株のアルゴリズムの仕組みと個人の対策|ピコピコが生き馬の目を抜く?

夢に出て来る謎の男の顔

株のアルゴリズムにイライラした経験おありですか?

株の短期売買をやっていれば誰しも時折遭遇する謎のピコピコ発注。

逃げても逃げても追いかけて来る!

アルゴの見分け方、そしてそれを避ける方法、そして機械発注の有無を言わさぬ攻撃に打ち勝つやり方をまとめてみました。



株のアルゴリズム取引とは

株をやっていると、アルゴリズム取引に遭遇したと思うことがよくあります。

「これこそアルゴだ!」と…。

私の経験上では、出来高が薄い銘柄の場合が多いです。

なぜそう思うかと言うと、出来高が集まっている銘柄では、“アルゴ” が入っていても判別できない場合が多いからです。

出来高が厚い銘柄では板状況がガッチリ詰まっていますし、そこにピコピコと新たな発注が入り、あるいは取り消されても、トータルではそれを遥かに上回る発注が入ってきますので、目視では判別できません。

そもそもが“マイクロ秒” の発注ですから。

ところが、このアルゴ、閑散銘柄では憎たらしいほどに動きが目立つことがあります。

株のアルゴリズムのくせ

例えば、ある値段に100株の買い発注を自分が出すとしますと、それが板に表示される前に割り込む発注があります。

正確には、割り込んでいるのか、自分の後にくっついてきているのかはわかりません。

「あれ?」

と思って自分の買い注文を取り消すと、アルゴ(と思われる発注)も消えます。

同じことを繰り返すと、何度やっても自分の100株に割り込む(あるいはくっついて来る)状況。

5回くらいやったところで、「こいつは何かの機械的な発注だ」と気づきます。

株のアルゴリズムへの対策

経験上、上記のような出来高の薄い銘柄でアルゴに出くわしたと思った後は、勝率が良くありません。

含み益がほとんど出ないまま、ジリジリとやられることが多いです。

私の場合、他の理由もあって出来高の薄い銘柄はパスしています。

そのおかげで「アルゴにつき合わされた」と言う機会はあまり多くありません。

しかし、そう思うだけで、実際は気づかないうちに出来高のある銘柄でもアルゴにやられているのかも知れません。

出来高重視の銘柄の選びで、アルゴのいやらしい攻撃をかわしている気になっているものの…。

自分で勝手にそう思っているだけかも。

株のアルゴリズムは個人で組めるのか

そもそもがアルゴリズムとは、計算の規則を意味します。

計算の規則なら、コンピュータでなくとも組むことはできます。

人間の手発注でも、アルゴリズムはいくらでも組めると言うことです。

そう思って、私もトレードの規則を全て手順化するようにしています。

コンピュータとの違いは、その手順をこなすスピードが遅いこと。

目視と手作業依存ですから。

さらに、コンピュータは記憶力において人間の遥か上を行きます。

データを消さない限り、原則、忘れることはありません。

人間がその面で太刀打ちすることは難しいです。

自分の買いシグナル・発注をアルゴリズムにする

デイトレーダーによる手作業のメリット

人が勝てることと言えば、状況に合わせ柔軟に対応すること。

自分の計算の規則、すなわちアルゴリズムをいくつか用意しておき、様子を見て乗り換えすることができます。

機械の場合には、ルールに乗っ取った変更しかできません。

設定通りの動きしか出来ず、融通が全く利きませんから。

おそらく世を席巻するアルゴも、後ろに人間が立って監視する係の人がいる筈です。

アルゴの支配人係。

手動スイッチのオン・オフ係です。

そのアルゴの支配人の発展形、それが一般のデイトレーダーであるかも知れません。

デイトレーダーによる手作業のデメリット

しかし、いかに自分なりのアルゴを組んだからと言って、しょせんが人間のなせる技。

間違えてマウスをクリックしてしまい、フライングになることもあれば、発注が遅れて地団駄踏むことも…。

そういう経験を繰り返すと、どんどん焦ってきてさらに下手を打ったりします。

機械はそもそも計算通りの発注を正確に出せますし、焦ることもありません。

ここが人間の手作業が劣る点です。

デイトレーダーとアルゴの戦いは、いずれか一方が駆逐されるまで続きます。

果たして人間の手発注は、どこまで生き残れるでしょうか。


広告

3月11日のトレード結果

一日中チャンスを探して、ほぼワンチャンス。

少し気を抜いた隙に見逃しました。

そこで資金を全力投入していれば…。

トレードは常に後悔とのたたかい。

利益は紙一重。

損失も紙一重。

考えてみれば、デイトレとはミスプライスを探す行動。

アルゴも総出、デイトレーダーも血眼でそれを探しているとすれば、チャンスが少なくなっても致し方ないのかも知れません。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)なし
(売建)なし

