急落を避ける方法

この記事は約3分で読めます。

損切りと言うのは、小さな損で済むから損切りになります。

大きな損になってから損切りしたのでは、損切りになりません。

そして、棒下げを食らったら、小さな損では済まないと来ています。

すなわち、急落を避ける。

これが至上命題です。

スポンサーリンク

急落発生の仮説

某日、某銘柄、株価1500円。

前場、買いが一点集中しました。

はたして、買いを入れて来た者たちは誰でしょうか。

おそらく長期投資の人ではないでしょう。

短期筋がほとんどなのでは?

短期ならすぐに売り板が出ます。

いまどき、個人の弱小トレーダーですら、返済予約くらい入れている場合が多いのです。

つまり、買ったら秒で売りが出ます。

見るみるうちに売り発注が積もり、売り板の壁ができました。

売り板の壁を誰が買うか

この売り板の壁が食われない限り、買いの主は売り逃げられません。

そのうち、じわじわと売りが出始めます。

まあ、3分間で下げて、1430円くらいかな?

この時点で70円の含み損、1000株持っていれば、7万円のやられ。

切りますか?

我慢しますか?

悩み始めた瞬間、さらにブン投げが始まります。

次の3分で1350円。

あらら、150円下げた。

15万円の含み損。

インしてから、まだ6分しか経っていません。

この時点で、急落に巻き込まれていることに気づきます。

なぜ急落になったのか

まず最初の売り板の壁。

これを誰も買わない。

だから上がらないのです。

なぜ壁ができ、それを誰も買わないのでしょうか。

その理由は、

  • 参加者が短期筋ばかり
  • その後に買い参戦する者がいない
  • 一斉に損切り発動

となります。

自分たちが作った壁を買うわけがありません。

誰かが買ってくれるのであれば、ばらけて買ってくれた方が都合が良い。

一点集中で買いが入るのは危険、と言う事になります。

便利になれば皆が同じ事をする

便利になれば皆、行動が似通ってきます。

高度経済成長の時、冷蔵庫や洗濯機、テレビを皆が買ったように。

相場においては、さらに便利なことに、損切りも自動発注。

このおかげで、皆が一斉に売りに回る現象が起きてしまいます。

利便性が急速に拡散され、その幸せの影に巻き戻しがやってくるのです。

便利さに安易に乗っかれば良い、と言うのは間違いです。

相場においては、自分が買った後に買いが続いてくれないと困ります。

困った挙句に大損をこいてしまうのであります。

買いが継続的に入る箇所とは

結論としては、買いが継続的に入る箇所を探す必要がある、と言うことです。

目を皿のようにして、それを探す必要が。

そもそも、自分の売り発注でフタができてしまいます。

自分も壁を作る張本人ですから。

どんなタイミングで買いがばらけて継続的に入るのか。

そして、売り板の壁ができる前に、降りられるタイミングはどこなのか。

これが相場参加者の一大テーマと言うことになります。

さて、本日もこの課題を前にデイ。

損益+5.6万円。

トレード銘柄数4、損切りなし、同値1。

新規買い建て総額1450万円。

IPOには入らず。

ここ1ケ月で爆損を3回食らっていますので、このくらいの勝ちは多めに見てください。

ついでに言っときますと、スイング微損。