株価のリアルタイム|チャートは無料のトレードアプリ|5・1・0の法則

ティック足チャートの拡大図

スキャルピング手法の行き詰まり

株をやり始めたのが2004年ですから、相応の時間を投資に費やして来ました。

ある程度の知識も身について来ました。

しかし、いつまで経ってもデイトレードだけは上手になりません。

それを補うだけの中長期投資の力もありません。

今年、2018年はそこから脱却するため、一つの目標としてデイトレードの克服を目指しました。

ところがどうでしょう。

未だに結果はかんばしくありません。

春以降の手応えはまぼろしか

数年前まで、デイトレードでは5分足や3分足のチャートを使っていました。

しかし、いろいろ考えたり経験した結果、徐々に1分足チャートに変更。

なぜそうなったかと言うと、買いを入れてから3分と経たないうちに、含み損が大きくなってしまうことが度々あったからです。

それでは5分足や3分足を見ている意味がないじゃないですか。

1分足チャートをメインにしてから、それでも5年くらいはひたすら耐えていました。

それが今年の春先頃。

デイトレードで若干の手応えを感じたこともあった、5~6月頃でしたが…。

やはりトレード結果が安定しません。

監視チャートを1分足からティック足へ

インしてから1分と経たないうちに、ドカンと持っていかれることも度々ありました。

そうすると、1分足を見ている意味もないと言う結論に…。

1分足チャートの1本分が確定する前に、すでに損切りするかどうか迷っている状況に陥ることがあります。

すでに含み損でウンウン唸っているのに、1分足チャートを表示していても意味がありません。

損切りするかどうかの瀬戸際で、改めてチャートを見る意味がないです。

損切りが遅れてしまいますから。

その結論に達したのが先月末。

気づくのが遅いです。

どっちにしろ損するのだったら、チャートなど見ても見なくてもどっちでも良いと言う結論。

それで先月末頃からティック足チャートメインになりました。

デイトレード5→1→0の法則

ティック足チャートは、1個のドットが1約定を意味します。

1個のドットは点ですから、量としての時間を意味しません。

約定価格を示すのみ。

ちょうど、点の集合体が直線を意味するように、1個のドットはあくまで点としての時間であり、瞬間を意味するに過ぎません。

1個のティックは、時間単位はゼロです。

つまり、私のデイトレードは5分足に始まり、1分足、ティックの0分足へ、5→1→0の経過をたどっています。

ティック足チャート拡大図

ティック足チャートの拡大図
この図では、各ティックに横幅がありますが、実際はドットと同じ意味。

点の時間は“瞬間” を意味し、各ティックの横幅は量的な時間を意味しません。

そう考えたら、ティック足チャートを見ること自体、意味がないのではないかと思い始めました。

「これ、板だけを見て売買しても同じなのではないか…?」と。

下手くそであるがゆえに、目の前にあるデータが無意味に思えて、ついに板読み売買に行き当たったと言う訳です。

損切りに身構える日々

本日も、ほとんどティック足チャートは表示しているだけで、板の動きだけ見て売買。

本日で4営業日目。

今のところ4営業日、連続勝ち。

ワンショットが極小なので、笑ってしまうくらい微益ですが…。

どっちにしろ、そのうち大き目の損切りにならざるを得ないことはわかっています。

本日も昨日も、やばい損切りが何度かありました。

ティック足の板読み手法は最後のとりで

この、ティック足を表示だけしておいて、ほとんど板だけ見て売買すると言う手法。

ティック足チャートにも出来高の表示はありますが、板を食った注文の分が出来高として棒グラフになるだけです。

そうだとすれば、板だけ見て、食われた枚数を追っていれば同じことです。

相場の迷路でめまいが…

何だか、相場の迷路で完全に迷子になっているような気がします。

このやり方も安定しなかったら、もうデイトレードのやり方は迷宮入りになります。

デイトレードが安定すれば、スイングトレードでインする機会を減らせますし、トレード方法の分散にもなります。

本日もスイングトレードで買い持ちした株はギャップダウンしてしまい、朝から損切り。

デイトレードがもっとうまく出来れば、こういうのが減らせますから。

何とかここを乗り越えて、利益を出したいところです。

それまではとにかく極小ロットで頑張るしかない…と。


広告

11月13日のトレード結果及びポジション

本日の寄り付きでは、米国株の下落を受けて持ち株がギャップダウン。

米国株が急落したら、こういうパターンは当然なので、致し方ありません。

それも覚悟の上で持ち越している訳なので。

明日以降、相場のツキが味方してくれることを祈るばかりの秋相場となりました。

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算290万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)3655ブレインパッド、3788GMOクラウド、6548旅工房
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.6万円
【スイングトレード損益】-1.9万円
【本日のトータル結果】-1.3万円
【今月の損益】-4.9万円
【持越ポジション】なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告

関連記事:
株価チャートと株初心者のローソク足|直感的に見る3つのリスクとは?

世界の株価リアルタイム|チャートで判断する?私の全体相場判定法

トヨタの株価と日経平均のチャートを比較してみた|長期相場見える化

日経平均過去チャート20年分の日足を振返り買いポイントを分析してみた

日経平均チャート|トレンドの読み方|リアルタイム主力大型トリオ株

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 急騰してから下落する分足チャート

    デイトレーダーが注意すべき4つの盲点|私のスキャ経験則を明らかに

  2. デイトレードのスタート・ゴールと分かれ道

    PTSの株価ランキングでスキャルピングできたら?株式投資熱中症の恐怖

  3. 飛行機から急落下する人の図

    オカルト板読み同値降り2つの方法|引け後に出た一言がとんでもない

  4. 仕事の物理学的定義

    デイトレーダーの利益率はどのくらい必要?資金30万円特定口座でOK?

  5. 相場の森と言う名の生態系

    お金を稼ぐ株式投資と言う名の相場の森|木の枝わしづかみで助かる方法

  6. 経験則をどう身に付けるか

    株で1日1000円稼ぐ実況|デイトレ ネガティブ連鎖の闇を打ち破れ

  7. 空中を逆さで泳ぐ人の図

    スキャルピングのトレードで脳が侵された結果|引け後漏らす一言が凄い

  8. 損切りと大損の包含関係

    投資失敗の包含関係|3つのトレードコントロールで勝ちまくる方法論

  9. デイトレーダー生活|億りたい?無理無理!一日の必須の最重要項目とは?

  10. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株のスキャルピング手法で注意すべき症状|100勝10敗でとんでもない目に

  11. ホコリは下からは侵入しにくい

    米国株でデイトレのメリット|24時間株?手数料下げのチャンスを狙う

  12. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    マザーズ VS 日経平均の戦い|群がるトレーダーの動向を追う方法

  13. 利き手によるサービスの違い

    ティックトックの曲がウザい|1ティックの毒牙にハマりドイヒーなことに

  14. 売り・買い交換ボタンシステム

    株と欲とツイッターの日々|思わず手が出てブログ絶筆!何コレ恐い

  15. 値がそれほど詰まっていない板状況

    在宅副業?株価チャートを見ずに板だけでデイトレード12営業日目

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  3. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  5. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  6. 難しい上昇トレンドのチャート形状

    2019年7月第5週|日々のトレード結果|夏枯れ相場に様子見益なし?

  7. 同心円を追加した図

    2019年7月第4週|日々のトレード結果|参院選後に相場は動くか?

  8. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  9. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  10. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

広告
広告