経済学者は闇のフィクサーである

この記事は約3分で読めます。

おカネ儲けの分野では、闇のフィクサーが存在します。

実はその張本人、学者上がり。

名声を捨て、人知れず巨万の富を手にし、ほくそ笑んでいるのであります。

そのカラクリは以下。

世の中の「手法おしえる君」にだまされてはいけません。

スポンサーリンク

しらみつぶしで調べる

世の中に道は無限にあります。

どの経路をたどれば聖杯にたどりつくのか?

聖杯への地図を作るに必要なことは、試行錯誤です。

実験から成果を得るためには、その試行錯誤の反復回数。

それが大事です。

しらみつぶしで実験を繰り返し、地図を完成させるのです。

すなわち、実験あるのみ。

そして、他人に認められる必要はないのであります。

認められる必要はない

とあるノーベル賞受賞者の話によりますと、寝ても覚めても実験。

頭の中は24時間実験で、家族には迷惑をかけた、とのこと。

そのお方、日本では全く認められず、米国発で注目されるようになりました。

日本は頭が固くてダメだそうです。

学術研究の場合には、その分野で相手にされなければ話になりません。

しかし、株の場合は面倒なプロセスは不要。

儲けた者の勝ち。

他人に認められる必要はないのであります。

聖杯を手にしたご老人

相場の世界では、ある時、どこかのご老人が巨万の富を手にし、その後、申告漏れで騒ぎになったりします。

おそらく、FXか何かでしょう。

株の場合、源泉徴収ありの特定口座なら、自分で申告する必要はありませんので。

当のご老人、その報道がなかったら、自ら暴利を得たことを公表することはなかったでしょう。

人知れず、聖杯は独占されるのであります。

なぜ聖杯は白日のもとにさらされないのか?

その答えは100円ショップにあります。

聖杯は100円ショップのコップではないと言うことです。

「教えてあげる」の嘘

手法をさらせば、聖杯は量産品の安物コップに変わってしまいます。

確かに、100円ショップのコップは安くて便利かも知れません。

ただし、価値は低いと言って良い。

なぜなら、誰でも同じものを簡単に手に入れられるからです。

多くを語らない、当のご老人。

手法、その最も大事な部分は、常に謎のままなのであります。

私たちが知り得るのは、表面的情報のみ。

聖杯を100円ショップのコップにしたい人は誰もいないのですから、当然です。

葬り去られるノーベル賞のレシピ

最も優れた者が投資家となり、二番目に優れた者が経済学者になる、と言うお話があります。

確かに、画期的な手法を発見した人は、その実践により大儲けできるわけです。

学会に発表し名声を得るより、暴利を独占し、人知れず巨万の富を得たほうが賢い。

そういう判断がそこにあるのでしょう。

つまり、おカネ儲けの分野においては、ノーベル賞級のレシピは闇に葬り去られる運命にあるのであります。

ブラックショールズ方程式はおそらく、世で二番目に優れた人の功績なのかも知れません。

フィッシャー・ブラック氏とマイロン・ショールズ氏に敬意を表しつつ。

一番上の最も優れたお方は、今ごろ誰にも知られることなく、巨万の富を築き、闇のフィクサーとして君臨しているに違いないのであります。