トレードの精度を上げる法

この記事は約3分で読めます。

トレードの精度を上げる、これが相場の一大目標。

精度さえ上がれば、日々利益は積みあがっていきます。

精度が上がらないからこそ、ロットも上げられないのです。

ワンショット全力で全勝。

これが資産急増の鍵であるのだからして。

夢の資産急増をリアルにするために、トレードの精度を上げる方法を常に考える。

これが相場の生きる道であります。

スポンサーリンク

抽出銘柄の確認

抽出銘柄とは、当方の場合、最終的に自分が選んだ銘柄を意味します。

この銘柄群が思惑通り動いてくれたか。

まずはこの点を確認する必要があります。

そして、問題は思惑通りに動いてくれなかった銘柄です。

なぜ、思惑通りにいかなかったのか。

どうすればうまくいったのか。

これを日々確認するのであります。

トレードの精度を上げる方法とは、日々の修正作業であります。

また、地合いによる影響を読み取る必要もあります。

地合いによる影響は、毎日相場に接していて初めて感じ取ることができる類いのものです。

補欠銘柄の確認

補欠銘柄とは、抽出銘柄に比べ、優先度の低かった銘柄群。

条件が今一つかなわなかったと言えども、突如として吹き上げる銘柄が出ます。

これがなかなかにおいしい。

なぜ優先度が低いとして、抽出銘柄から弾いたのか。

これを逐一確認し、次回に生かせないかを確認するのであります。

補欠の吹き上げを見落とさない。

全ての可能性を検証し、爆上げ銘柄を探索するこの姿勢。

すなわち、全ての根源は爆上げ銘柄にあります。

爆上げ銘柄の確認

お目当て銘柄以外に爆上げ銘柄が出たと言うことは、相場を読み切れていないと言うことであります。

そうではなくて、お眼鏡にかなった銘柄イコール、爆上げ銘柄にならなければなりません。

百発百中を目指すのであります。

的中率100%の重要性。

爆上げをなぜ予め読めなかったのか。

日々この目標に向かい、前進したい。

そのためには、あらゆる角度から対象銘柄をフィルターに掛け直す必要があります。

あらゆる角度から見る

例えば、IPO、低位、新高値、などは当方の最有力候補銘柄群であります。

その他にもセクター別、出遅れ銘柄、値がさ株など、あらゆる角度から検証したい。

相場の鍵が見つかるまで、総当たりで調べるのであります。

そうすることで、勝ちの精度が自動的に上がる筈であります。

筈?

筈じゃ困るんだよ。

絶対にそうなってもらわにゃ困るんだよ。

と、ブチギレたところで、本日も大引け。

本日の結果はデイなし・スイング負け。

地合い悪く、やむなしです。

微負けで逃げられたので、むしろ儲かった気分。

涙目ですが。

仕方ないので、また適当にIPOと低位のチャートの良さそうなの持ち越し。