板の嘘と聖杯

この記事は約5分で読めます。

板があればロットを入れられる。

板が厚ければだいじょぶっすよ。

相場にありがちな一般論であります。

しかし、これらはどうも嘘であると。

最近改めて気づいたことを、以下、まとめます。

ひと言で言えば、下げたら仕舞い。

そういうことです。

スポンサーリンク

下げたら仕舞い

板なんて、いくら厚くても、下げたら仕舞いです。

下げたら終わり。

板が厚かろうが薄かろうが、下げを食らったら、その時点で終わりです。

なぜなら、含み損になるから。

含み損で耐えている時点で、ほとんど負けです。

耐えた末に勝てたとか、それはよくあることだけれど、決してほめられたものではありません。

なぜなら、含み損になった後、さらに下げたとしたなら、それはもうどうしようもない状態になるからです。

一寸先は闇。

その闇に片足を突っ込んでおいて、結果的に勝てたからと言って威張れはしません。

ましてや、素っ飛び下げを食らったら。

ワープ下げを避ける

特に小型株、材料株で売買をしていますと、素っ飛び下げは何かとやって来るのであります。

そこで板があるから安心、とはなりません。

次の瞬間には、ワープで大幅含み損となる可能性があるのです。

ワープはいつ何どきやってくるかわからない。

ましてやレバをかけるなんて場合には、板が厚いから助かるなんてことは少しもありません。

板ではなく、一瞬でも含み損になったら、それこそが負けなのです。

ワープ大幅含み損、これを避けること。

大事なのは、値動きの安定性であり、それがあって初めて安心してレバをかけられると言うことであります。

レバ自在の理由

レバを自在にかけられる、その根拠は安心感であります。

そして、安心感はどこから来るのか。

その答えは、含み益の一貫した維持であります。

含み損にならないこと。

そもそも、一瞬にして含みにして-10万円と+1万円を行ったり来たり。

これでは安心感など生まれるわけもない。

常に含み益であるからこそ、動揺せずに済むのであります。

含み益なら、動揺せずにして利を伸ばすことも、やぶさかではない。

安心感の根拠はそこにあります。

聖杯の3要件

すなわち、安心感の根拠とは何か。

  • 含み益の維持
  • 含み損にならない
  • 勝率の高さ

であります。

これらを別名、聖杯の3要件と呼びます。

(当方が命名。)

3つのうち、いずれが欠けてもいけません。

含み益が維持できていたとしても、一瞬にしてワープで一転、含み損。

これが一番まずい。

そして、勝率の高さ。

高勝率がなければ、ロットをぶち込む安心感も生まれません。

誰が含み損を耐えるためにロットを上げるでしょうか。

そして、聖杯の3要件がそろった結果は、なかなかよろこばしいことに他ならないのであります。

聖杯の結果

聖杯の3要件がそろって初めて、ガンガンイケることになります。

ロットをぶち込み、それを継続しつつ、さらなるロット上げが可能となるのであります。

すなわち、利益の再投資、複利の達成であります。

いつまでたってもロットが上げられない、その理由は、上記聖杯の3要件が満たされていない、と言うことになります。

そして、聖杯の前提となるのは、安定した値動き、頑強な上げであります。

安定した値動きと頑強な上げに乗れて初めて、恐れずロットを上げ、仮に損切りになったとしても、次回に挽回できると確信できるのであります。

聖杯のありか

聖杯のありかをお教えしましょう。

その答えは私たちの目の前にあります。

相場の荒野に落ちているのであります。

1000円の勝ちが10万円

1分足の陽線1本分、そこで利益が1000円、これはたやすい。

誰もがそのように感じたことがあるでしょう。

問題は、継続できないこと。

1000円の勝ちを継続できれば、すなわちそれが聖杯。

利益は積みあがるし、玉を大きくすれば、1回当たりの利益はいくらでも増えます。

ワンショットを10倍にすれば利益も10倍。

間違いなくお金持ちになれるのでは?

ところが、この単純明快な勝利は、とてもではありませんが達成されません。

勝ちが続かない理由

根本原因はスタート地点にあります。

最初の1000円の勝ち。

この1000円が何なのか。

実は運だったのではないか?

私たちの勝利は、単なるラッキーに過ぎなかった。

信じたくもありませんが。

たまたま勝てたに過ぎないので、継続できないのであります。

トレードを反復する場合、その勝ちが運であるのか、必然か。

これが何より重要となってきます。

運ではなく、原因があって結果がある。

勝利が理屈に裏付けられて初めて、継続して勝ち続ける確率を引き上げることができるのです。

ロットを上げたところで大陰線を食らえば、すなわち大負け。

大負けが全ての根本原因です。

運に支配されているからこそ、それを食らう。

これが厳然たる事実です。

理屈に裏付けられた勝ち

運ではなく、確信をもって利益確定をする。

絶対勝てるんじゃないか?

そう思えるくらいの確率でインできなくては、理屈に裏付けられた勝ちとは言えません。

さもないと、玉をデカくすることはできません。

負けそうだと思いつつ、虎の子の資金を投入するのは愚の骨頂であります。

その鍵はザラバにあります。

分足はいくつあるか

国内上場銘柄数にしておよそ3900。

当日の分足はこの銘柄数だけあります。

全ての分足を調べるのは不可能とは言いませんが、相当の手間がかかります。

聖杯を見つけるにはあまりに数が多い。

銘柄数の多さに挫折する、これが回りまわって大負けの原因となります。

自分なりの理屈を見つけるまで、手を出さないほうが良いのであります。

最重要項目とは

最重要項目は、買いにおいては、稲妻・特売り一本下げを避けること。

1分足の特大陰線を食らっただけで、大損をすることが可能です。

これを食らうと、いかに損切りの素早い特殊技能を持っていたとて対処不能。

程度の差こそあれ、大負け確実であります。

すなわち、この長大陰線の出ない銘柄を何としてでも探し出し、そこにインする必要があります。

長大陰線が一番まずく、ありがちなパターンであり、退場の原因です。