スキャルピングのトレード回数は1日何回?これでいいのか私のやり方

この記事は約4分で読めます。

スキャルピングのトレード回数についてまとめました。

利益を生み出す売買頻度をどう計算すべきか、何を優先すべきか?

私の経験則から導き出された結論をご紹介します。

その鍵は安定性。

果たしてデイトレードでの成功は達成されるのか否か?

その答えは相場だけが知っています。


スポンサーリンク


スキャルピングのトレード回数は1日何回?

以下、私のトレード結果からのデータ(概算)です。

直近5営業日のトレード結果

新規建代金
(万円)
利益
(万円)
トレード回数
1300.93
600.73
12016
2901.113
1600.97

ワンショットは大体20~30万円程度です。

たまに値がさの株でそれ以上の金額になる場合もあります。

ですが、なるべく30万円以内に収まるようにしています。

トレード回数は1日当たり3回で十分?

的確なポイントで着実にインできるなら、一日当たり3回のデイトレでも十分。

それが最近の感想です。

1日80回のトレードをやった経験

ずっと以前には1日80回のトレードをやっていたこともあります。

しかし、あまり上手く行きませんでした。

上手く行かないので、デイトレードはあきらめていました。

2018年より、その状態を克服するため、このブログを開始したくらいですから。

ワンショット20~30万の利益は?

デイトレ1回の利益は、概ね2000円~3000円。

ヤバいと思ったら早目に降りるため、ほとんど利益が出ないことも多いです。

「ヤバい」と思う理由も、単にビビッているだけ。

機械的にトレードしようとしているのに、ビビって勝手に手が動き、決済してしまいます。

投入資金の0.5%~1.0%の利益が出れば御の字と言う感じ。

しかし、単純計算で利益を足して行きますと、1%の利益でも10回重ねれば10%になります。

10回のトレードで、ワンショット金額の10%分の利益。

計算上は十分です。


広告

デイトレードで少々勝つだけで利益率は半端ない

少額資金で利益がショボイとは言え、率で考えると半端ないです。

問題はそれが継続できるかどうかだけ。

スキャルピングは安定性が全てです。

逆に言うと、安定性のないスキャルピングは、急速に資金を減らす原因となります。

10%ずつ資金が減ったら、マイナス方向に半端ないですから。

負けた時の資金減少率もシャレにならない

「ワンショット20~30万円で、10回トレードしたら10%資金が減った。」

これ、よくあるパターンです。

金額で考えると2~3万円の負けなので、たいしたことが無いように感じてしまいます。

しかし、よくよく考えてみると、とんでもない負けです。

スキャルピングの安定性とは

「ここでインすれば高い確率で利益が出る。」

そんな確信を得るのはかなり難しいことです。

しかし、軽い気持ちでインして急速に資金を減らすほど、無駄なことはありません。

上手なデイトレーダーは、その見極めが相当シビアだと言うことでしょう。

買いでインしたのに一直線に下落されたのでは、上手に損切りするなどほとんど無理です。

買ったらすぐ上がってくれて、その中で利幅をどれくらい伸ばすのか、それとも同値で降りるのか、それを考えるのが上手なデイトレーダーです。

特別売り気配と言う相場の魔物も、常にデイトレーダーを見張っています。

1日当たりトレード回数の鍵は?

と言う訳で、スキャルピングの回数が1日当たり何回がいいか?

その答えは、安定性があれば何回でも構わないと言うことになります。

安定性があるのなら、回数が多ければ多いほど儲かります。

不安定なトレードなら、回数は少ないほうが良いです。

損が少なくなる分、マシですから。

と言うより、トレードをしないほうが良いかも。

スキャルピングの鍵は、やはり安定性と言う結論です。

注目記事

テンキーの左手ポジションを覚える方法|入力速度でチャンスをつかむ?

エクセルのフィルターでトレードルールを探す方法|分析はこれが便利

東京オリンピックID登録メールが届かない?チケット実際にやってみた

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了

椅子のギシギシ音の直し方!10分解決潤滑油プシュ!オフィスチェア異音

クレジットカード デビットカードどこが違う?3分理解23項目一覧表

大人の英語勉強法動画8選|論より証拠5つの言語習得をめぐる注意点

関東の花火大会2019【時系列】一覧表で目的地3分決定!準備OK


広告