即金規制のIPO株で私がぶっこく5つの理由|悶絶顔がヤバ過ぎ恐い

カイジ風の筆者びびり顔

即金規制のIPO株でデイトレ。

その際、私が大損した理由をまとめました。

新規上場株は値動きの大きさが特徴。

特に寄り付いた直後は、もの凄い動きをする場合があります。

現在では多くの場合、見送るようになりました。

規制が解除されてからイン。

それも簡単ではありませんが…。



即金規制のIPO株で私がぶっこく理由

“ぶっこく” とは、株のネットスラング(俗語)で、“大損する” と言う意味。

私が即金規制のIPO株でぶっこく、あるいは上手く行かない理由は、以下のようなもの。

  1. 信用取引が使えない
  2. そもそも現金残高(預かり金)がない
  3. 寄り付く株価が高い
  4. 出来高が減る傾向
  5. 翌日以降信用取引が出来なくなる場合あり

以上について、順に説明いたします。

1.信用取引が使えない

IPO銘柄では、初日に買い気配が続き、寄り付かない場合、2日目は即金規制になります。

即金規制の日については、信用取引が使えなくなります。

現物のみの取引では、預かり金以上に資金を回転させてデイトレードすることができません。

現金残高が30万円ですと、10万円で買える銘柄だったとしても、10万円ずつ3回買いを入れたら終了。

最小単位が30万円の株なら、1回だけ。

ピンポイントで値上がりする場面を買い、すぐ降りる必要があります。

一直線下げを食らったら、ブン投げるのみ。

それで余力が尽きてしまいます。

そうなると、他の銘柄でデイトレし、取り返すこともやりにくくなります。

2.そもそも現金残高(預かり金)がない

資金30万円でデイトレードをしている場合、現金残高がない場合がほとんど。

直近の3営業日では、フルに資金を回転させ、信用取引でデイトレをしていることが多いです。

そうなると、現金残高(お預かり金)は0に…。

回復するのには3営業日かかります。

このため、即金規制のIPO株を買おうにも買えません。

参加からして無理と言う事になります。

3.寄り付く株価が高い

IPO株が即金規制になるほとんどのケースは、新規上場初日に買い気配のまま引けた場合。

翌日も高値で寄り付く場合が多いです。

場合によっては、寄らずの買い気配を数営業日繰り返す場合もあります。

そうなると、とんでもない高値で寄り付く場合も少なくありません。

これがIPO株の凄さでもあり、恐ろしさでもあります。

即金規制のもと、とんでもない値がさ株がとんでもない高値で寄り付き。

私の場合、ビビりまくって、とてもではないですが気軽にデイトレードなどできません。

4.出来高が減る傾向

こんな状況ですと、多くのデイトレーダーが様子見になる為なのか、出来高が減る傾向に…。

高値で寄り付いて、板が飛び飛び気味、出来高減少傾向。

やはりインするのには勇気がいります。

もちろんトレードが上手な人であれば、問題ないのでしょうが…。

私の場合、この影響で、ビビり度が上がりまくります。

顔面が引きつりながらデイトレードするのは、気持ちの良いものではありません。

5.翌日以降信用取引が出来なくなる場合あり

仮に現金残高が余っていたとしましょう。

その分で即金規制のもと、IPO株のデイトレができるかも知れません。

しかし、全ての現金残高を即金規制の株に当ててしまった場合。

その翌日には、信用取引のための余力がなくなってしまいます。

現物売買で使ってしまった買い付け余力は、回復するために3営業日を要します。

3日間は信用取引によるデイトレ不可に…。

こうなると、即金規制のIPO株でトレードし大損したとしても、翌日以降に取り返せない可能性が出てきます。

即金規制とは

買い付け代金が即日徴収される規制。

私が考える具体的影響は、概ね上記の通りです。

即金規制の解除とは

寄らずの買い気配が終わり、やっとのことでIPO株が寄り付き。

その日は即金規制のもと、現物株のみの売買が行われます。

そして、その翌日になって、即金規制が解除されます。

こうなって初めて、通常通りの信用取引が可能になります。

即金規制明けに株価は…

即金規制当日に比べ、翌日以降には買いが入り易くなって株価が上がる等と言う俗説があります。

いちおう調べてみましたが、その結果は何とも言えません。

上がる時には上がるし、下がる時には下がります。

とりあえず信用取引が可能になりますので、その意味では気軽にデイトレができます。

しかし、高値圏の小型株がどれだけ難しい値動きであるかは、言うまでもありません。

急落に十分注意する必要があります。

注目記事

IPO初値|デイトレスケジュールは即金規制との戦い?リアルタイム売買事情

IPO初値予想|安寄り後のデイトレード|急落の恐怖とスキャルピング

日経平均の株価を追う新興市場|IPO株攻略法|トレードは活況と閑散の間

IPOスケジュールと初値予想でデイトレード?利益を出すやり方と公募価格

IPOセカンダリ―の方法!1枚引けに買い持ちのビビり具合が半端ない


広告

4月25日のトレード結果

一年に数回の空売り、入りました。

何を思ったのか、突如として主力大型株に空売り。

インした途端に2%担がれました。

なんやねん。

瞬間担ぎ上げ。

こんなこと、あるのかな。

この思いつきトレードがなければ、プラスだったのに。

感情まかせのトレード、意味なし。

大損しなかっただけマシとの結論。

【デイトレード売買銘柄】
(買建)4583カイオム・バイオサイエンス、7676グッドスピード
(売建)7012川崎重工業

デイトレード新規建売買代金(買建) 概算30万円
デイトレード新規建売買代金(売建) 概算25万円
デイトレード損益 プラスマイナス0
スイングトレード損益 なし
本日のトータル結果 0
今月の損益 +4.9万円
持越ポジション(新規買建) 1銘柄(新興株)
持越ポジション(新規売建) なし
含み益 なし
225オプション なし

広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. X2から等距離の2点を決める

    売買代金とIPO株|インを決める私の方法|これでドカンを食らいました

  2. 滝壺へ落下の曲線グラフ

    値がさ株デイトレ損切りで途方に暮れる!IPOワープ上げ下げの恐怖

  3. 運動場の中央に円の中心を描く

    即金規制の銘柄でデイトレをしない理由|指をくわえて1日傍観する男

  4. IPO株でのデイトレードの急落

    直近IPO初値寄り付き後の注意すべきデイトレード|こわすぎやばい

  5. 特別売り気配からのギャップアップティック足

    IPO株スキャルピング手法2つの究極的選択“瞬トレ or 電気椅子”

  6. 10本目チャートまで作成したチャート

    IPOの値幅とリスク皮算用とは?1枚買いで持越すGU手法がヤバい

  7. ストップ高をつけた後にストップ安をつける分足チャート

    IPO株で利益を出す方法の考察|株歴15年これで大損ぶっこきました

  8. 急騰後急落する1分足チャートの拡大イメージ図

    IPO株の初値予想なしに2018スケジュールを追いデイトレするコツ5選

  9. 下ひげ陽線の図

    IPOセカンダリ―の方法!1枚引けに買い持ちのビビり具合が半端ない

  10. 海で流れから離脱する方法

    IPO株のデイトレードは地味に初値安寄りがやりやすい?年末5営業日

  11. テニスの厚いグリップ・薄いグリップ

    IPOのスケジュール|私のデイトレ参戦法|これで爆下げを食らいました

  12. 2本の陽線上昇のチャート

    IPOスケジュールに値動きを取る|デイトレするならコレをやれ?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告