百貨店の株主優待値引き対象廃止でロレックスを安く買う方法を考える

この記事は約4分で読めます。

ロレックスを百貨店株の株主優待で割引。

知る人ぞ知る裏技は廃止されつつあります。

ロレックス等を含む特定の商品が対象外になるとは言え、10%割引のお得な優待システムはあくまで温存。

ポイントは株トレードに勝ち、デパート株の優待を使い倒す投資法なのかも知れません。

廃止?追えば逃げる|百貨店の株主優待でロレックス購入

世の中、おいしい情報はこっそり味わわれ、いつのまにか廃れていきます。

ロレックス等の高級腕時計が1割引きで買えた案件も同じ。

軽く1割引きと言いますが100万円の1割は10万円で、300万なら30万。

そんな値引きがあり得た日には、百貨店の優待株は途方もない高利回り株へと大化けします。

しかし、現実はそうそう甘くありません。

おカネがたまって「ロレックス買うか?」なんて色気を出し、気づいた時にはお得な株主優待案件は露と消えています。

どうもお目当ての商品は対象外になりつつあるようです。

詳しいことはご自分でお調べになってください。

各百貨店のホームページで。

百貨店の株主優待、割引10%を軽く考えてはいけない

「追えば逃げる、逃げれば追う。」

それが高級・高額・ハイグレード商品と言うもの。

某大臣が高価なスーツに身を包んでいるなんてヤッカミ混じりの記事が出る頃には、彼の腕時計がいくらするかなんて誰も想像に及びません。

庶民にはスーツの値段に目を向けるのが精一杯。

考えも及ばない高級・インフレ・ハイグレード案件(腕時計)は記事にもならないと言う訳です。

ところが、事と次第によっては、腕時計価格がイコール・サラリーマンの年収額。

そんなことを知らされたあかつきには、百貨店株の10%引き優待で5万円割引いてもらって腕時計を買うと言うアイデア。

「いいこと思いついた」なんて言っている自分が愛おしくなります。

初心者投資家、やはりロレックスは勝ててこそ

もちろん私にはロレックスなんて買えません。

デイトレで勝てないからです。

追いかけても追いかけても、高級・高額・ハイグレード案件は逃げていきます。

そしてただ時間だけが過ぎ去っていき、デイトレで負けたと言う悲しい現実が残る訳です。

勝ち組デイトレーダーならロレックスの1つや2つ、駄菓子感覚で買えるのかも知れません。

そうだとしたら、1割引き30万円相当の割引も可能かも知れないと言う、百貨店株のガチホールドを試すのも悪くはないのかも。

儲かったら私も試してみます。

まずは百貨店株を。

株をやっている者としては、それが金運を呼込み、安くお買い物をする方法の代表格です。

価格推移安定系、百貨店の株価に思うこと

百貨店株は、おカネが余っていて相応の金額を百貨店に落とす人なら、超硬超絶・高利回り株にもなり得ます。

株価の価格変動は割と穏やか系。

百貨店株は普通に安定利回り良好株です。

ロレックスが対象外で買えずとも、他にいくらでもブランド品、高級品はありますので。

株主優待カードを引っ提げて百貨店めぐりをするのは、株をやっていたらいつかはやってみたい目標です。

まずはお腹を満たしたい

とにかく明日以降の相場で、デイトレで大儲けするなどと言う不遜なことは申しません。

デイトレは甘くない。

大事なのはオマンマです。

食費ですよ食費。

食費の2万7千5百円。

ええ。

私一人だったらそのくらいしか食べません。

この2万ナンボの確保。

それが第一。

明日5月初日の営業日において、まずは食費を確保すること。

腕時計がどうのうこうの、ロレックスがどうのこうのではありません。

わがまま言いません。

そういうお話は財務担当の偉い人にお任せしたいと思います。

ゴールデンウィーク前半終了時点の心づもり

言いたいことは、食費・生活費・低エンゲル係数。

それを主眼にデイトレ敢行。

意味わからないですがそういうことです。

株に負けプレッシャーだらけの不条理の中でも、次のデイトレードでは勝ちたい。

そういう心づもりで、百貨店株の長期ホールドが出来る投資家を目指したいと思います。