資金30万円でトレードをする事のすすめ|0を増やし一人前になる法

この記事は約5分で読めます。

30万円の資金でトレードするか?

それとも3000万円か?

トレードの巧拙により結果は大きく変わります。

信用取引に関する規制緩和のおかげで、30万暴威があながち不利であるとは断言できない状況も。

小額資金が必ずしもディスられるとは限らない時代の到来です。

スポンサーリンク

デイトレード資金30万円で運用のメリット

30万暴威とは何か

暴威とはネットスラングで、ボーイ(Boy)の意味。

つまり、若造(わかぞう)のこと。

その言葉を初めて見たのは、2007~2008年頃だったでしょうか。

2ちゃんねるの株板で、生意気な書き込みをする者に対し、

「なんだコノ暴威は?」

「どうせ30万暴威だろ。」

こんな言い方をしているのを目にしました。

(最近は2ちゃんねるを見ていないので、その後どうなったのかは知りません。)

30万暴威とは、資金30万円の若造を意味する言葉です。

30万暴威の信用枠

30万暴威とは、当初は弱小資金の者をディスる語でした。

(「ディスる」とは悪く言う、下に見るの意味。)

30万円の小額資金では、投資をするには少額過ぎる印象があります。

当時、30万円で信用取引をすると、1日の建て代金は概ねその3倍まで。

90万円分を往復(買いと売り)させたところで、信用枠がなくなっていました。

つまり信用取引がそれ以上できませんでした。

90万円の株でしたら、1回買って売ったら終わり。

2013年“信用無限回転” が始まる

2013年からこの信用枠は、事実上撤廃されたのと同じになりました。

信用取引に関する規制が緩和されたためです。

これにより、たとえ30万円の資金でも信用取引を使えば、当日中に何回でも繰り返しトレードすることができるようになりました。

同一銘柄でも、別の銘柄でも。

この信用取引の規制緩和を称して、俗に“信用無限回転” などと呼ぶようになりました。

スポンサーリンク

現物株取引ではどうなるのか

ちなみに現物株ですと、資金の枠内で同一銘柄を1日に1回、買い・売りをすることしかできません。

これは現在でも同じです。

30万円の資金でしたら、30万円分の株を買って売るだけ。

それ以上の売買を繰り返したい場合には、別銘柄でトレードしなければなりません。

そもそも30万円で買える株には、限りがあります。

その上で同一銘柄につき1往復しかできないのでは、かなりトレードする機会が限定されてしまいます。

デイトレードをする場合には、信用取引を使ったほうが幅広い価格帯の銘柄で、より頻繁(ひんぱん)な売買をすることができます。

30万暴威の理由

当初、“ディスり” の対象であった30万暴威。

実はこの信用取引の規制緩和によって、以前に比べ、トレードの巧拙(こうせつ)が資金の増減に寄与するようになりました。

トレードが上手な人は資金が増え、下手な人は資金が減ります。

その度合いは、トレードの回数が増えれば増えるほど、より増強される可能性があります。

そうなると30万暴威は、もはや昔の彼ではありません。

30万暴威は昔の彼にあらず

確かに10年前の信用枠の制限があった状態でも、少額資金から資産を増やした人はいました。

成功する人は少ないながらもいて、トレードの上手さで乗り切ります。

これは株式投資の醍醐味でもあります。

そして、“信用無限トレード” のおかげでそのチャンスは増えたかのように見えます。

(もちろんその分リスクも増えた訳ですが…。)

とりあえずは30万円の資金でデイトレをし、1日に1万円を稼ぐ。

1万円ずつ30営業日、利益を出し続ければ、30万円は60万円になります。

ここで大事なのは、“れば” 。

業界用語“タラレバ” です。

注意喚起を促す危険な用語。

英文法で言うところの“仮定法” の一種。

「もし◯◯していれば、◯◯だったのに。」

利益が絵にかいた餅とならないよう、注意しなくてはなりません。

スポンサーリンク

3000万暴威のデメリット

運用資金が3000万円の場合、30万暴威の100倍。

0が二つ余分についただけです。

この事実は恐ろしいことです。

30万円でデイトレードをしていると、普通にそれが損失で消えてなくなることがあります。

そして、実は3000万円で株をやっていても状況は同じです。

にわかには信じられないかも知れませんが、本当の話。

信用取引をやっていたら、資金がなくなるだけでは済まない場合もあります。

レバレッジをかけてトレードしていて、大損した場合などです。

資金が大きいから損をしない等と言うことは、全くありません。

30万円を飛ばすのと同じ調子で、3000万をキレイさっぱり飛ばす可能性もあります。

300万以上を回すなら株主優待が比較的安全?

資金がなくなってしまう、あるいはそれでは済まない危険性があるのが株式投資。

トレードが下手ならやらないほうが良いです。

株の売買を極力しないで、両建てで株主優待だけもらおうとする行為。

これも資金を守るためなら“アリ” です。

そうやって時間を稼いでいるうちに、株式投資のコツを覚えるかも知れません。

資金が大きくなればなるほど、失う痛手は大きいです。

スポンサーリンク

運用資金別のメリット・デメリットまとめ

メリットデメリット
30万円なくなっても耐えられる増えてもうれしくない
300万円増えるとスゴイなくなると鬱
3000万円増えるとコガネ持ちなくなると白目・失神

こうして見ると、やはり30万暴威が有利との印象も…。

損をする前提なら、圧倒的に30万暴威が有利と言うことになります。

12月27日のトレード結果

とりあえず、デイトレで微妙に取り返しておきました。

もう今年はあきらめました。

2019年に期待します。

かなり控え目な売買でしたが、それでも買建総額が170万円。

資金30万円、現物株だったらほとんど無理です。

信用取引があって良かったです。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)3195ジェネレーションパス、4428リンク、6063日本エマージェンシーアシスタンス
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建)概算170万円
デイトレード新規建売買代金(売建)なし
デイトレード損益+1.1万円
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果+1.1万円
今月の損益-6.0万円
持越ポジション(新規買建)なし
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし