デイのキモ

この記事は約3分で読めます。

当方の考えるデイトレの肝。

これを何点かまとめました。

信じる・信じないはあなた次第です。

自己責任でおなしゃす。

スポンサーリンク

確実な損切り

いろいろな理由をつけて損切りに失敗する。

一番あるパターンとしては、見ているうちにやられてしまう。

注文を出す前に値が動いてしまうと言うアレです。

なぜこうなるかと言うと、想定より値動きが速いため。

値動きは遅い方が、損切りはやり易い。

すなわち、最主力の大型株の方が切りやすい。

小型株の損切りは難しいです。

値動きの大きさに誘引され、多くのデイトレーダーが手掛ける小型株。

損切りポイントが過ぎ去ってから時間を戻すことはできません。

クイックィ動く小型株は要注意であります。

素直な値動き

値動きにひかれてトレードをしていますと、しょっちゅうとんでもない目に合います。

値動きが大きいだけでなく、奇怪とも言える想定外の値動きにやられてしまうのであります。

例えば、急騰直後の急落。

さらに、突然の特別気配。

これに対応できる人はいるのでしょうか。

特別気配が出てからインする、そんな手法もあります。

しかし、そんな手法すら再度の特別気配で抹殺される。

すなわち、デイに必要なものは、実は素直な値動きであります。

素直な値動きとは、分足陽線が出たならば、陽線がしばらくの間、連続する。

陰線の場合も同じく。

これによって着実に利益確定でき、損切りの機会も減るのであります。

ぶっこめる方が優れている

いつまでたっても30万暴威。

これでは仮に儲かったとしても、必要経費その他で利益は雲散霧消。

すなわち、種銭は大きいほうが良い。

すなわち、ぶっこめる方が遥かに優れている。

これは当方の感想ではなく、計算上の事実であります。

となると、ぶっこめない銘柄は良くないと言うことになります。

思い切って資金を突っ込めない銘柄は、効率が良くありません。

値動きの良い小型株、いわゆるクソ株はどうなのか?

やはり、主力の大型株が良いのではないか?

そういう話になります。

主力株でトレードするならば、取扱銘柄数・取引回数もある程度限られて来てしまいます。

取扱銘柄数・取引回数の誤解

機関銃で有無を言わさず掃射するよりも、一発の弾丸で着実に仕留めるほうが優れています。

これについては、猟を考えればわかります。

良質な鹿の背ロースを頂くのに、機関銃を撃つ人はいません。

数打ちゃ当たる式は下手くその証拠。

まず鹿のいる場所に難なく到着する。

これだけでも経験則と知識が要ります。

そして一発で当てる。

弾にはコストがかかっていますし、外したら半矢と言って獲物が手負いの状態となり、鹿にも人間にも迷惑をかけてしまいます。

一発ずつ着実に仕留めて行く方が、年間トータルで多くの獲物をゲットできるのであります。

あらゆる意味で一発必中こそ、コスパがよろし。

すなわち、取扱銘柄数・取引回数は少ない方が優れているのです。

はるかに。

ただし、優れているトレード方法は成し遂げるのが難しい。

それだけのことであります。

さて、本日の結果は、デイ勝ち、スイング勝ち。

ただしデイはこの3倍、5倍はイケたと言う思いが強い。

ぶっ込めてないし、当初の指値を動かしてしまい、ものすごく速く降りてしまいました。

やはり、昨日やられているのが痛い。

やられるとビビッてしまい、ぶっこめないし利を伸ばせない。

やるならガッツリ勝つ。

これが大事と言うことでしょうか。