リバウンドってどうとるの?

この記事は約3分で読めます。

リバウンド狙いはつらい。

なぜつらいかと言いますと、勝つ確率があまりよろしくないからです。

リバウンド狙いは難易度が高いのであります。

まったくリバウンドが来ないなんてこともよくあること。

どうしたら上手くリバが取れるのでしょうか。

スポンサーリンク

高安の判断

高い・安いの判断をどうするか。

相場において、これがもっとも難しい。

安いと判断できれば、買い持つ。

判断が正しければ、株価は上がる筈です。

皆が安いと気づく前に買いを入れる。

あるいは、皆と同時に買いを入れてもOK。

株価が相当に高いところにあるとしても、そこからさらに上がるのなら、その株価は安い。

そして、次に難しいのが、いつ上がるかと言うこと。

いつリバるのか

いつリバウンドが来るのか?

これをピンポイントで当てるのは難しい。

例えば、地震が高確率で来るのは大方予想できます。

しかし、いつそれが起こるのか。

わかる人はいません。

相場も同じで、仮にその銘柄が明らかに安いとしても、いつ上がり始めるかはわかりません。

高安の判断と、それがいつ価格に反映されるのか?

この二つがわかれば次々と相場で儲けることができます。

では、どのように仕込めば良いのでしょうか。

仕込み時のタイミング

買ってすぐ上がれば誰も苦労はしません。

いつ上がるかなんて、わかりはしないのです。

安い、すぐ上がりそうだ。

そう思うからこそ、買ってじっと持つ。

相場と言うものは忘れた頃に上がり出します。

安いと思って買い、買ったことを一旦忘れる必要があるのです。

つまり、中長期のスイング。

判断が当たっているとしても、上がりを得るには時間がかかります。

タイミングが正確に読めないからこそ、待つ必要が出てきます。

相場の本質

じっと買い持ちをしていると、じわじわと下がってしまうことが良くあります。

こうなると損切りをせざるをえません。

上がる筈なのに損切り。

さすがにストップ安近辺まで下がって来てしまうと、持ち続けるのは苦しくなります。

これがいわゆる相場で負けると言うこと。

いつか上がるとしても、その前に下がってしまうと負け。

買ってから大きく下げたらおしまい。

判断が正しくともダメなんであります。

これが相場。

さて、昨日、引け後の唐突な材料で爆下げたPTS。

リバ狙いで買いを入れた夜。

まあそれは良かったのですが。

しかしこの程度の材料でここまで下げるかと。

リバ狙いで本日、さらに前場からインすると、まったく反応なし。

損切りで傷を広げました。

1銘柄のメタックソな下げでスイング爆損。

敗戦処理にかかりっきりの一日。

デイでやられてスイングでもやられる。

お・わ・た。