寄り付き直後のデイトレでいつも頭に思い浮かんでいること

この記事は約3分で読めます。

株を買う時間帯。

寄り付き直後にチャンスはあります。

今日も朝の30分、チャンスを求めさまよいました。

スポンサーリンク

寄り付き直後の独り言

デイトレはやらなくていいんだ。

やらなければプラマイゼロだ。

強い銘柄にだけ入ればいいんだ。

安易なインは止めておこう。

手数を減らしたとしても、損するよりはマシなんだ。

わかったか?

わかってるか?

そんなふうに自分へ語り掛けています。

自分の手法・ルールを守ると言うことがどれだけ大変なことか。

相場のプレッシャーとは

株をやると言うことは、こういうことです。

寝ても覚めても株、株、株。

一部の大金持ち、一部の才能あふれるトレーダー。

彼らを除いて、相場のプレッシャーが常に脳を圧迫します。

「何苦しんでんだよ、ドMなのかよ?

やめてしまえ。

株なんてかなぐり捨てろ!」

内心キレながら無言で、静かに黙々と、モニターに向かいながらマウスを握りしめ、自分にそう吐き捨てる。

そんなことがよくあります。

スポンサーリンク

株中毒のリアル

やめられるくらいならとっくにやめてます。

やめられまへん、勝つまでは。

これが本当の株中毒です。

これが世に言う株コワイコワイのリアルです。

何度も言わせていただきますが、一部の大金持ち、一部の才能あふれるトレーダー、一部のドMの方を除いて、下手に株に手を出すとこういうことになる。

そういうことです。

時間帯の重要性

もしこれから株を始める方に何かを伝えるなら、株はやらないほうがいい。

まず第一にそういうことです。

その上で、さらに何かを伝えるなら、デイトレなら朝30分のゴールデンタイムに集中、寄り付き直後の上昇局面を狙うのが一つのパターンかと。

いや、わかりません。

私にはアドバイスする資格もなければ、意見するほどの勝ち組・絶好調ではないのです。

自分のことだけで精一杯。

それでこんなブログを書いている訳です。

そう。

これが株。

これがデイトレです。

こんなふうになりたいですか?

スポンサーリンク

相場の負けはロケットの残骸に等しい

ここから脱出するしか方法はない。

そのためには勝つしかない。

勝つしか…。

葛飾に移住するか。

そんな奇妙なダジャレが思い浮かびながらも、毎度の損切り。

「これノイローゼやん、やばいやん、ストレスマックスやん!」

思わずそんな言葉が口をついて出た。

…あきまへん。

打ち上げに失敗したロケットほど役に立たないものはありません。

図体だけが大きい無用の長物。

今言える一つの結論

あなたが勝てると思うならやれば良い。

勝てるなら私のようにはならない。

負ければこうなる。

これです。

これが今あなたに伝えられることです。

先週も死にもの狂いでゴールデンタイム、デイトレタイムの寄り付き直後30分を生き抜きました。

生き抜きましたって言っても、損切りをしておカネを減らしただけです。

そうするしかなかったからです。

一言、言わせてください。

誰に言うのか…?

誰でもない。

自分に言います。

「おまんまの食い上げを脱したい。」