カルロスゴーンの件でミスタービーンが話題|想定外の渋い男マジかこれ

100円台と800円台における同じ銘柄の値動きの違い

カルロス・ゴーン氏の件

カルロスゴーン氏は、1999年、当時経営危機にあった日産自動車の再建計画に着手し、見事なV字回復を達成しました。

外部から来た経営のプロとして、厳しいコストカットを次々と断行。

日本の経営陣にはできなかった抜本的な経営改革を成し遂げました。

カルロス・ゴーン氏の逮捕による影響

カルロスゴーン氏逮捕が報道され一夜明けた本日。

日産の株価は昨日比で急落。

しかし、現時点では、日産自動車のトップが逮捕された割には終値前日比-5.45パーセントと、下げ幅は小さいです。

今後の日産自動車株の予想

これは一般論ですが、経営者のトップが逮捕された場合、捜査の進展具合によって結果(株価の動き)がかなり変わってきます。

会計上の問題などが、誰によってどのような過程を経て行われたのか、気になるところです。

現在は捜査中ですので、今後の発表を待つしかありません。

想定外!Mr. ビーンの株が急騰

Mr. ビーンとは

1990年代に流行ったコメディテレビシリーズ、ミスタービーン。

ミスタービーンはイギリス人のローワン・アトキンソン氏が演じる役名。

カルロス・ゴーン氏とミスター・ビーンは顔が似ている?

カルロスゴーン氏はもともとレバノン人。

国籍はフランス、ブラジル、レバノン。

ミスタービーンとは、国が違うのに、眉毛は同じ。

カルロス・ゴーン氏とミスター・ビーンの共通点

・どちらも頭が良い
・眉毛が豪快
・顔が目立つ(濃い)

お二人ともに頭が良いそうです。

世の中の一線で活躍する人は、なぜだか眉毛が豪快。

顔に説得力。

ミスタービーンの攻勢

飛ぶ鳥を落とす勢いの感もあったカルロスゴーン氏。

ルノー傘下に日産自動車の他、三菱自動車も手中に収めました。

まだ捜査中とは言え、ある意味、彼自身の株は急転直下の下落。

それに対して、急きょ、ローワン・アトキンソン演ずるミスター・ビーンが急上昇。

ミスター・ビーン株急騰|いつのまにかカッコいいおじさんに…

渋い男に変身?元ミスター・ビーンの男、ローワン・アトキンソン氏

急上昇株のMr.ビーン。

ツイッタートレンド上位。

ツイッタートレンドとは

ツイッターの中の、“ツイッタートレンド” と言う項目で、ランキング形式の流行ワードを見ることができます。

このツイッタートレンド上位に出て来た言葉は、リアルタイムで話題となっているワードと言えます。

ミスタービーンのトレンドに乗っておくべきでした。

大型株ではスキャルピングが難しい?

1ティックの期待値

昨日に引き続き、ひたすら板だけを見てインのタイミングを探しました。

ところが、900円台の大型株の場合、株価の刻みが0.1円単位であったりします。

スキャルピングで利益を出そうとしたら、0.1円~0.3円程度しか値幅が取れません。

100株で利益が+10~30円分。

(合計)+100円

5円とか25円ずつ利益を積み上げるのでは、相当の回数、トレードをしないと意味がありません。

ワンショット1億円くらいでインし、しかもHFTで無限回数の利ザヤを得ないと、難しいのでは…。

HFT(High-Frequency Trading)とは

ハイフリークエンシー取引、通称HFTとは、取引所のメインコンピューターに回線を直接結び(インターネットを介すると遅くなるのため)、高速の売買を瞬間的に繰り返すような取引。

