ナンピン買い|当方のやり方

この記事は約5分で読めます。

下げるところを買って行く。

皆が逃げていくところを買って行く。

これを相場用語で「向かう」と表現します。

相場に向かっている時、たいていの人が経験する、ナンピン買い。

下で買えば、買付単価は下がっていくのであります。

これが一つの危険な誘惑。

買付単価を全力で下げるべく、必死にナンピン買いなんてことになりますと…。

そこで、さらに株価は大爆下げなんてことに。

ナンピン買い後の爆下げは、時に相場を非常につらいものにします。

退場もあるよ、と。

そんな場合に備え、当方もいろいろ考えております。

当方の計画的ナンピン手法を、以下、まとめました。

真似るな危険。

あくまで、相場は自己責任でご自分の判断でご対応くださいますよう、何卒よろしくお願い致します。

スポンサーリンク

よくある失敗

ナンピン買いは、株価が下がる中を少しずつ買い増していくやり方です。

現物株を買って行く分には、担保割れを起こすことはありません。

しかし、信用で買って行くと、ついつい自己資金以上に買い増してしまうことがあります。

レバレッジが掛かり、ポジションがパンパンになったところで、さらに株価が下げるとアウト。

担保割れとなり、追証を求められることになります。

レバレッジ・ナンピンにおいては、担保割れがピンと来ないことが多いのであります。

いつのまにか、とんでもない目にあってしまう。

これを避けるためには、けっしてレバレッジをかけずにナンピン買いをすることが大事になります。

限定枠を設定する

ナンピンで失敗しないためには、限定枠をしっかり設定することであります。

資金が無限にない限り、未来永劫、買い続けることはできません。

ナンピン買いには必ず限界があります。

この限界を予め了解しておくこと。

ナンピン買いにおける限定枠とは

  • 資金
  • 回数
  • 時間

についてのものであります。

この限定枠を設定せず、感覚に頼ってナンピン買いをしてしまうと、失敗の原因となります。

なお、限定枠をしっかり設定したからと言って、全てが上手く行く訳ではありません。

あくまで限定枠の設定は、ナンピン買い成功の必要条件でしかありません。

勝敗はその後、株価がどう動くかにかかっている、これは動かすことのできない相場の実情であります。

その実情はさておき、準備をしっかりしておく。

これにより、失敗のリスクをいささかでも減らすことが大事となるのであります。

限定枠の1 資金

予めナンピン買いをするための資金量。

例えば、100万円分でナンピン買いを行う。

その結果、ポジション全体の大きさがどのくらいになるのか。

その場の感覚ではなく、具体的金額として認識しておく。

これが賢いナンピンには必須となります。

誰が無限にナンピン買いをできましょうか。

そんなことは実際不可能であります。

100万円分をナンピン買いで入れていく、と決めたあとは、次に回数であります。

限定枠の2 回数

100万円分を何回に分けて、ナンピン買いするのか。

  • 10万円×10回
  • 20万円×5回
  • 33万円×3回

など、やり方はいろいろあるのであります。

回数に関しては、資金が大きければ大きいほど、分割することができます。

分割すればするほど、より値動きの変動に即したナンピン買いができますので、有利となります。

買いの回数が少ない場合、たまたま高値ばかりで買いを入れるようなことになってしまいますと、まことに不利なナンピン買いとなってしまいます。

言い換えれば、ナンピン買いにおいては、資金の大きさが有利さに結びつくのであります。

いずれにせよ、この回数を前もって割り出しておくこと。

これにより、計画的なナンピンが可能になります。

限定枠の3 時間

ナンピン買いの資金量、回数を決めますと、1回に買いを入れる金額が決まります。

金額が決まりますと、1回で買う株数も概ね明らかとなります。

次に決めておくべきことは、買いを入れる時間であります。

例えば、総額100万円分の金額で、20万円×5回の買いを入れる場合。

厳密には均等に20万円とすることができるとは限りませんので、あくまで概算値であります。

そして、この20万円分の買いを5回、どのくらいの時間に渡って発注していくのか。

1時間で買い切るのか、1日か、それとも3営業日に渡り買うのか。

これが時間の限定枠であります。

1時間で買う場合には、12分間に1回、買いを入れていけばよろしい。

(12分間×5回=60分)

また、1日かけて買って行く場合には、ザラバの時間が現行ですと、前場が2時間半、後場が2時間半の合計5時間ですので、1時間に1回ずつ買いを入れていけば良いことになります。

また、3営業日かけて買う場合には、1営業日5時間×3営業日で合計15時間となります。

この15時間を5で割り、3時間に1回買っていく。

ザラバを見ていられる人限定の方法ではありますが、買い付け単価を平均的に安くする目的で、このような買い方をする、これも一つの方法であります。

これが当方御用達の手法であります。

しかし、ナンピン買いはもうしないと、言っていなかったっけ?

最近、記憶力が落ちて来たのかな。

さて、本日のトレードは、デイなし、スイング負け。

スイングは持ち越し株ギャッダンにより、ねばることもなく即ぶん投げ。

それより、なにより、とっ捕まっているアレな株であります。

この処理を誤ると、とんでもないことになります。

どうするかなぁ。

ナンピン買いをするか、それともぶん投げか。

なんて考えながら、頭を抱え、大引けを迎えた本日であります。