スキャルピング投資のつもりが?利食い1損切り10絶望のデッドヒート

この記事は約5分で読めます。

利食いと損切りの比率。

これ、株式投資の一大テーマ。

利益が1で損切りが10の比率では、なかなか難しいです。

株式投資は比率との戦い。

戦いに敗れて落ち込むくらいなら、手を出さないほうがマシ。

生き残りをかけた壮絶なデッドヒート、それが株の短期売買です。



スキャルピングでトレーダーは生き残れるのか

スキャルピングは勝てません。

少なくとも私はそうです。

勝ちは1、負けは5、あるいは勝ちは0、負けは10。

勝てる訳ないじゃないですか。

10負けてから1ずつ取り返して行くのですか。

効率が悪すぎます。

私はスキャをおすすめいたしません。

銘柄の選びが悪いとか、インのタイミングが違うとかいろいろあるでしょうが、総合的に利食い幅が狭いと言うことは、相対的に損切り幅が広いと言うことです。

つまり効率は良くありません。

勝てるとしたら、ほとんど全勝状態じゃないと、一回の損切りでやられます。

(私の場合ですが…。)

こんな感じです。

スキャルピングで損切りをなぜ食らう?

スキャルピングで損切りをなぜ食らう?

早く損切りして打ち切ったとしても、他の銘柄でインして損切りを食らいますので、同じことです。

損切りを“超速” にしたとしても、効率の悪い取引を細かく分散して繰り返しているに過ぎません。

(あくまで私の場合であり、言うまでもないことですが、投資はご自身の判断で行ってください。)

東証ザラ場のモニター監視よりカフェで涼みたい

そんな訳で本日も例によって、思い切り一回の損切りで食らってしまい、一日かけてそれを取り返すためにデイトレードを繰り返すと言う、非常に時間を無駄にするトレードに終始してしまいました。

これでもかなり取返したほうです。

チマチマ、チマチマ取り返して行きました。

意味ないです。

そんなことに時間を取られ、相場にしばかれているくらいなら、カフェでお茶をしばいていたほうが良いです。

(カフェ、もうずいぶん行った記憶がありませんが。)

たまにカフェで勉強している人とかいますが、どうせ勉強が進まないなら、確かにカフェで参考書を見ながらボーっとしているほうが気がまぎれる分だけマシです。

以前はスタバで勉強とか、意味分からないと思っていましたが…。

カフェでボーっとしている人は正しい。

今さら気づきました。

大損することもないですし。

株式投資の1人デッドヒート

株をやっているとモニターを見ながら、マウスを握りながら、テンキーの向きを指で正しながら一日が過ぎ去ってしまい、しかも時間を忘れて前場・後場が過ぎ去っていきます。

こんな無駄なことはないです。

しかも損していますから。

無言でモニターを見つめて損切りの“1人デッドヒート”。

これ建設的ではありません。

これでも当人は必死ですから。

もう何年もテンキーとマウスばかり使っているので、たまに文章を打つと指がこんがらがって、タッチタイピングがちゃんとできません。

もちろんスマホでも上手く字を打てません。

短期の株取引ってこんなですから。

儲かっているか、損しているか、それだけの違いしかありません。

皮算用のプロによるリーマンショックのロスカット

株をやっているとそういう計算早いです。

算術計算、皮算用のプロです。

ブログを書いていると、損をすることがないので安心です。

気づいたら車一台分、損していたとか、ないですから。

株でリーマンショックのようなのが来たら、そんなの普通になります。

車と言っても中古の3万円のものから、フェラーリのような3000万円のまでありますので、人によって桁が違います。

もちろん私は中古3万円のほうですが。

億トレーダーなら数分で3000万消えるとか、十分あり得ますから。

もちろんそうならないように、ワンショットを小さくしたり、いろいろな工夫をするのでしょうが…。

リーマンショック級の下げなら、空売りをやれば逆に儲かるではないかと思うかも知れませんが、下手くその空売りでは上昇相場でやられますので、同じことです。

皮算用はブログに乗せる

株をやっている人は全員ブロガーになれば良いのではないでしょうか。

損切りなしの+1円のありがたみが非常によく理解できるようになります。

株をやっていたら100円の儲けの影に1000円の損切りが有る訳です。

それが“利食い1損切り10の絶望のデッドヒート” です。

本日も絶望のデッドヒートを終え、引けに厚めに買いポジションを持ち越してしまいました。

持ち越した理由は、そこそこ世界の指数が上がっているのと、日本株の新興株指数がにわかに上がりつつあるからです。

移動平均線付近で微妙に上昇と言う感じ。

3銘柄全て新興株持越し。

これでまた米国株が爆下げしたら大きくやられることでしょう。

そうなったら今月はマイ転になるかも知れません。

勝負のスイング持越しになりました。

株をやっていたらこんなことばかりです。

明日の寄り付きでの相場上昇を祈るばかりの引け後となりました。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)概算350万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)3491GA、4287ジャストプランニング、4393バンクオブイノベーション
(売建)なし
【デイ損益合計】-0.5万円
【持越決済】なし
【本日のトータル結果】-0.5万円
【今月の損益】+7.6万円
【持越ポジション】買建3銘柄(新興株×3)
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告