目には見えないほどの速度です。

ワンショット1億円なら、1回のスキャルピングにつき2万円くらい利益が出ます。

売る時には分散して売らないと、特別売り気配になってしまうかも知れません。

おそらく機関銃のように発注を出しているのでは…。

私の極小ロットでは1回の利益が20円程度…。

それでも、ミリ秒単位で無限回数繰り返したら、凄いのですが…。

そんなに速くマウスやテンキーを操作することは、人間わざでは不可能。

手動スキャルピング|ある程度スカスカの板のほうがやりやすい

買い発注・売り発注などの板と板の間隔は、主力・大型株の場合には詰まり過ぎています。

ある程度は板の間隔が空いていたほうが、値動きが大きくなるので結果として値幅を抜きやすいです。

ただし、あまりにも板の間隔が空きすぎている銘柄は、もともと出来高が少ない場合が多く、かえって難しいかも…。

あくまで私の勝手な意見ですが…。


広告

11月20日のトレード結果及びポジション

板読み強し9勝1敗

板読みを始めってから本日で10営業日目。

1敗は、1営業日、トータルで微損。

この調子を維持したいと思います。

本日は、はやる気持ちを抑えつつ、チャンス待ちのチャンスなし。

同値降りを連発しました。

焦り気味になり、レバレッジをかけたい欲望が芽生えてきました。

ミスタービーン株で1ティック頂きたい、そう思った大引けです。

【デイ新規建売買代金合計】(買建)概算250万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)3956国際チャート、4398ブロードバンドセキュリティ、5542新報国製鉄、7201日産自動車、7864フジシールインターナショナル、8740フジトミ
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.1万円
【スイングトレード損益】+0.2万円
【本日のトータル結果】+0.3万円
【今月の損益】-2.3万円
【持越ポジション】新規買建2銘柄(新興株、東証1部)
新規売建なし
【含み益】-0.1万円
【225オプション】ポジションなし

注目記事:
アービトラージを日経レバETFで?デイトレパンピー羨望のまなざし!

ライザップ株価にデイトレーダー行列のできるスキャルピング開眼か?

ティックトックの曲がウザい|1ティックの毒牙にハマりドイヒーなことに

お金を稼ぐ株式投資と言う名の相場の森|木の枝わしづかみで助かる方法

株価のリアルタイム|チャートは無料のトレードアプリ|5・1・0の法則


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 損切りと大損の包含関係

    秋相場雑感|休むも相場で不確定的値動きを生き残る方法|何コレやばい

  2. スイングトレード手法|持越し2週空振り損失!含み益は絵に描いた餅

  3. 直近の日経平均、日足チャート、イメージ図

    トヨタの株価と日経平均で株の予想をするデイトレーダーの生活が辛い

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    日経レバETF|デイトレブログ想定外のアービトラージに羨望のまなざし

  5. 株の函数

    短期売買と信用評価損益率|私の見方|一寸先は闇相場“なにこれコワい”

  6. 波間で溺れる人の図

    ストップ安で株シュミレーション|手出し無用の難解値動きコイツはヤバい

  7. 25日移動平均線上方・下方乖離5%のバンド

    米国株を追いかけ日経平均に投資する私の方法|これで涙があふれました

  8. 株暴落vsスキャルピングはルールを守ってリスク回避|自制と撤退

  9. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    デイトレーダー消滅のフローチャート|短期筋駆逐で相場はエライ事に?

  10. 10本目チャートまで作成したチャート

    日経レバETF空売り|デイトレは狼狽、予想は下|月次損益確定

  11. 経験則をどう身に付けるか

    株式投資の資金運用|30万暴威のすすめ|0を増やし一人前のデイトレーダーに?

  12. 秋相場のアノマリー

    投資少額持ち株の行く末は2択|休場明けたら天国地獄?呆れた単純手法

  13. 退場のお知らせ

    株芸人ユーチューバーで生き残る方法|デイトレ資金30万割れをしのぐ男

  14. 某新興株、連続ストップ安4営業日目の日足チャート

    株失敗から来る心理的影響|4営業日連続ストップ安の恐怖がわいらを襲う

  15. デイトレ損切りの目安とは?HEROZ大損?損失雨ざらしでスイングに期待

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  3. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  4. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  5. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

  6. 難しい上昇トレンドのチャート形状

    2019年7月第5週|日々のトレード結果|夏枯れ相場に様子見益なし?

  7. 同心円を追加した図

    2019年7月第4週|日々のトレード結果|参院選後に相場は動くか?

  8. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  9. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  10. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

広告
広告