたり減らしたりしつつも、ずっとホールドしていると、嫌なガラを何度も繰り返します。

これ、「もう相場終わったっぽいな」とは思いましたが、持っているからには耐えるしか方法がありません。

耐えていたらどんどん含み損が膨らみました。

株スラング「いってこい」の意味

「行って来い」とは、ブーメランのことです。

しかも戻れるか戻れるかわからないブーメラン。

投げるほうの役割ではありません。

自分自身がブーメランになります。

戻って来られるかわからない「逝って来い」だけは、勘弁してほしいと思いました。

前場中、ずっとじわじわ下げていて、時折、少し上がったと思ったら売り玉がドカンと落ちて来て、買い板をぶち抜いてくれます。

「収支はトントンでいい、ちょっとだけ上がってくれ!」

いくらそう願ってもビクとも動きません。

永遠に降りられないのではないかとさえ思いました。

「握力」の結果は初心者にはおすすめできない「やれやれ売り」

そもそもずっと買い持っている理由が「もういいところまで売られただろう?」と言う、ただそれだけ。

一斉に投げられてストップ安に張り付いてもおかしくないのに、根拠のない理由で耐えています。

損切りするのが嫌だっただけかも知れませんが…。

結局10時半過ぎの少し上がったところで「やれやれ売り」。

それでも、スイングで損した分はチマチマ利確しながら取り返すことができ、胸をなでおろしました。

昨日や一昨日の上昇局面では指をくわえていて、下降局面で買いでイン。

買いタイミング悪すぎ。

自分にあきれるしかありません。

株スラング“いってこい” の典型的分足チャート

降りた後の分足に足がすくむ

その後、分足を見ていると、前場11時過ぎに下落し思い切り安値を割りました。

やはりヤバかったわけです。

紙一重で降りることができたのはラッキーに過ぎません。

「ここまで下がるか?」

さすがの私も言葉を失いました。

その後、後場も気づくとやはり一直線に分足が下げて行きます。

後場まで「握力」していたら終わっていました。

淡々と一貫した無情な下げ。

これが株です。

これが相場の恐さです。

冷徹に引けまで一本調子で下げ続け、大陰線。

以下、株用語“行って来い” に関する記事です。

よろしかったらご覧ください。
トレードを独学で続ける?日に3度“行って来い”を繰り返すストレスMax手法

デイトレ含み損がつらい!耐える?“行って来い”複合ポジション対処法の結末

全ての仮定法は意味を持たない

私にとっては予想すらしない下げ。

「上で何百億出来ているんだよ、普通ここまで売買代金あったらリバウンドするだろう?」

そんな私の考えには全く意味がありません。

「何々なら◯◯だろう?」

全ての仮定法は意味を持たない訳です、相場の世界では。

大引け間際、私が何をしていたか?

このブログを毎日ご覧になってくれている賢明な読者さんなら、お分かりなるかも知れません。

「ま、ま、まだ終わっちゃいないぜ…」

例の株、買い発注作業のために勝手に手が動きました。

その「買い衝動」、自分ではどうすることもできません。

明日以降、利益が出ることを祈るばかりです。

“To Be Continued”

“To Be Concluded”


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建380万円(概算)
【デイ売買銘柄】(買建)4222児玉化学 9424日本通信、他
(売建)なし
【デイ損益合計】+3.0万円
【持越決済】-2.4万円
【本日のトータル結果】+0.6万円
【今月の損益】+0.6万円
【持越ポジション】買建3銘柄(9424日本通信、他、新興株2銘柄)
【含み益】0万円
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    ローソク足の見方|初心者が思わずハマる3つのリスク|直感ヤバ過ぎ

  2. テンキーの文字配列

    システム障害対策|株式投資のコスパを考えた苦渋の選択がエモ過ぎる

  3. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    システム障害で株が売れない!とんでもない恐怖の儀式がこわすぎる!

  4. 押し目で握力勝負して負けたトレード

    株おすすめの買い方?握力を鍛え押し目でイン|パンツを忘れた結果は

  5. 運動場に上手く描けた白線のトラック

    為替相場予想と日経平均|10月月初水準に戻しとんでもないことに?

  6. 日経平均月足チャート30年分

    株暴落!大損失敗明日は我が身|相場の本質は何が何だかわからない件

  7. 行って来いを日に3度耐える日々

    株初心者におすすめしない投資法|日に3度”行って来い”のトレードとは

  8. 価格上昇の不確実性

    株暴落時の買い方【要注意】握力で耐える恐怖と迷いのリスクコントロール

  9. 忍耐のデイトレ、ナンピンで勝つ

    ナンピン計算 押し目買い|2倍買い増しのトンデモ恐怖がわいらを襲う

  10. ナンピンの意味|結論先延ばしと株式投資|最後尾マラソンランナーの焦り

  11. 含み損がつらい!耐えるコツは“行って来い”デイトレード複合ポジション?

  12. 2本の陽線上昇のチャート

    株の買い方は鉄の握力のイナゴ系!明日への希望をつかむ実力どんだけよ

  13. 3本の陽線上昇のチャート

    ヤフーリアルタイムの株価に一喜一憂した元リーマンのなれの果てが凄い

  14. 鉄の握力 分足

    株の売買代金推移と値動きの見方|鉄の握力デイトレの結果がとんでもない

  15. 3本の陽線上昇のチャート

    デイトレードはイナゴスキャルピング!王宮の芝に飛び立ったらエライことに

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  3. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  5. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  6. 難しい上昇トレンドのチャート形状

    2019年7月第5週|日々のトレード結果|夏枯れ相場に様子見益なし?

  7. 同心円を追加した図

    2019年7月第4週|日々のトレード結果|参院選後に相場は動くか?

  8. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  9. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  10. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

広告
広告