ニューヨーク証券取引所の場立ちだった女性トレーダーはどこ行った?

この記事は約4分で読めます。

ニューヨーク証券取引所の意外な歴史と現在の男女構成比。

あまり知られていないことですが、米国ウォール街は長らく、数において男性優位。

暗黒の時代から現在の華々しいNYSEまで、時を経てキュートな女性トレーダーが出現。

しかし、2020年3月23日、ついにNY証取は取引フロアを一時的に閉鎖し、完全な電子取引に移行。

コロナ禍のおかげです。

華やかな女性フロアトレーダーはどこへ。

スポンサーリンク

ニューヨーク証券取引所が完全な電子取引に【2020年3月23日】

NYSE(ニューヨーク証券取引所)でトレーディングフロアを一時的に閉鎖し、全面的な電子取引に移行することとなりました。

新型コロナウイルス騒動による配慮です。

NY証取の立会場は閉鎖となり、いわゆる場立ちトレーダーは完全消滅。

実は、2020年3月、関係者2名がコロナウイルス陽性と判明していました。

これを受けてのことです。

電子取引は維持されますので、売買自体に影響はありません。

さて、唯一残されていた女性フロアトレーダー(下記)は一体どこへ?

ウォール街を見れば相場がわかる

今までのNYSE【2018年6月のニュース】

【ユーチューブ動画】華やかな服装で取引所を闊歩する女性トレーダー

超ミニスカート!

パンツスーツじゃないの?

固定観念、打破すべし。

トレーダーは英語ぺラペラ?

女性のトレーダーと言うとパンツスタイルで決めた、英語ペラペラの外資系投資銀行の方を想像します。

英語ができないと、ネット情報も日本語だけに限られてしまうので、英語ペラペラは大事な要素。

しかし、超短期の値動きにのみ着目している零細個人トレーダーですと、英語ペラペラでなくてもOK。

ツイッターで英文解釈教室

ツイッターでリツイートされて回ってきた英文に、「何だコレ意味わからない!」となる経験はよくあります。

短文なのに英文解釈とはこれいかに。

まことに残念。

そして、出来る女性がパンツルック、それは過去の話。

スポンサーリンク

NYSEの華やかな時代…

この真紅のドレスの女性は23歳、フロアトレーダーと言って、昔の日本ですと「場立ち」と言いまして、身振り手振りを交えて大きな声を発していたご職業。

今や日本では、完全にコンピューターに取って変わられました。

ニューヨーク証券取引所では例外的に、電子取引に並行してこの「場立ち方式」を残していました。

昔の「頂点の」日本では、このような体に張りつくような原色系のドレスを着た女性が、そこいらじゅうにいたものです。

でも、このような女性が横でトレードしていたら、気になって値動きに集中できなさそう。

隠されたNYSEの裏事情

一見、華やかに見えるニューヨーク証券取引所。

上記の動画の中で「証券取引所は昔も今も男性ばかり。ただし、第二次世界大戦の期間を除いては…。」

との説明が入ります。

第二次世界大戦中は、全員が女性に入れ替わりました。

「全員が?」

そうです。

それが戦争と言うことなのでしょう。

そして、戦争が終わると再び男性が戻りました。

いささか恐い現実。

NYSEの今

ニューヨーク証券取引所では、今も男性ばかりです。

ちょっと意外ではないでしょうか。

この赤いドレスの女性が、唯一のフルタイム・トレーダーでした。

米国、それもニューヨークのド真ん中のお話としては予想外。

ですが、時代の変化を感じる一つのできごとがあります。

NYSE、ニューヨーク証券取引所の社長(最高執行責任者COO)は、ステーシー・カニンガム氏、初の女性のCOOでした。

スポンサーリンク

唯一の女性トレーダーはシュール

唯一の女性トレーダーによりますと、

「新しい変化を本当に信じています。

ステイシー・カニンガムが新社長になって、私のストーリーも女性がこの場に来るのを勇気づけていると思います。

5年前には考えられなかったこと。

驚くべきシュールです。」とのこと。

シュールと言う単語の意味がわからなくて、辞書を引きました。

引いても意味、わからなかったですけど。

米国株は史上最高値圏

華やかついでに、ニューヨークダウ、ナスダック、S&P500も高値圏。

  • NYダウ:史上最高値目前
  • NASDAQ:史上最高値更新
  • S&P500指数:史上最高値目前

一言、言わせてください。

「コロナショックはどこ行ったんだよ!」

「ミニスカートのトレーダーを戻してくれ!」

いやはや、実におめでたい。

これぞ驚くべきシュールに違いありません。

女性トレーダーのあのスマイルを胸に、今日も相場に向かうとしましょう。