信用枠割れ株芸人ユーチューバーで生き残る方法を模索するのは有りか

この記事は約5分で読めます。

株で失敗したらその経験をブログにアップする。

ユーチューバーになる。

1つの資金ショートをしのぐやり方。

株芸人デビューです。

資金30万円割れに備えて、ブロガー・ユーチューバ―を目指しつつ、副収入に期待する。

株芸人の両建て人生。

それもアリなのかも知れません。

スポンサーリンク

デイトレよりスイング?

本日前場寄り付きでは、思惑通りに日経平均が反発。

スイングトレードは成功したかに思えました。

しかし前場早々、デイトレードで思い切り損切り。

含み損を耐えると言うのをやってしまいました。

ここのところ玉も厚くしていたため、ドカンと食らいました。

デイトレ資金30万円を割ってしまい、信用枠が消滅。

新たに資金を継ぎ足し信用取引を継続することも出来なくはありません。

しかし、今年の頭からそんなことを繰り返していて、キリがありません。

そろそろデイトレードは本格的に打ち止めにしたほうが良さそうです。

スイングトレードのほうもここのところ、システム障害とか、株式分割の株数で表示がおかしくて(?)誤発注とか、大きめの損失続き。

それでもスイング限定の年間収支はプラス。

結果から考えると、スイングトレードだけしていれば良かったと言う結論。

資金ショートでブログ飯

この際ですから、ブログで何とかご飯を食べられないかとか、図々しい事を考えるようになってしまいました。

どこかのブログに書いてありましたが「ブログで飯を食うなんて無理」、そう断言してありました。

ですが、ユーチューバーで億を稼ぐ人もいる位ですから、全く無理と言うこともないのではないか?

そんな夢を見つつ、本日の相場がまた前場中から下げ始めているのに気づきました。

スポンサーリンク

先物オプションの出番?

これ以上日経平均が下げると、スイングトレードのチャンスも出て来ます。

先物オプションの買いで大きな利益を叩き出すチャンスも…。

デイトレは絶不調ですが、相場の下げに乗じたリバウンド狙いのスイング。

損失を一気に取り返す“はかない夢” が頭をもたげてきました。

昨日の大引けで屑コールを買っておいて、深夜の高値で売り切れば1日で倍になっていましたから。

(仮定法。)

昨日は米国株が大幅リバウンドしたおかげで、日経先物もとんでもない反発でした。

しかし本日寄り付き以降、再びじわじわ下げてきて、正午時点のコールも昨日の大引け15時時点よりも下がっています。

もともとタイムディケイで、オプション買いの価格はすぐ下げます。

昨日から本日寄り付きまでの先物オプション・コールの22625円(225OP18/11C22625)を振り返りますと、

  • 昨日大引け時点61円(安値)
  • 深夜早朝の高値110円
  • 本日寄り付き68円

高値と言ってもジグザグ的な動きを経ての高値ですので、上手く売り抜けるのはかなり難しいです。

おそらく握力の凄い人で、深夜の高値まで耐えたとしても、そこで売ることは出来ません。

本日の寄り付きまで持ち越して結局数円しか取れない、などのパターンが結構多いかも知れません。

寄り付きで売ったとしても、10%程度は利益が出る訳なので、株よりも利幅は取れている計算です。

やはりもっと爆下げしたところでオプション買いでインして、一直線にリバウンドしてもらい、さっさと高値で売ると言うのがコール買い片張りの理想かも。

ユーチューバ―デビューか?

ここまで損失で追い込まれると、ブログで稼ぐとかユーチューブで稼ぐとか、オプション買いの爆益だとか、何だか悲しい夢を見る状況になってきました。

皮算用ばかりです。

ユーチューブは動画を撮影する趣味もないので、ハードルが高いです。

タレント性も求められますし。

やはり文章を書いてブログのほうが性には合います。

どうでも良いことをだらだら書くぶんには、何の抵抗もありませんので…。

私、普段、口数が少ないほうなので、その分、文章は冗長な傾向があるかも知れません。

当面、当ブログとしては、相場のリバウンドで回復するしかない状況。

昨日から早朝にかけてのリバウンドがあまりに大きかったため、当面はリバ取りは期待薄かも知れません。

日経平均があと1000円くらい急落したところで全力買いを狙うしかないかなと考えています。

なかなか思惑通りに行った試しがありませんが。

スポンサーリンク

下げはまだまだ甘い

主力の日本株は一部銘柄では日足で、連続した陰線も見られますが、まだまだ本格的なクラッシュ的な下げには程遠いです。

下げ相場では主力株が明らかにクラッシュしたところでないと、全力買いはできません。

夏までの相場は非常に強かったので、まだその影響は残っています。

かと言って、空売りで放置すると、昨日深夜のリバウンドのようなとんでもない担ぎ上げを食らう可能性もあります。

マザーズ指数がかなり下げ、個別の新興株では壊滅的な下げも散見されますが、“ガチの下げ” が来たらこのくらいでは済みません。

あともう少し下げてほしい、毎日そんなことを願いつつ、スイングトレードに二の足を踏む日々がしばらくは続きそうです。

本日のトレード結果

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算120万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)3356テリロジー、3907シリコンスタジオ
(売建)なし
【デイトレード損益】-7.3万円
【スイングトレード損益】+2.3万円
【本日のトータル結果】-5.0万円
【今月の損益】-16.0万円
【持越ポジション】新規買建2銘柄(新興株×2)
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし