シャラポワ日本に現る!ピーチの吐息に身もだえた嘘のような本当の話

3本の陽線上昇のチャート

ふってわいたような偶然。

彼女の吐息(といき)はピーチの香り。

あまりに突然の出来事で動転。

しかし意味もなくお行儀が良すぎました。

今となっては夢のよう。

テニスファンがおそらく信じられないであろうシャラポワと…。

胸にしまっておいた、嘘のような本当の話を公開します。


スポンサーリンク


麗し(うるわし)の美女、現る

ふと見るとひときわ美しい、背の高い女性がマシントレーニングを始めました。

私の目の前、2メートルと離れていない場所です。

そこにいる誰よりも、どの男性よりも背が高い、正真正銘麗しの美女です。

「この人誰だっけ?何か見たことある感じがするなぁ…。」

最初はそうとしか思いませんでした。

そのジム、もともと普段から外国人も多く、モデルみたいに綺麗な女性もたまに来ていたので、いちいち驚くほどのことではありませんでした。

そのまま自分もマシントレーニングを続けながら他に目をやると、何やら確かに見覚えのある人がいます。

忘れもしません。

私がかつてテニス雑誌で見ていた往年の名テニスプレイヤー、マルチナ・ナブラチロワ選手、その人です。

昔、テニス雑誌で見た有名人が目の前、3mしか離れていないところにいました。

慌てて今度はすぐ目の前、背の高い美しい女性、2mも離れていない場所でマシントレーニングをしている彼女を“二度見” してしまいました。

人生において、“二度見” をした経験は、その時を除いてほとんどありません。

ド素人一般人がプロにまみれる

「え?この人、だ、誰…?」

そう思った瞬間、全てがつながりました。

トレーニングルームに大量に流入してきた女性たち、全員がプロテニスプレイヤーでした。

そして、今、目の前でマシントレーニングをしているその女性が誰であるか?

全く実感がわかず、感動もあまりなかったのですが、その人こそ、マリア・シャラポワ選手でした。

シャラポワってどんな人?

【ユーチューブ動画】私の目の前に現れたマリア・シャラポワ選手とは?【ピーチの吐息】

欧米の選手は皆、一般人がいても全く気にしていませんでした。

日本人、それも一般人だらけのそのジムで、全く気さくにスター気取りもなく、普通の人と同じく筋トレをしています。

実は、東レのパンパシフィックオープン、以前は今とは別の会場で開催されていました。

私はその施設内に併設されているスポーツジムに通っていました。

少年時代は異常なまでのテニスフリークであったのに、テニスのことは頭からすっぽり抜けており、もちろんシャラポワ選手を見てもピンと来ていなかったです。

どうやら、試合が終わった直後の選手が、同じ施設内にあるジムに大量になだれ込んできた、それが真相でした。

ナブラチロワ選手はすでに現役を退いて時間が経っていましたが、現役選手のコーチとして同行しており、私の目の前で筋トレの指導をしていたと言う訳です。

お行儀が良いのは気さくさに欠ける?

その時、私と同様に周囲にいた日本の人々は、シャラポワ選手や他の選手に気づいた人も多くいた筈です。

しかし、誰も彼女たちに話しかけてはいませんでした。

「サインしてください。」

そんな人は私が見ている限り、1人もいませんでした。

英語が得意ではないと言う事情もあるとは思いますが、やはり、ここは日本。

皆、お行儀は良いです。

もちろん、私も目の前にいるシャラポワ選手に話しかけることもありませんでした。

じっと見ても失礼だと思い、普通にトレーニングをして、さっさとそのジムを出ました。

こういう態度が日本人は気さくでないと言う印象を与えるかも知れません。

でも、英語がぺラペラだったら、話しかけていたかも知れないと思います。

やはり、英語ペラペラ、大事です。

今だったら、「一緒にインスタの写真お願いします」とか、頼む人もいそうですが…。

当時は、スマホ以前の時代で、ケータイにまだカメラが付いたか付かなかったかくらいの時のお話です。

当時、私自身、そのようなことがあってもさほどの感慨がなく、同僚にもその話をしませんでした。

話をしても信じてもらえなかったかも知れません。

しかし、その後もシャラポワ選手の名声は遥か彼方まで飛翔しており、もっと大げさに驚いて同僚や周囲に話しておくべきだったと思い、今回ブログに書かせて頂きました。


広告

そこに至る経緯|テニスフリーク不遇の時代

当ブログ著者が遠い昔にテニスフリークであったことは、他の記事でも書きました。

それは非常に遠い昔の話であり、その後、長らくテニスには興味を全く失っていました。

その私の体を少し起こさせてくれたのが、一つには2014年の錦織選手の全米決勝進出。

そしてもう一つが2018年、大坂なおみ選手の全米オープン優勝です。

テニスフリークであった少年時代、私は自らの全神経をテニスに注ぎ、月刊のテニス雑誌3種類以上を毎号全て買うと言う“テニ基地” ぶりを発揮していました。

数年間は寝ても起きてもテニス。

近所の書店で売られている全てのテニス雑誌を、発売初日に買っていました。

当時、インターネットはまだ存在していなくて、得られる情報はテレビかテニス雑誌のみ。

今思えば何と情報が少なかったことか。

テニスフリークにとっては不遇の時代でした。

インターネット以前、どれだけ情報がなかったか

例えば、どんなに有力選手の話題の試合であっても、それが外国の試合であれば、ほとんどその映像を見ることはできませんでした。

1カ月も2カ月も遅れてデータとしての試合結果と、何枚かの写真をテニス雑誌で見ることが出来るのみ。

テレビのスポーツニュースでも、結果すら取り上げないような状況でした。

当時、米国のマジソンスクエアガーデンで開催されるような“マスターズ” と言うのでしょうか、ランキング最上位の選手を集めたグランドスラム(全英、全米、全仏、全豪)に次ぐ大きな試合。

そんな重要な試合であっても、内容を見ることはできませんでした。

唯一、毎週日曜日の夜11時頃から放映されるテレビ東京、“ワールドビッグテニス” と言う番組がありました。

30分間だけ世界で開催された、様々なテニスの試合内容を見ることが出来る、唯一のテレビ番組。

しかし、その映像も何カ月遅れで放映されていました。

そこまでテニス情報に飢えていた私が、なぜテニスに興味を失ってしまったか。

その理由はたくさんありますが、一つには、日本の“部活動” の上下関係のようなものに失望したことも、おおいにあげられます。

同僚女性にあそこをつかまれる

話を元に戻しましょう。

テニスに興味を失い、ウィンブルドンや全米オープンの結果すら知ろうともしないダメ人間に陥った私は、運動をする機会もなくなりました。

痩せ型体型だった私は、仕事をし始めてからは微妙に腹に脂肪がついて来ました。

ある日、同僚の女性に腹をグッとつかまれ、「最近、脂肪ついてきたんじゃない?」と言われたことがありました。

若い女性にそういうことを言われるのは、非常に効きます。

直後から私、ジムに通い筋トレを始めて体脂肪は程なく落ち、数年後には逆に

「最近どんどん顔がやせ細っているよ、大丈夫?」と心配される位になりました。

大丈夫も何も週2でジムに通い、水泳の後に筋トレしているくらいでしたから。

私、何かをやり始めると冴えないながらも結構続く性格で、長きに渡りジム通いを続けていました。

100人入ってもOKのスポーツジム

その通っていたジムで体験した出来事が、冒頭のお話です。

その日、確か日曜日だったでしょうか。

夕方6時~9時の間の出来事だったと思います。

通っているスポーツジムでマシントレーニングを続けていると、にわかにガヤガヤと騒がしくなり、大量の人がそのトレーニングルームに入ってきました。

振り返ってその人達を見ると、全員が女性です。

これ、適当な嘘話ではありません。

しかも、その大量の女性たちは全員が欧米人でした。

少なくとも20~30人。

中には背が高く均整のとれたモデルのような女性もいて、私も含めてたくさんの人達が

「一体何なんだ、何が起きたんだ?」と言う顔で彼女たちを振り返っています。

そのジムのトレーニングルームは当時、おそらく都内でも屈指の広さでした。

マシントレーニングの機材やエアロバイク、バーベルやダンベルなどの機材は古いものが多かったのですが、種類も多く充実していました。

エアロバイクだけでも15台か、それ以上、置いてありましたから。

ですから、20~30人がいきなり入ってきて総勢100人くらいになっても耐えられる余裕がありました。

実際、トレーニングルームだけで学校の体育館くらいの広さがありましたので。

(その後、縮小されましたが…。)

シャラポワのすぐ傍を通りすがったあの一瞬は、忘れられないなぁ…。

関連記事

全豪オープンテニス2019大坂なおみ|とんでもない結果に?大丈夫なのかよ

大坂なおみ全米オープンテニス優勝【決勝2018動画】セリーナウィリアムズ戦

大坂なおみ国籍はどうなる?彼氏は?半端ないCM、スポンサー争奪戦開始

大坂なおみ2018全米オープンテニス決勝へ【インタビュー動画】東京オリンピックどうなる?

大坂なおみの日本語はガラスの仮面でできている|80年代燃え尽き症候群とは

大坂なおみのインスタがかわいい|10年前からCMに出られる逸材だった?

全米オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 利き手によるサービスの違い

    全豪2019フェデラー・ナダル・ジョコビッチ【全試合動画】ハイライト

  2. 利き手によるサービスの違い

    大坂なおみ全米オープン優勝【決勝2018動画】セリーナ戦速報がヤバい

  3. オーストラリア・メルボルンの位置

    全豪テニス錦織圭速報|レジェンド解説者が真っ向から…何これひどい

  4. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    大坂なおみ2018東レパンパシ決勝【動画】ドアップ接写スゴかった

  5. 運動場に上手く描けた白線のトラック

    全仏オープンテニス 2019 錦織圭 大坂なおみ【ハイライト動画】

  6. 正確な長方形の4頂点をどう決めるか

    大坂なおみ元コーチ サーシャベイジンのギャラは?振返りつつさようなら

  7. 4カ所の点を結んで長方形が完成する

    大坂なおみ二重国籍問題の決着は?速報トンデモ論争勃発!こいつはヤバい

  8. ネットプレーヤーがコートカバーをする範囲

    テニス錦織速報|フェデラー・ナダル・ジョコビッチに負ける4つの理由

  9. カフェの看板を見上げた空の図

    ウィンブルドン2019速報ハイライト|剛腕の乱で錦織健闘!動画満載

  10. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    全豪オープンテニス2019錦織圭・大坂なおみ【全試合動画】ハイライト

  11. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    大坂なおみのインスタがかわいい|10年前からCMに出られる逸材だった?

  12. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    大坂なおみインタビュー2018世界を取る前夜【動画】20歳の準決勝

  13. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    大坂なおみの日本語は“ガラスの仮面” 製?80年代燃え尽き症候群とは

  14. 経験則をどう身に付けるか

    大坂なおみの祖父が凄い!60貫の寿司を孫娘がペロリ?根室で微笑む

  15. ネットプレーヤーがコートカバーをする範囲

    全豪オープンテニス2019大坂なおみ|とんでもない状況が始まりつつある

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  2. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  3. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  4. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

  5. 2019年8月第5週|日々のトレード結果|S安助けてデイトレつれー!

  6. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  7. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 大坂なおみ 錦織圭【ハイライト動画】

  8. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  9. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  10. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

広告
広告