デイトレード新規建売買代金(買建) なし
デイトレード新規建売買代金(売建) なし
デイトレード損益 なし
スイングトレード損益 なし
本日のトータル結果 なし
今月の損益 +2.4万円
持越ポジション(新規買建) なし
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし
関連記事

株用語”損切り”のやり方|1日を忍耐で乗り切るリスク調整|連敗回避

投資ブログ|株の損切りで1日が終わる男|ナノ秒アルゴを追いかけ

デイトレ買い手法改善?株ブログ、薄利も勝ち連発でニコニコがヤバすぎる

株デイトレ手法タイミング厳選1年|手動トレ駆逐の恐怖がわいらを襲う

株の失敗を防ぐやり方|気候と錯覚による先送り|手法改善の為の4選


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 1606日本海洋掘削 分足 概略図

    上場廃止株でマネーゲーム?株失敗を取返す?バケツリレーが恐すぎる

  2. 日経平均月足チャート60年分

    デイトレの利回りと株で儲かる淡い夢|利益3%で30万暴威が億り人?

  3. 4カ所の点を結んで長方形が完成する

    株の初心者が直感による売買を避ける方法|時間を味方につけて果実を得る

  4. X1から等距離の2点を決める

    両建てで稼ぐ株の手法?うねり取り戦略“買2売1”テクニックで儲かる?

  5. 早朝に返済売りのタイムスケジュール

    YouTubeで音楽や動画流しながら株やったらやっぱり損するよね

  6. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株の掲示板5選|おすすめ使い方まとめ|ツイッター恐るべし情報収集

  7. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    株の短期売買のコツ|値動きをめぐる5つの探求|私には無理でした

  8. デイトレードと言う名の砂漠

    日経平均株価予想|素直に日本経済についていくのが得策?短期売買克服法

  9. 株の予想に期待を含める事の危険性|アベノミクス恩恵値がさ銘柄も海の藻屑

  10. 順張りにおけるイン・アウトのポイント

    サバイブお金!30万円からデイトレ雪だるま式5つの方法|何これヤバイ

  11. 株の函数

    株チャート・テクニカル入門!3つの変数で自分独自のやり方を確立する

  12. 価格下落の不確実性

    サラリーマンが株をやる時の注意|行きつく先が2択だったら恐すぎる

  13. デイトレードと言う名の砂漠

    株情報をツイッターで集める方法5選|私の理想的タイムライン作成法

  14. ザラ場を図示すると…

    株売り時のルール!買5銘柄・売2銘柄、両建て主力株売りの手法を公開

  15. 2本の陽線上昇のチャート

    株シュミレーションはナンピン買いで素寒貧!こんなにもやられるのかよ…

健太郎 プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 急落を食らい真っ逆さまの図

    デッドキャットバウンスから脱出する方法|天国をめぐる3つの攻防

  2. 激しい値動きと単純なローソク足

    デイトレード スイング2019年5月下旬【日次収支】毎日15時更新

  3. 自動車依存度の棒グラフ【高い】

    株の買い方 パスする方法|私の2つの手数省略術|これで大損こきま…

  4. ローソク足(陽線)の始値・高値・安値・終値

    “夏北海道 冬沖縄生活” を実現する前に聞いてみたい5つの質問が切…

  5. 波間で溺れる人の図

    株のサイト|私が日常的に使っている6選|これだけでデイトレかよ!

  6. つなぎ合わせグラフの後、急落の図

    株で儲ける最も確実な方法とは?トンデモ結論と4つの理由これマジ…

  7. 湘南の混雑する地域

    関東の花火大会2019【時系列】一覧表で目的地3分決定!準備OK

  8. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    株の短期売買のコツ|値動きをめぐる5つの探求|私には無理でした

  9. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    株の本おすすめ|デイトレ対策ポイント6選|千本ノックで倒れない法

  10. 停滞し動かないチャート形状

    デイトレのコツ私見最新版|今さら結論6選|これでお金が減りました

広告
広告