テクニカルと発行済株式数による手法

この記事は約6分で読めます。

発行済株式数倍率とは、当方の造語であり、オリジナル指標であります。

(オリジナルだと勝手に思っているのですが、このくらいのことはどなたかが先んじて、とっくの昔にやっているかも知れません。)

この倍率が、とあるポイントを超えた時、株価は上がるのではないか。

そんな考えでトレードをしていたことがあります。

結果は惨敗。

相場はそんなに甘くない。

しかし、今ではそこを起点に、さらにデータをこねくり回してトレードをしております。

以下、参考にはなりません。

ならないと言うより、してはいけません。

また、投資を推奨するものでもありません。

単なる感想文ですから。

スポンサーリンク

テクニカルって何

テクニカル指標が動けば、株も上がるのではないか。

数字にとらわれ、値上がりを信じる、このオカルト性。

相場には、このオカルト的な魔力が、そこかしこに存在しています。

多くのテクニカル指標は、そもそも役に立つのでしょうか。

株を始めた当初、当方はまず、MACDの魅力に取りつかれていました。

MACDの曲線を見ながら、買っていく。

どこかの雑誌にそう書いてあったのであります。

それを見たのは、2005年くらい。

ペラペラの薄い雑誌です。

当方もやることが短絡的であります。

しかし、結果は惨敗以上の何物でもありません。

正直に言いましょう。

テクニカルなんざ、当たるも八卦当たらぬも八卦。

そんなことで儲かれば誰も苦労はしないのです。

常用テクニカル指標

そんな当方も、常に表示しているテクニカル指標があります。

エンベロープであります。

あくまで、チャートの縮尺比をある程度一定にしつつ、移動平均線を一本だけ表示させておくと言う目的で使っているのみ。

これがなかなかシンプルでよろしいのです。

しかし、このおかげ儲かったと思った試しはありません。

テクニカル指標は、そのような使い方をするのがよろしいと思われます。

すなわち、チャートを見やすくし、イメージをつかむために使うと言うことであります。

なお、ボリンジャーバンドは使いません。

なぜなら、あれは一定の見方をしにくいのであります。

ボリンジャーにおいて、チャートの縦横縮尺比が変わると、まったく別のイメージのチャートになってしまいます。

そもそも、当方の感触では、ボリンジャーがスクイーズしたからと言って、どうなるわけでもありません。

また、2シグマ、3シグマに達したからと言って、どうなるものでもないのです。

相場の一瞬先は闇であり、標準偏差や正規分布は役に立たない。

そういう結論であります。

テクニカルの挫折

その後も様々なテクニカル指標に手を出しました。

ほとんど全て試したと言えるでしょう。

一目均衡、ストキャスティック、RSI、フィボナッチ、その他、ネットに出ているものはほぼ全て、やってみたのであります。

しかし、効果は今一つ。

結論としては、やるだけ無駄。

無為な時間を過ごした末、当方、テクニカル指標はオリジナルでなければダメなのではないか。

すなわち、一般的に使われていないテクニカル指標、それを開発しなければならないのではないか。

そんな思いにとらわれ始めました。

そもそも、ほとんどのテクニカル指標は、株価、出来高、時間を元に計算し、それを図表化しています。

これら、株価・出来高・時間を株の3要素と呼びます。

(当方の勝手な株用語。)

出発点が皆そろってこの株の3要素。

だとすると、どうこねくり回しても結果は変わらないのではないか。

そんな考えに至るまで、時間はかかりませんでした。

そこで編み出したのが、冒頭の指標。

発行済株式数倍率であります。

発行済株式数倍率とは

発行済株式数倍率とは、当方が勝手に名付けたものです。

出来高に加え、別の要素を組み入れる、そんな発想であります。

定義は、

発行済株式数倍率=当日の出来高÷発行済株式数

であります。

これを各銘柄について割り出し、1を超えている、あるいはその近辺まで増加している銘柄を探し出します。

その目的のために、エクセルに全銘柄の発行済株式数を入力しました。

なお発行済株式数については、ヤフーファイナンスの株式ランキングのページにおいて、時価総額上位・時価総額下位の項目の中で、日本市場の全銘柄の発行済株式数が一覧として掲載されています。

さて、エクセルに全市場・全銘柄の発行済株式数を入力し終えた当方。

該当銘柄の出来高をポンと入力するやいなや、発行済株式数倍率が瞬時に計算され、目の前にデカデカと表示されるシステムを完成させました。

これを見ながら、トレードを行うのです。

(単なるエクセルですが。)

デイ・スイング、双方で試してみたこともあります。

しかし、結果は上述の通りであります。

何度もトライして損をし続け、最後にドカンと大損をして、希望のともしびは消え去りました。

筆者オリジナル・テクニカル指標、発行済株式数倍率は、相場の前に敗れ去ったのであります。

テクニカルより怖いもの

やはり物事は、素人が思いつく程度の方法では、すんなり解決とは行きません。

さらなる応用が必要なのであります。

当方、いろいろな条件を採用し、試行錯誤を続けました。

例えば、その一つに、信用倍率・貸借倍率があります。

これらを上述のデータと絡み合わせるのであります。

しかし、これも挫折。

結論的なことで言いますと、信用倍率・貸借倍率は、相場にさほどの影響を与えません。

買い残が多いから・売り残が多いから、だからどうたらこうたらと言う理論。

これで儲かった試しがないのであります。

損したことはあります。

信用倍率を見て選んだ銘柄において、買い持ちしていたらいきなり増担保規制となり、爆下げを食らった、等であります。

信用倍率なんかより、東証の規制のほうが怖い。

あれ、やめてくれませんかね。

実は、東証の規制については、一応の基準が公表されているとは言え、最終的には正確な予測は困難です。

運ゲー。

さて、本日の結果ですが。

デイ前場なし、後場負け、スイング勝ち。

とっつかまっていた例の株、ストップ安2連目の近くで間違えてPTSで買ってしまった株。

何とか微損で逃げることができました。

昨夜はPTSでナンピンまでやってしまい、冷や汗が出て悪夢を見ました。

値幅制限拡大により、爆損するかと思っていましたので、得した気分。

昨夜は、他にもいろいろPTSで買い込んでしまいました。

夜の間、ずっとPTSを見てるのはつらい。

買った後も相場が気になってしまいます。

PTSは正直言ってやりたくありません。

板が薄くてまとめては買えないし、昼場を入れたら時間長すぎです。

朝8時から夜の12時までですから。

深夜も気になって相場を見ているわけですし。

今朝はその銘柄の敗戦処理で、デイまで手が回りませんでした。

あの銘柄さえなければ、デイもスイングも問題なしだったんですが。

利益が出たたけで満足しなければいけない、そういうことでありましょう。

またまたクソ株持ち越し、よーやるわ。