フラッシュクラッシュで儲けた

この記事は約3分で読めます。

最近、証券会社ごとに様々な株発注ツールが準備され、昔に比べるととても便利になった感があります。

この株ツールの利便性は、一体何を生み出すのでしょうか。

私たち個人トレーダーの利益に、一体どのくらい貢献してくれるのでしょうか。

科学技術が進化すればするほど、儲けやすくなるのであれば、うれしいことです。

現実はそうそう甘くはありません。

日々変化する相場に追いついていく意味では、発注システムの進化を無視することはできませんが。

スポンサーリンク

相場が下がる・上がる、どちらがいい?

全体が上がったからと言って、デイトレーダーにとってやり易い相場とは限りません。

むしろ下がったほうが良い場合が多い。

下がったら、中心になる銘柄が絞られますので、ずっと同じ銘柄で一日中トレードできます。

銘柄を絞り込むためのトレードの手順が一段階減る訳で、ずいずん楽な印象になります。

銘柄選定はデイトレードにおいて、重要な手順です。

最近では取引ツールが進化し、便利になったおかげで手間がかからなくなってきていますが。

取引ツールに助けられギリギリで逃げる

売買代金が今一つで、盛り上がりに欠ける相場はよくあります。

短期売買では、そのような冴えない相場が一番難しいのです。

そんな相場がいつまでも続くことは珍しくなく、結果、こんなふうになります。

「もうイヤだ。」「もうやめたい。」と。

トレードツールを立ち上げるのがわずらわしくて仕方ない状態。

それでも、自動返済売りのシステムなど、便利なシステムには助けられます。

退屈な相場を自動ツールで逃げ切る

指値を出してボーッとしていたら、ヘンな急落を食らってしまい、

「ヤベッ、何だこの下げは!」

と思った瞬間、瞬時に買えてしまう。

そんなこともありました。

しかし、直後にタッチの差で返済売りが出来ていて、ラッキー。

それで上手く売り抜けることができて、助かる訳です。

昔だったら、完全にドン下げを食らって含み損になり、そのまま延々苦しい展開になるようなケースでも。

株ツールの進歩は良い事ばかりか?

ツールの進化のおかげで助かることもありますが、その真逆の現象も少なくはありません。

ツールや発注方法が便利になるからこそ、皆の行動パターンが似通ってきて、一つのパイの取り合いになり、結果やられることもあるのです。

皆が-5%で自動損切りの設定をしていたら、5%下がった瞬間に「ガラ」が来ることになります。

「ガラ」とは、泣く子も黙る株用語で、ナイアガラの滝のような下落を指します。

便利さの影に静かに忍び寄るナイアガラ。

手動で損切りをしていた時代のほうが、皆がモタモタと損切りをする感じになり、急落にはなりにくかったのではないでしょうか。

技術の進化がフラッシュクラッシュを生む

デイトレーダーにとって、ツールの進化は必ずしも良いことばかりとは言えません。

それは、フラッシュクラッシュなどと呼ばれる、ナノ秒取引のアルゴリズムによる爆下げにも言えることです。

科学技術の進化によって、儲けやすくなるなんてことはありません。

前に進むも闇、後ろに戻るも闇。

一旦投資と言う名の魔界に迷い込んだら、常に相場をさまよい続けることになるのかも知れません。