即金規制のIPO株で私がぶっこく5つの理由|悶絶顔がヤバ過ぎ恐い

この記事は約5分で読めます。

即金規制のIPO株でデイトレ。

その際、私が大損した理由をまとめました。

新規上場株は値動きの大きさが特徴。

特に寄り付いた直後は、もの凄い動きをする場合があります。

現在では多くの場合、見送るようになりました。

規制が解除されてからイン。

それも簡単ではありませんが…。

スポンサーリンク

即金規制のIPO株で私がぶっこく理由

“ぶっこく” とは、株のネットスラング(俗語)で、“大損する” と言う意味。

私が即金規制のIPO株でぶっこく、あるいは上手く行かない理由は、以下のようなもの。

  1. 信用取引が使えない
  2. そもそも現金残高(預かり金)がない
  3. 寄り付く株価が高い
  4. 出来高が減る傾向
  5. 翌日以降信用取引が出来なくなる場合あり

以上について、順に説明いたします。

1.信用取引が使えない

IPO銘柄では、初日に買い気配が続き、寄り付かない場合、2日目は即金規制になります。

即金規制の日については、信用取引が使えなくなります。

現物のみの取引では、預かり金以上に資金を回転させてデイトレードすることができません。

現金残高が30万円ですと、10万円で買える銘柄だったとしても、10万円ずつ3回買いを入れたら終了。

最小単位が30万円の株なら、1回だけ。

ピンポイントで値上がりする場面を買い、すぐ降りる必要があります。

一直線下げを食らったら、ブン投げるのみ。

それで余力が尽きてしまいます。

そうなると、他の銘柄でデイトレし、取り返すこともやりにくくなります。

2.そもそも現金残高(預かり金)がない

資金30万円でデイトレードをしている場合、現金残高がない場合がほとんど。

直近の3営業日では、フルに資金を回転させ、信用取引でデイトレをしていることが多いです。

そうなると、現金残高(お預かり金)は0に…。

回復するのには2営業日かかります。

このため、即金規制のIPO株を買おうにも買えません。

参加からして無理と言う事になります。

3.寄り付く株価が高い

IPO株が即金規制になるほとんどのケースは、新規上場初日に買い気配のまま引けた場合。

翌日も高値で寄り付く場合が多いです。

場合によっては、寄らずの買い気配を数営業日繰り返す場合もあります。

そうなると、とんでもない高値で寄り付く場合も少なくありません。

これがIPO株の凄さでもあり、恐ろしさでもあります。

即金規制のもと、とんでもない値がさ株がとんでもない高値で寄り付き。

私の場合、ビビりまくって、とてもではないですが気軽にデイトレードなどできません。

スポンサーリンク

4.出来高が減る傾向

こんな状況ですと、多くのデイトレーダーが様子見になる為なのか、出来高が減る傾向に…。

高値で寄り付いて、板が飛び飛び気味、出来高減少傾向。

やはりインするのには勇気がいります。

もちろんトレードが上手な人であれば、問題ないのでしょうが…。

私の場合、この影響で、ビビり度が上がりまくります。

顔面が引きつりながらデイトレードするのは、気持ちの良いものではありません。

5.翌日以降信用取引が出来なくなる場合あり

仮に現金残高が余っていたとしましょう。

その分で即金規制のもと、IPO株のデイトレができるかも知れません。

しかし、全ての現金残高を即金規制の株に当ててしまった場合。

その翌日には、信用取引のための余力がなくなってしまいます。

現物売買で使ってしまった買い付け余力は、回復するために2営業日を要します。

その間、信用取引によるデイトレ不可に…。

こうなると、即金規制のIPO株でトレードし大損したとしても、翌日以降に取り返せない可能性が出てきます。

即金規制とは

買い付け代金が即日徴収される規制。

私が考える具体的影響は、概ね上記の通りです。

即金規制の解除とは

寄らずの買い気配が終わり、やっとのことでIPO株が寄り付き。

その日は即金規制のもと、現物株のみの売買が行われます。

そして、その翌日になって、即金規制が解除されます。

こうなって初めて、通常通りの信用取引が可能になります。

即金規制明けに株価は…

即金規制当日に比べ、翌日以降には買いが入り易くなって株価が上がる等と言う俗説があります。

いちおう調べてみましたが、その結果は何とも言えません。

上がる時には上がるし、下がる時には下がります。

とりあえず信用取引が可能になりますので、その意味では気軽にデイトレができます。

しかし、高値圏の小型株がどれだけ難しい値動きであるかは、言うまでもありません。

急落に十分注意する必要があります。

スポンサーリンク

4月25日のトレード結果

一年に数回の空売り、入りました。

何を思ったのか、突如として主力大型株に空売り。

インした途端に2%担がれました。

なんやねん。

瞬間担ぎ上げ。

こんなこと、あるのかな。

この思いつきトレードがなければ、プラスだったのに。

感情まかせのトレード、意味なし。

大損しなかっただけマシとの結論。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)4583カイオム・バイオサイエンス、7676グッドスピード
(売建)7012川崎重工業

デイトレード新規建売買代金(買建)概算30万円
デイトレード新規建売買代金(売建)概算25万円
デイトレード損益プラスマイナス0
スイングトレード損益なし
本日のトータル結果0
今月の損益+4.9万円
持越ポジション(新規買建)1銘柄(新興株)
持越ポジション(新規売建)なし
含み益なし
225オプションなし