手法

特売り手法の歴史

特売りとは市場において、もっとも恐るべきドカン下げの事象。 ある時、株価は顔面蒼白をもって、がんじがらめとなります。 別名、特別売り気配。 丸腰でこれにハマり込みますと、逃げるに逃げられず、指をくわえてモニターを眺めるのみ...
手法

確率計算による値動きの洞察

値動きを求め、値幅を少しでも多く取りたい。 これが相場と向き合う人の本能。 しかし、利益あるところにリスクあり。 値が動けば動くほど、危険性は増すのであります。 すなわち、ハイリスク・ハイリターン。 言い換えれ...
手法

もっともキテいる銘柄に乗る方法

当方が、以前より、そして現在も力を入れている手法。 それは、もっとも来ている銘柄に乗る、と言うことであります。 これによって、全てが半ば、自動的に上手く回ります。 逆に言えば、このもっとも来ている銘柄を探し当てることができ...
手法

迷宮相場からの脱出戦略

資金力は多ければ多いほど良い。 あらゆる分野において存在する、この原理。 何をやるにせよ、資金が少なくて有利になることはほとんどないのであります。 しかし、トレードにおいては、図体のデカさが不利に働く場合もないことはありま...
手法

先物についていく方法

先物がなぜ急騰するのか。 そう考えると謎は深まるばかり。 仕方ないので、後付けの説明を考えたり。 しかし、後付けはトレードに意味を持ちません。 先んじて値動きを察知する必要あり。 では、何を持って先んじれば良い...
手法

相場の幸運を拾う法

幸運を拾えてうれしくない人はいません。 しかし、相場においては、そんな素直な心だけでは足りません。 サプライズを喜んでいるだけでは、利益は増えないのです。 あえて幸運をつかみに行く。 つかんで離さない。 利益の...
手法

トレードで勝てない最大の理由

トレードで負ける最大の理由は、多くの場合、負けが大きくなること。 全く勝てない訳ではありません。 トータルで見て、負けのほうが大きくなってしまう。 そりゃあ、退場するわな。 言い換えれば、個別の勝ちなど意味がありませ...
手法

ボラが大きい銘柄で勝つ方法

デイトレードにしてもスイングでも、ボラティリティの重要性。 ボラさえあれば、そこに勝機があります。 ボラのないところで勝負するほど効率の悪いことはありません。 なぜボラか? 足元をすくわれることはないのか? 当...
手法

下げ相場を察知する方法

下げ相場と言う語に明確な定義なし。 しかし、明らかな下げ相場は、厳然と存在します。 その入り口をいかに早くキャッチし、次の手を打つか。 この重要性。 下げ相場の入り口がわかれば、持ち株を手放したり、空売りをするなど、...
手法

リバウンドの危険性

下げ相場のリバ狙い。 多くの人がこのリバウンドを虎視眈々と狙っています。 このリバ狙い、何となく、格好良い感じがします。 しかし、実際は場合によってはとんでもない目に合うこともある、リスク高めの手法であります。 リバ...