札証銘柄でデイトレードの実況中継|局所的値動きに注目しもぎ取る法

この記事は約6分で読めます。

札幌証券取引所と言えば東証と比べ、規模的にも知名度的にも今一つの印象。

しかし時折り急激に盛り上がる銘柄が出る場合があります。

今回はその例です。

売買代金急増の低位株でデイトレードをした際の記録。

スポンサーリンク

札幌証券取引所の銘柄でデイトレード

札証、つまり札幌証券取引所の銘柄でも、値動きが激しくなることがあります。

2017年~2018年で言えば、2928RIZAPの存在感がありました。

本日も今一つ冴えない全体相場の雰囲気の中、ライザップ株の売買代金急増ぶりが目立ちました。

このような日は、デイトレードでの隠れたチャンス銘柄になる場合があります。

短期売買をやっているいわゆる“短期筋” が、こぞって売買代金の集まる銘柄に集中することがあります。

とは言え、その日、その時の一過性のものであり、決して簡単に利益が出る訳ではありません。

あくまで、チャンスとリスクは背中合わせ。

相場に長く向かっていると、その恐さをいつも思い知らされます。

札証銘柄にありがちなこと

このようなチャンスに全く参加できないとなると、短期売買をしている者としては非常に機会損失を感じて焦ることもあります。

トレードは参加してこそ値動きが分かるようになり、経験則が蓄積される訳です。

もちろん、必ずしも実弾を入れて売買する必要はありません。

しっかり監視して値動きを調べるだけでも、得るものはあります。

しかし、いかんせん、札証の株は売買できない証券会社が結構多いです。

名証、福証も同様。

スポンサーリンク

買いを入れて初めて気づく取引不能

銘柄コードを入力し買いのボタンをクリックしても、「売買できない」的な表示が出てきてしまい、「あれ?ダメなの?」と言うパターン。

そうなると不思議なもので、以後、値動きを見ること自体をやめてしまうことがあります。

実弾投入が無理だと分かると、もう何も見ない訳です。

1枚カードが使えなくなると、全てのカードを捨ててしまいたくなる心理。

変なところだけ完璧主義で、1つ崩れると、全てをあきらめてしまう、この性格。

結果に結びつかない完璧主義は、実は少しも完璧主義にはなっていません。

トレードにおいては、完璧と言うのはあり得ないことであり、必ず損切りをする局面が出てきてしまいます。

デイトレードで使っていた証券会社は、たまたま札証銘柄が普通に取り扱えたため、本日のところは助かりました。

デイトレーダーが群がるとスキャルピングできない

本日のライザップ株は寄り付き直後、多くのデイトレーダーが群がっていたのでしょうか?

1ティックの利益を出すのも一苦労。

板が詰まっている低位株によくあること。

値が動いても、瞬時に空いた板に注文が補充されるため、1ティックの利益すら出すのが難しくなっているのです。

短期のトレードをしていると、このような銘柄には比較的頻繁に出会います。

買うにしても売るにしても、必ず自分より前に並んでいる人がいます。

スポンサーリンク

行列のできるスキャルピング銘柄は難易度高

チャンスだと思った瞬間に買いを入れても、必ず自分より先に注文を出している人がおり、結局のところ行列の一番後ろに並ぶ感じになります。

発注のスピードは、パソコンの部品を交換して反応速度を向上させたり、いろいろ設定して通信速度を速くしたとしても、個人では限度があるでしょう。

世の中には、“ナノ秒” で取引しているプロがいるのですから。

ナノ秒とは

ナノとは100万分の1を意味します。

1ナノ秒は100万分の1秒。

罰ゲームアトラクション

ディズニーランドか何かで並んでいて、あきらめて空いていそうな他のアトラクションに移ろうとしたら、移った瞬間に自分の前に行列が出来ている状態。

注文を取り消して、他に移るとまた最後尾へ。

これ、何かの罰ゲーム?

今までですと、この状態に嫌気がさし、自滅することも多かったのですが…。

ディズニーランドだったら、あきらめてレストランに逃げ込むパターン。

そこで、お金を使ってしまいます。

世の中はうまくできています。

スポンサーリンク

板読み売買は極小ロットで試してみる

長年株をやっていて、板読み初心者とはこれいかに…。

本日は目を皿のようにしてインのポイントを探していました。

極小ロットで練習。

結果は、成功率6割を超える程度。

1ティック抜きで勝率6割は厳しいです。

利幅が狭いので、どうしても損大利小になりがちになります。

発注システムではナノ秒トレーダーに勝てない

利幅が薄いと、分足一発大陰線を食らっただけで終了になってしまいます。

後でチャートを見比べつつ振り返ってみると、今一つ自分の思い描いていたトレードとは違うような…。

腕自慢のナノ秒トレーダーが入り乱れているとしたら、難しいのはやむを得ないと思いました。

インターネットを介し、個人でトレードをする限り、通常は発注速度にはあまり期待できません。

システムに高いお金をかける訳にはなかなかいきませんので。

そういう意味では、本日のライザップ株でトータルで負けなかったのは、単なるラッキーだったのかも…。

スポンサーリンク

下手な株取引は小学生の計算ドリル

他にも4592サンバイオなど、チャンスがありそうと思いつつインできない銘柄もありました。

値がさ株は躊躇しがちになります。

最小ロットで売買を繰り返すからこそ、練習したり検証ができる訳です。

いつまで練習と検証を繰り返しているのかと思いますが…。

トレードが下手ですと、こうなります。

気分的には、大人になってもまだ小学生の計算ドリルをやっている状態。

本日の宿題、やっと今終わった的な…。

大人が計算ドリルを解く屈辱

「こんな簡単なこと、オレは分かっている。

なぜこんな計算ドリルをやらなくてはいけないんだ。

さくらんぼ計算なんて、オレはやりたくない。」

そんな気持ち。

さくらんぼ計算とは

足し算や引き算の際、数字を分配しながら、計算しやすく数字を置き換えつつ計算を進める方法。

さくらんぼ計算の図

昔の小学生はこのようなさくらんぼの絵などは使わず、腕力で式変形をしたものです。

あるいは念力(?)で計算をしていました。

絵や図を活用するのは右脳の活用になるので、悪くはないと思いますが…。

そんなことを考えながら、引け間際に急騰した主力株、8766東京海上。

「ついに値がさ株でスキャしてみるか?」

「えいやっ!」と重い腰を上げ…。

こんなメガ主力銘柄でスキャるのは、本当に久しぶり。

やはり主力株で値幅を抜くのは至難の技。

5500円台の値がさ株で7円抜きを2回。

ナノ秒トレードのプロに今日のところはマグレ勝ち。

大儲けを夢見つつ、何とかここから脱したいと願う本日の相場が終わりました。

スポンサーリンク

11月19日のトレード結果及びポジション

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算270万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)2928RIZAPグループ、6222島精機製作所、7599IDOM、8766東京海上ホールディングス
(売建)なし
【デイトレード損益】+1.1万円
【スイングトレード損益】-0.1万円
【本日のトータル結果】+1.0万円
【今月の損益】-2.7万円
【持越ポジション】新規買建なし
新規売建1銘柄(主力株)
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし