信用全力二階建てでぶっこかない方法

この記事は約4分で読めます。

まず最初に言っておきたいのは、当方、けっして信用全力二階建てをおすすめするものではありません。

もっともリスクが大きくなる手法、それが信用全力二階建てであります。

リスクは当事者が引き受けるしかないのであります。

もちろん、やらないのが一番よろしい。

危うきには近寄らず、であります。

しかし、知っておくだけは知っておく。

それも一つの方法であります。

世の中にはそんな例が数多いのであります。

そもそも、当方、株式投資を推奨するものではありません。

以下は、当方の相場感想文に過ぎませんことを、十分にご理解くださいますよう。

スポンサーリンク

ぶっこみの優位性

どんな手法を取るにせよ、資金をブッこんだ方が効率が良い。

すなわち、ぶっこんで回転させる。

しかし、ここで言う効率とは

  • 利益を増加させる効率
  • 損失を増加させる効率

の2種類があるのであります。

実におそろしい。

利益を増加させるつもりが、逆に損失を拡大させる結果となる。

相場においては、このパターンが多いのであります。

最高効率で資金を減らしていく、これでは株をやる意味がありません。

ぶっこむからには勝たなくてはならないのです。

すなわち、ぶっこみの優位性は勝ててこそ。

そして、そのぶっこみ手法の最たるもの、それが信用全力二階建てであります。

全力二階建てのアイデア

株式投資では通常、信用取引で資金の概ね3倍まで玉を建てることができます。

資金100万円で300万円分の株を買う行為は、実は二階建てではなく、三階建てであります。

その三階建てを実践し、目一杯まで株を買ってしまうと、今度は少々の下落で追証が発生してしまいます。

すなわち、追証まで見越した資金の余裕が必要となるのであります。

逆に言えば、資金さえ十分に余力があるのであれば、全力二階建ても臆せず、と言うことになります。

例えば、300万円を3分割し、一つの口座で100万円を元手に信用取引をする。

残りの200万円を使わずに取っておき、いつでも追証に差し出せるようにしておけば、信用全力二階建ての実行もやぶさかではない。

イケる。

そう思った時、当方の目は血走っておりました。

信用全力必須事項

3倍まで株を買い建て、後に追証を差し出すこととなり、奔走をしたこともあります。

10年以上も前のことであります。

当時、まだネット銀行の口座も持っていませんでしたので、文字通り店頭のATMまで、追証支払いのため走っていかねばなりませんでした。

革靴でスッタカ走り、ATMで必死の形相でおカネを送金している。

やるせない思い出であります。

なお、ネット銀行の口座からなら、追証資金をPCから送ることができ、便利であります。

そして、当方は強調したい。

相場において、追証ほどつらいものはないのであります。

従って、信用取引をするに当たっては、何としても利が乗るトレードを敢行せねばなりません。

含み損ほど信用取引に相性の悪いものはないと言えるでしょう。

さらに、含み損は即刻カットする。

信用全力であれば、何はさておき、それが大事。

十分にそれらを頭に入れ、次に来るのが実際のトレード手法であります。

下がったら仕舞い

全力で買って、下がったら仕舞い。

当方の体には、これが染みついているのであります。

すなわち、あっちに行って含み益、こっちに言って含み損、どうしようかな。

切ろうかな、切らないかな。

同値降りかな。

などと悩むのがまずい。

そんな状況で信用全力はありえないのであります。

買ったら素直に上がる。

一貫して上がり続ける。

絶対に下がりゃしない。

それが理想であります。

となりますと、値動きのある銘柄では全力など、できるものではないのであります。

信用全力二階建てには、値動きのない、安定した株が適していると言えるのではないか。

そう気づくや否や、当方、安定的に値上りする銘柄を、目を皿のようにして探していたのであります。

値上り銘柄はどこに

すなわち、信用全力二階建てには、一貫して値上りする銘柄が必須であります。

値幅ではありません。

もちろん、値幅があるに越したことはない。

しかし、何より大事なのは、安定性と一貫性であります。

安定的に一貫性をもって、じわじわ上がって行ってくれる。

そんな値上り銘柄こそ、全力銘柄の筆頭であります。

見つかれば、のお話ですが。

さて、本日の結果は、デイ勝ち、スイング勝ち。

勝ちと言ってもギリ勝ち。

一歩間違えたら普通に損していました。

スイングはまあ想定通り。

しかし、寄る直前まで売り気配で含み損、8時59分から急激に買い気配いになり、利が乗る銘柄があるなど、楽ではありませんでした。

損切りした銘柄もあるし、やっとのことで生きている。

ひーこらひーこら言いながら。

アレな株含み損持ち越し。