相場を当てる話

この記事は約4分で読めます。

当方、専門家の話を聞かない訳ではありません。

一応は聞く。

しかし、こと相場に限っては聞きません。

一切です。

その理由は、専門家に相場の話を聞いて、勝った試しがない。

一例をあげましょう。

スポンサーリンク

専門家さんの相場予想

以下は2020年3月、コロナショックが始まった相場において、某相場の専門家(と呼ばれる人)が公言した内容。

当方、メモは取ってあります。

お話は信用しませんが、記録は取る主義なのであります。

なお、この相場師は某有名大卒後、金融、それもトレーディング関係に長らく勤めていた、エラいお方。

当たりはずれ一覧表

コロナは数カ月で終わるハズレ
その後相場は戻らないハズレ
実体経済悪影響当たり
相場は天井をうつハズレ
大恐慌前・ITバブル・今回と日柄同じハズレ
2020年2月天井ハズレ
3年下がるハズレ
2023年初めまで下値を見に行くハズレ
マイナーバブル崩壊は14800ドル(ダウ)ハズレ
40~50%下げるハズレ
メジャーバブル崩壊なら11000ドルハズレ
天井から80~90%下げるハズレ
ドル円104円が節目
それを切ったら99円をやりに行くハズレ
それが切れたらもっと行くハズレ
とてつもない円高ハズレ
90円で止まるかハズレ
日銀は何もできない
2020年前半99円割って来るハズレ
2023年9月~10月65円

な、なんですか、これは?

2023年についての予想は、まだ結果判明を待つ必要があるとは言うものの。

相場を予想する人々

別段、このお方を責めるつもりはありません。

当方、最初から話半分で聞いているのであります。

むしろ、面白い話をしてくれて、ありがたいくらいに思っています。

しかし、相場においては、こんなことは実は少なくないのであります。

リーマンショックが起こる直前、2008年の年初のことです。

某経済紙に相場の見込みが掲載されました。

大勢の専門家に見込みを聞き取っていき、一覧表にしたものです。

当方、リアルタイムでこの紙面を熟読。

かなりの紙面を割いたこの特集記事の中で、相場が下に行くと予想した者はいませんでした。

ほとんど全員が上予想。

なんなんですか、と言う。

これが相場です。

そして、これが相場を予想すると言う行為なのであります。

相場を予想する方法

数年先の相場を当てることすらできません。

予想をするだけ無駄。

とは言え、もっと長いスパンで見れば、相場は上がっています。

今後、90年バブルを超える可能性もなくはありません。

いや、いずれ超えるでしょう。

ただ、その時期がわからないだけです。

時期が当てられないと言うことは、それは何も当てられないに等しい。

100年後までに超える、などと言っても、誰も生きていません。

だから、いつなんだよ?

90バブルの高値を超えるのはいつなんだよ、と。

それすら誰も当てられない、それが相場であります。

少なくとも今言えることは

少なくとも今、相場が良いのであれば、それについていく。

当方にできるのはそれだけであります。

そして、他人の予想を当てにしない。

すなわち、自己責任であります。

と言うことで、某経済紙を取るのは、ずいぶん前にやめています。

ただし、あれは読み物としては面白い。

面白いのだから読むべきだ、と言う意見には賛成いたします。

相場についていくと言う行為はつまらなく、実に味気ない。

感情を断ち切る必要があるからです。

ぬかよろ、それだけは避けなければなりません。

調子に乗らず、相場を追う。

結論はそういうことになります。

さて、本日の結果ですが。

デイ勝ち、スイング負け。

デイは本日、いきなりブチ上がった某大型株で益。

意味わかりませんなあ。

何か材料出たんすかね。

当方、あまりそういうのに興味がありません。

ですがこの銘柄、前場の早い時間帯なら、まあ大体どこで買っても勝てていた、そんなチャート。

こういう銘柄が毎日出てほしいですな。

相場が良くなれば、こういうパターンが増えます。

持ち越し株はすぐ切って負け。

あと数分持っていれば余裕で勝てていた感じなのですが。

残念ですが、こんなもん。

相場が悪くないので、また買い持ち。

クソ株の素っ高値系。

そろそろ崩れそうで恐い。