ミニスカのNY証取女性トレーダーが消滅!ウイルス騒動で見納め動画

この記事は約4分で読めます。

ニューヨーク証券取引所の意外な歴史と現在の男女構成。

実は男性優位の米国はウォール街。

暗黒の時代から現在の華々しいNYSEまで、長らくの時を経てキュートな女性トレーダーが出現。

しかし、2020年3月23日、NY証取は取引フロアを一時的に閉鎖し、完全な電子取引に移行。

あの華やかな女性トレーダーはどこへ。

ニューヨーク証券取引所が完全な電子取引に【2020年3月23日】

NYSE(ニューヨーク証券取引所)でトレーディングフロアを一時的に閉鎖し、全面的な電子取引に移行することとなりました。

新型コロナウイルス騒動による配慮とのこと。

NY証取の立会場は閉鎖となります。

2020年3月、関係者2名がコロナウイルス陽性と判明。

これを受けてのことです。

電子取引は維持されますので売買自体に影響はありません。

さて、唯一残されていた女性フロアトレーダー(下記)は一体どこへ?

ウォール街を見れば相場がわかる

今までのNYSE【2018年6月のニュース】

【ユーチューブ動画】華やかな服装で取引所を闊歩する女性トレーダー

超ミニスカート!

パンツスーツじゃなかったのですか?

固定観念、打破されました。

トレーダーは英語ぺラペラ?

女性のトレーダーと言うとパンツスタイルのスーツで決めた、英語ペラペラの外資系投資銀行の方を想像します。

英語ができないと、ネット情報も日本語だけに限られてしまうので、英語ペラペラは大事な要素かも知れません。

しかし、超短期の値動きにのみ着目している零細個人トレーダーですと、英語ペラペラでなくてもOK。

ツイッターで英文解釈教室

ツイッターでリツイートされて回ってきた英文に、「何だコレ意味わからない!」となる経験はよくあります。

短文なのに英文解釈とはこれいかに。

筆者、まことに残念です。

そして、出来る女性は必ずパンツルック。

NYSEの華やかな時代…

この真紅のドレスの23歳の女性はフロアトレーダーと言って、昔の日本ですと“場立ち” などと言いまして、身振り手振りを交えて大きな声を発していたご職業。

今や日本では、完全にコンピューターに取って変わられました。

ニューヨーク証券取引所では例外的に、電子取引に並行してこの“場立ち方式” を残していました。

昔の“頂点の” 日本では、このような体に張りつくような原色系のドレスを着た女性がそこいらじゅうにいたものです。

でも、このような女性が横でトレードしていたら、とてもではありませんが気になって値動きに集中できなさそうです。

華やかなNYSEの裏事情

一見、華やかに見えるニューヨーク証券取引所。

上記の動画の中で、「証券取引所は昔も今も男性ばかり。ただし、第二次世界大戦の期間を除いては…。」

との説明が入ります。

第二次世界大戦中は、全員が女性に入れ替わりました。

「全員が?」

そうです。

それが戦争と言うことなのでしょう。

そして、戦争が終わると再び男性が戻りました。

いささか恐い現実です。

NYSEの今

ニューヨーク証券取引所では、今も男性ばかりです。

この事実、ちょっと意外な感じがします。

この赤いドレスの女性が唯一のフルタイム・トレーダーでした。

これ、米国、それもニューヨークのド真ん中のお話ですから。

ですが、時代の変化を感じる一つのできごとがあります。

2018年現在、NYSE、ニューヨーク証券取引所の社長(最高執行責任者COO)は、ステーシー・カニンガム氏です。

初の女性のCOOです。

唯一の女性トレーダーはシュール

唯一の女性トレーダーによりますと、

「新しい変化を本当に信じています。

ステイシー・カニンガムが新社長になって、私のストーリーも女性がこの場に来るのを勇気づけていると思います。

5年前には考えられなかったこと。

驚くべきシュールです。」とのこと。

シュールと言う単語の意味がわからなくて、辞書を引きました。

引いても意味、わからなかったですけど。

2018年の米国株は史上最高値圏

華やかついでに、ニューヨークダウ、ナスダック、S&P500も高値圏。

  • 史上最高値目前
  • NASDAQ:史上最高値更新
  • S&P500指数:史上最高値更新

2018年の相場はおめでたかったのです。

これぞ驚くべきシュールでした。

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)概算80万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)2191テラ、3776ブロードバンドタワー、4707キタック、6556ウェルビー、8023大興電子通信
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.5万円
【スイングトレード損益】なし
【本日のトータル結果】+0.5万円
【今月の損益】+11.9万円
【持越ポジション】なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし