株暴落!大損失敗明日は我が身|相場の本質は何が何だかわからない件

日経平均月足チャート30年分

誰しも悩みつつ迷いながらの株式投資。

読めないものを読もうとする、それが相場の世界。

何が何だからわからない値動きの不可思議。

そこについていって初めて利益が生まれます。

それがトレードです。



予測不能がデフォルトの株式投資

昨日に引き続き、某値がさ新興株が寄らずのストップ安張り付け。

2日連続はきついです。

買い持ちしていなくて本当に良かったとしか言いようがありません。

そもそもこういう場合、後付けで下落の理由が判ります。

株価と言うものは、たいていの場合、値動きの理由は後付け。

しかもその後付けの理由に「織り込み済みだったので逆に動いた」などと言う、意味のわからない理由もあります。

前もって予測すると言うのは難しいです。

ファンダメンタルを研究しても、突然の急落を予想することは困難。

結果が出てから動けば良いのか?

では、下がったところで買いを入れれば良いかと言うと、必ずしもそうではありません。

寄り付いてから、さらに下がることも少なくありませんので。

結局のところ、どんな場合においても値動きを確実に当てることができない、それが株。

別の銘柄ですが、同じく昨日寄らずのストップ安張り付けになっていて、本日やっと寄り付いた医薬品株。

ディフェンシブセクターの代表である医薬品の大型株ですから、こんなに下がるのはやりすぎに思えます。

よほど寄り付きから買っていこうかと思いました。

しかし、結果は見事に寄り付き直後、雪崩のような下落の分足。

買っていたら即刻大損でした。

やはり相場と言うものは観察が大事です。

わからないのであれば、観察だけしてれば良いと言う結論。

リバウンドし始めたかなと言うタイミングで、おっかなびっくりインしたところ、極めて狭い値幅ですが利益が出ました。

「これあり得ないだろう」と言うところまで“見てるだけ” でいて、そこからおっかなびっくりそっと手を出す。

損失を重ねると、このようなトレードしか出来なくなります。

利幅が薄ければトータルで利益は剥がれ落ちる

1回のトレードの利幅が狭いと、似たような事を何度か繰り返した後にドカンとやられて、トータルで損失となります。

コツコツドカン。

ですから、やはりもっと利幅が取れるトレードをしなければなりません。

わかってはいるものの、なかなか思惑通りには行かない相場の難しさ。

冒頭の銘柄は既に、場合によっては3営業日で半額かと言うレベルの下げ。

果たして明日はどうなるのでしょうか。

安い株を買い持ちたいと言う本能もあります。

本日引けでは、日中にデイトレードをした医薬品株を思わず持ち越してしまいました。

やはり安いと言う判断。

基準が無限に存在する相場

このような逆張り投資法は、これ以上は下げないのではないかと言う妙な安心感があるので、心理的に買い易いです。

しかし、経験則上、あまり利幅は取れません。

ですから、逆張り投資法も実はコツコツドカンに寄与してしまうかも知れない、微妙なトレードとも言えます。

そもそも、逆張り・順張りの区別は、自分本位の分け方です。

自分が逆張りと思っていても、長期投資の人からすれば順張りの押し目買いかも知れません。

つまり、順か逆か、買い易いか買いにくいかなどは、自分が信じている基準に対しての勝手な評価に過ぎないです。

結局のところ、いろいろな基準の中からどのモノサシを選び、実際に使うかの問題です。

考え方は無限通りあります。

それが相場の難しさであり、選択肢の多さです。

まだはもうなり、もうはまだなり。

何とも不可解で煮え切らない、それが相場の本質なのかも知れません。


広告

1月31日のトレード結果

本日もリハビリトレード続行。

今思えば、もう少し利幅が伸ばせたのではなかろうかと思います。

しかし、これが限界。

せめて持ち越したスイング玉が大幅ギャップアップしてくれることを祈ります。

PTSでは値上がりしているみたいでラッキー。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)4506大日本住友製薬
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) 概算23万円(現物)
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 +0.2万円
スイングトレード損益 なし
本日のトータル結果 +0.2万円
今月の損益 -8.7万円
持越ポジション(新規買建) 1銘柄(東証1部)
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
注目記事

デイトレーダーのブログ生活|負け記事8選“何コレひどい”追体験で損スキップへ

株式相場見通しは“閑散に買いなし”|出来高なしのノーポジ投資法!

株シュミレーション|分散投資とリスク・チャンスのデイトレード手法

投資失敗の原因は?相場の歴史100年と原始時代|ブログ終了確定でしょ?

デイトレーダー株大損!直撃被弾損切りが遅い!退場決定さようなら


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 運動場に上手く描けた白線のトラック

    日経平均の高値・安値とは?デイトレ風情が思う失われた30年の秘密

  2. 鉄の握力 分足

    株の売買代金推移と値動きの見方|鉄の握力デイトレの結果がとんでもない

  3. テンキーの文字配列

    システム障害対策|株式投資のコスパを考えた苦渋の選択がエモ過ぎる

  4. 値動きが激しい株について行った結果!図解!私のイン・アウトのポイント

  5. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    ローソク足の見方|初心者が思わずハマる3つのリスク|直感ヤバ過ぎ

  6. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    システム障害で株が売れない!とんでもない恐怖の儀式がこわすぎる!

  7. 含み損がつらい!耐えるコツは“行って来い”デイトレード複合ポジション?

  8. 3本の陽線上昇のチャート

    ヤフーリアルタイムの株価に一喜一憂した元リーマンのなれの果てが凄い

  9. ナンピンの意味|結論先延ばしと株式投資|最後尾マラソンランナーの焦り

  10. 2本の陽線上昇のチャート

    株の買い方は鉄の握力のイナゴ系!明日への希望をつかむ実力どんだけよ

  11. 押し目で握力勝負して負けたトレード

    株おすすめの買い方?握力を鍛え押し目でイン|パンツを忘れた結果は

  12. 20ヘクタールの広さ

    株をスイングで持ち越すブログ|読めなければ手が出せない3つの理由

  13. 価格上昇の不確実性

    株暴落時の買い方【要注意】握力で耐える恐怖と迷いのリスクコントロール

  14. 11本目の足まで作成終了のチャート

    スイングトレード手法は鉄の握力?S高狙いの安値売り!損切り狼狽売り

  15. 行って来いを日に3度耐える日々

    株初心者におすすめしない投資法|日に3度”行って来い”のトレードとは

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  2. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  3. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  4. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

  5. 2019年8月第5週|日々のトレード結果|S安助けてデイトレつれー!

  6. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  7. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 大坂なおみ 錦織圭【ハイライト動画】

  8. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  9. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  10. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

広告
広告