短期売買で休むも相場をどう決める?資金の流れを見て手を引く方法論

この記事は約5分で読めます。

どんな時に相場から手を引くべきか?

短期売買においては “休むも相場” を実行するタイミングは大事。

資金の流れを見て的確に撤退。

効率の良いトレードにはそれが必要。

マザーズ、ジャスダック、東証1部との対比からの賢い判断。

それができればベストです。

スポンサーリンク

デイトレーダーが追いかけるもの

デイトレーダーに限らず、株をやっていたら求めるものは利益です。

会社を経営するのも利潤追求のためです。

利益を出しながら、それが結果的に他の人にも役立つのが理想。

しかし、損失続きでは存続が不可能。

赤字垂れ流しの企業も、損失だらけのデイトレーダーも、継続はまったくもって不可能です。

したがって、どうにかして利益を出さなければなりません。

鶏が先か卵が先か?

その答えはまず最初に利益。

それを手にする前に倒れ天国行きになったら、回復はできません。

いちおう人工呼吸はしますが…。

資金動向が定まる理由

皆が求めるべきものを求め、そのチャンスを探し続けることにより、マーケットの資金動向が定まります。

損を出すために株をやっているトレーダーは、ただの1人もいません。

そして、利益とは価格の差額ですので、値動きのないところには誰も集まって来ません。

ほとんど値動きがない銘柄で利益を出すことは、不可能ではありませんが、かなり難しくなります。

レバレッジをかければ良いかと言うと、必ずしもそうではありません。

買い板・売り板の薄いところでレバレッジをかけ資金を投入すると、自分の買いで値段が動いてしまうからです。

もともと値動きのないところで、しかも自分の買いで値段が上がってしまったのでは、降りることができなくなってしまいます。

このため、どうしても値動きの大きい銘柄を探す必要があります。

スポンサーリンク

新興株 VS 主力株

しかし、どこを探しても値動きの大きい銘柄が見つからない日もあります。

手詰まりな相場、との表現がありますが、言い換えればどの銘柄も値動きがパッとしない相場であることが多いです。

それでも人々の資金は行き場を求めて移動します。

どういう理由でどこに向かって資金が移動するのか、それを判別するのは難しいです。

しかし、前場・後場と終えてから、結果的にそれがわかることは良くあります。

例えば、本日の新興市場は今一つ冴えず、相場の核となりそうな銘柄も今一つ弱く、値動きが出ない印象でした。

ところが、引けてから振り返ると、東証一部の大型株は軒並み終値比でプラス。

前場早くからそれに気づいていれば、資金をそちらに振り向けることもできたかも知れません。

主力株に分のあった相場でした。

東証一部、主力大型株の値動きとは

大引け後に東証一部の主力大型株を振り返ると、前日終値比で+0.5~2%程度の銘柄が多いです。

これは明らかに新興株の銘柄に比べると、値動きが小さいです。

マザーズ、ジャスダックの売買代金上位15銘柄程度の銘柄を概観すると、+3~5%で引けた銘柄がゴロゴロあります。

もちろん値下がりしている銘柄も結構ありますが…。

このように大型株は値動きが小さいので、デイトレーダーとしてはどうしても利幅を取りにくいと感じがちになります。

もちろん大型株ですから、値動きが小さくても巨額の資金を投じて、結果的に大きな利益を出すことも可能です。

しかし、デイトレ資金30万円的な状態ですと、東証一部の銘柄に短期でインすることは得策とは言い難いです。

スポンサーリンク

どこでインするか?

結局のところ、短期売買の買いで利益を出す場合、分足チャートのどこでインすべきかは大別して以下のようになります。

分足チャートで利幅を取るタイミング

分足チャートのどこで利幅を取るか

実はこれはあくまで結果論で、分足チャートが出来上がってからの分類に過ぎません。

a、b、cは実は買いを入れる側でコントロールすることはできず、買ってみて結果的に3つのうちのどれだったかが判明します。

つまり、a≒b≒c です。

困った事に、気を抜いていると何かとc の状態になりがちになります。

c は一瞬の判断ミスで急落に巻き込まれますので、非常にリスキー。

出来ればa または b の位置でインしたいところです。

そして、d は逆張り、あるいは順張りの中の押し目買い。

d の場合には、これも困ったことに d<0 となることも多いです。

利幅がマイナス。

マイナスの利幅は、利幅ではなくて損失幅ですが…。

スポンサーリンク

資金動向を読む方法

本日のように日経平均が値上りしているのにも関わらず、今一つ新興市場が活況を呈さない日は、東証1部の大型株が一日を通して値上り状態になることが多いです。

値上がりと言っても、値幅が小さいので、資金が小さいデイトレーダーは“休むも相場” が賢いのかも知れません。

前場の午前10時頃にマザーズ・ジャスダック・東証一部の指数を見比べて、主力大型株が下がらないようであれば、休むと言う判断。

どっちにしろ、たいして利益が出ないのであれば、休んだほうが良いです。

無駄に手数を増やして失敗、大損することも多いですので。

やはり、デイトレードは午前10時前に引き上げると言うのが、一つの方法論なのかも知れません。

12月3日のトレード結果

一日中、新興市場で銘柄探しをし続け、東証1部大型株の堅調にも気づかず、無駄手間となった日でした。

午前10時過ぎには思い切り損切りを食らい、マイ転。

それを取り返すためにひたすら一日中、良さそうな銘柄を探し、インしてはやられ、利益が出ても薄利。

何とか、新興市場で急騰銘柄が続発する活況相場が来てほしいと思いました。

ここまで御託(ごたく)を並べておきながら、本日の利益が凄いです。

ご覧ください。

【デイトレード新規建売買代金合計】
(買建)概算400万円
(売建)なし
【デイトレード売買銘柄】
(買建)2479ジェイテック、3182オイシックス・ラ・大地、3627ネオス、3907シリコンスタジオ、3967エルテス、3996サインポスト、4287ジャストプランニング、4565そーせいグループ、4582シンバイオ製薬、6723ルネサスエレクトロニクス、7577HAPiNS
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.01万円
【スイングトレード損益】なし
【本日のトータル結果】+0.01万円
【今月の損益】+0.01万円
【持越ポジション】新規買建なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし