地震誘発の可能性に対処する6つの対策と3つのリンクをまとめてみた

この記事は約4分で読めます。

地震速報がツイッターで流れるとドキッとする日々。

北海道で大きな地震が…。

果たして地震の予知は可能なのでしょうか。

地震雲で予報は…?

リュウグウノツカイや、ダイオウイカなど、深海の生物も次々と上がりました。

地震の前兆をリアルタイムで追います。

デマや噂に流されず、出来る準備を着実にしたいところです。

参考となる情報をまとめました。

スポンサーリンク

地震・防災対策|参考リンク

以下、参考となりそうなリンク先をまとめました。

まずは正確な情報だけを頭に入れておくのが大事。

総務省消防庁ホームページ 防災マニュアル -震災対策啓発資料-

内閣府ホームページ 防災情報のページ【いろいろな動画あり】

緊急事態?余震に注意!

気象庁のホームページで、こんな記述を発見しました。

大きな地震が起きたら、余震は必ず発生するのですか?

大きな地震が発生しても、余震がほとんど起こらないこともまれにあります。 しかし、被害を生じるような規模の大きな地震が発生すると、ほとんどの場合は多数の余震が発生します。

引用元:国土交通省 気象庁ホームページ ホーム>知識・解説>余震について>よくある質問

なんと、余震の発生を認めている文章が…。

これ、地震が予知できると言う意味では…?

いえいえ、そんなことはありません。

地震の予知のためには、「特定の場所」、「特定の日時」がある程度まで予測できなければなりません。

余震の発生がある程度予想できるとは言え、そこまで予言することは、現在の科学をもってしてはやはり不可能です。

ここは一つ、何が起こっても大丈夫なように、準備と心構えで対策をするしかありません。

スポンサーリンク

地震対策は何をすればいい?

  • 家具が倒れないようにする
  • 備蓄品・防災用品の準備
  • 避難場所を確認する
  • 避難経路の確認、訓練
  • 家族との連絡方法の確認
  • 自宅などからの脱出方法の確認

一般的によく言われていることを6つ、列挙しました。

準備は準備として、淡々とやっておくことに越したことはありません。

その上で、いったん被害に巻き込まれたら、その時はその時。

覚悟を決めるしかありません。

そして、デマや噂に流され自分を見失ってはいけません。

地震の予知は可能なのか?

結論から言うと、地震の予知・予測は出来ません。

現在の科学では…。

予知するためには、ある程度の場所の特定、日時の特定が必要です。

それらは、一般的には、全くもって不可能だとされています。

面白おかしくはやしたてる“筋” は、昔からいますが…。

大事なのは科学的根拠です。

根拠がないのに地震が起こる場所・日時を特定し、

「このあたりで明日、地震起こるんじゃね?」

そうつぶやいても、科学的とは到底言えません。

スポンサーリンク

地震情報はどこで手に入れる?

東日本大震災の時には、テレビなどでは未確認情報を流さないようにしているためなのか、なかなかはっきりした情報が伝わりませんでした。

事後的に「こうだった」と報じられましたが…。

当時、一番速報性があったのはツイッター。

被害状況を克明に発信する個人がいました。

ツイッターでは目を見張るような驚くべき状況が…。

SNSの速報性は、今でも変わりません。

当時(2011年)から急速にツイッターの利用が広がった印象です。

私は現在、地震速報のアカウントをいくつかフォローしています。

確かに最速で地震情報は手にすることはできますが、あくまで事後的な情報。

前もって予報的に情報を知ることはできません。

地震雲でリアルタイム地震予知?

「地震雲を観察していれば、地震の予知、できるんじゃね?」

果たしてこの意見に合理性はあるでしょうか。

そもそも地震雲の定義は…?

普通の雲と地震雲の区別はどうやってするのでしょうか。

色、形状、高さ、大きさ?

現時点では、あくまで明確な定義はありません。

まさに雲をつかむようなお話。

地震雲とは

地震の際に現れると言われる不可思議な雲。

スポンサーリンク

続々と迫る大地震の危機

先日も北海道で震度6弱の地震が…。

震源は、大都市札幌も近い距離でした。

北海道での地震を伝えるツイッター

地下鉄が運休、タクシーを待つ長い列。

帰宅難民の行列が報じられました。

大きな被害はあまり出ていないようで、胸を撫で下ろしましたが…。

しかし、2011年の震災以降、大きな地震がやけに多くなりました。