デイトレーダーの利益率はどのくらい?資金30万円特定口座でOK?

この記事は約7分で読めます。

デイトレの利益率はどのくらい必要?

デイトレーダーの見込む一日の利益についてまとめました。

1万円の利益を出すためにどのくらいの資金が必要なのか?

その目安は短期売買では避けて通れない問題の1つです。

スポンサーリンク

デイトレーダーの営業日とは

営業日とは、通常は企業などにおいて、営業を行っている日を指します。

株の売買をしているだけでは、普通は「営業」とは呼びません。

しかし、デイトレーダーにとってザラ場が開いている営業日の日数は、切っても切り離せない大事な要素です。

株の売買で生活をするためには、年間の営業日において、ある程度平均的に利益を出す必要があります。

つらい取引のほうがトータルで儲かる?

100日間ずっと損を出していて、101日目に大儲けをしてトータルで利益を出すと言うやり方は、難しいのみならず、精神衛生上厳しいです。

そのやり方のほうが良い、結果としてそのほうが儲かると言う説まで存在しますが、つらくてとてもやっていられません。

100日間じっと儲からずに耐えている間に、焦りまくってかえって変なトレードをしてしまいがちですから。

ですから、なるべくであれば平均的に儲けるほうが楽ですし、精神的な負担が少ないと言うことになります。

しかし、いわゆる「コツコツドカン」、100日間少しずつ儲けて、101日目に大損をしてトータル大負けと言うパターンも往々にして良くあるパターンです。

実はこのパターンによる“退場” が最も多いとも言われています。

株のデイトレードにおいて、一日平均の利益がいくらあれば良いかは、1年間の営業日を数えれば一目瞭然です。

年間の営業日日数

1月21日
2月19日
3月21日
4月20日
5月21日
6月21日
7月21日
8月23日
9月18日
10月22日
11月21日
12月19日
年間合計247日

(2018年の例。若干の誤差があるかも知れませんがご容赦ください。)

スポンサーリンク

一日当たり儲けの目標

営業日の年間合計を247日とすると、1日当たり1万円稼げれば、年間で247万円の利益になります。

そう考えると、株のデイトレードだけで生活するためには、概ね最低でも一日平均で2万円程度は稼ぐ必要がありそうです。

それでは、この1日当たり2万円程度を稼ぐためには、いったいどのくらいの運用資金が必要なのでしょうか。

デイトレーダーの必要最低運用資金

通常、デイトレーダーは1日に何度もトレードを繰り返します。

同じ資金を反復して信用取引で回転させるのは、デイトレーダーとしては当たり前のことです。

従ってあまり大きな資金はいらないと言うことになります。

株の初心者がいきなり大きな資金でデイトレードをすると、かえって危険です。

たとえ運用資金が30万円しかなくても、トレードが上手であればそれなりに稼ぐことができます。

一日に2万円程度を毎日と言うことになりますと、難易度は高いですが…。

あくまで「トレードが上手であれば」と言う条件つきで、不可能ではない数字と言うことはできます。

運用資金が30万円でも、信用取引で一単位が50万円以上の株も買えるし、どんどん買っては降りることの繰り返しです。

仮に運用資金が30万円、1日に2万円儲けるとすると、1日の利益率は、「利益÷運用資金×100」として計算し、概ね6.7%となります。

(2万円÷30万円×100≒6.7%)

+6.7%の複利で回したら、あっと言う間に大金持ちになれるではないかとお思いの方もいらっしゃるでしょう。

仮にこの6.7%が毎日のように達成できたとしても、実際には運用資金の額が増えれば増えるほど難易度が上がりますので、そうそう上手くはいきません。

小型株のメリット・デメリット

以下については、ある程度、銘柄選定の目が効くことが前提となります。

小型株であれば何でもOKとはいかないところが難しいところです。

小型株のメリット

小型株は値動きが大きいので、銘柄次第では利益率を大きくすることも不可能ではありません。

このメリットがどのような条件の上に成り立っているかは、板情報で買い板・売り板の厚さを見れば分かります。

板は非常に薄いですし、間が空いていて飛び飛びになっていることも多いです。

このため、運用資金が増えたとしても小型株に投入できる資金には限界があります。

しかし、少額の運用資金であれば、一日で6.7%は全く不可能な数字ではないと思います。

ただしそれを維持するのは難しいです。

危なっかしい薄い板の上に、小型株の値動きの大きさが存在していると言うことです。

小型株のデメリット

小型株では、1枚の板に数万円分しか注文が入っていない場合も多いです。

数万円分しかない買い板に、それ以上の金額の売り発注をぶつけて損切りすることはできません。

無理矢理に売ったら、自分の売りで値段が下がって大損しますから。

特別売り気配になって、とんでもない目に合うかも知れません。

また、出来高のない株でトレードしようとすると、いつまでたっても板状況が動かず、何もできなくなる恐さがあります。

小型株の値動きの大きさを享受するためには、銘柄選定の目がとても重要になってきます。

株の初心者が大きい資金でトレード?

いきなり株の初心者が運用資金3000万円でデイトレードを始めるなんて、私にはちょっとコワイ気がします。

利益が出ると言うことは、その裏に、どんどん損を膨らませてしまうリスクもあります。

このブログの他の記事を読んで頂ければお分かりのように、“コツコツドカン” が日常茶飯事ですから。

デイトレーダー成功の法則

少額の利益でも構わないので、毎日安定的に利益が出せ、しかもコツコツドカンも抑えられるのであれば、それで立派なデイトレーダーと言えます。

少額で儲けられる自信が十分についてから、運用資金を増やすのでも遅くはないです。

株で儲けようとして焦ることはとても危険なことです。

一つ確実なことを言いますと、株をやらなければ損をすることはありません。

損をしたくなければ、手を出さなければOKです。

スポンサーリンク

利益率は気にするべきか?

結局のところ、利益率がどのくらいかと言うのは、あまり気にする必要はないのかも知れません。

それよりも、営業日の年間合計において、トータルで利益が出ているのかが大事と言えます。

利益が出るようになってから、利益率を気にすれば良いと言うことです。

株をやっているとどんなに調子が良く利益が出ていても、ある日突然大損をし、見る見るうちに損を膨らませてしまうこともあります。

ですから、一般にデイトレーダーは普段の生活において、倹約家であったりします。

そして、数字を追いかけ、追いかけられる生活をいつも強いられるようになります。

損に対する恐怖をいつも抱えながら…。

それがリスクに飛び込んで報酬を得ると言うことです。

足元をすくわれないために

FXで大儲けをして億を稼いだ人が適当に散財してしまい、翌年に税金を払うことができなくて借金だらけになった、などと言う話を聞くことがあります。

たまたま運よく大儲けできても、そのようなリスクがあります。

やはり、いろいろな知識や経験則が必要です。

株の場合は、「特定口座・源泉徴収あり」にしておけば、そのような事態は避けることができます。

「特定口座・源泉徴収あり」とは

特定口座とは、証券会社が年間取引報告書を作ってくれる口座であり、開設時に選択をします。

特定口座では、源泉徴収ありとなしのいずれかを選択することができます。

源泉徴収ありを選択しておけば、確定申告を自分でする必要がなく、証券会社が税金の処理をやってくれることになっています。

一般口座とは

運用資金が“億” を超える凄腕のデイトレーダーの場合には、特定口座ではなく一般口座にしておいたほうが毎日税金を引かれることもなく資金効率が上がりますので、場合によっては一般口座でも良いのかも知れません。

その場合には、自分で取引に関する書類を作って管理し、確定申告をする必要が出てきます。

米国株でデイトレをするメリット|手数料次第で24時間トレードあり
米国株でデイトレードする場合のメリットなどをまとめました。 当ブログは日本株専門ですが、過去には隙あらば米国株への参入を考えていた時もありました。 税金 手数料 の問題がネック。 前者については解決されつつ...
特売り株対処法の大事なキモ|デイトレードのやり方コレ大丈夫ですか
株をやっていたらいつ何時、特売りに巻き込まれても不思議はないです。ある瞬間、急に特別売り気配になる可能性は常にあります。巻き込まれない保証はどこにもありません。やはりロットは小さ目に。様子見タイムも適宜織り交ぜ、運を味方につける必要があります。