お地蔵さんハイレバ手法の効用

この記事は約5分で読めます。

誰しもお地蔵さんのように座ったまま、利益を積み上げたい。

しかし、悲しいかな、人間はお地蔵さんではありません。

忍耐力もブチ切れる場合がある。

それを思い知った。

相場と言う魔物に、思い知らされた。

当方のお地蔵さんハイレバ手法。

その開発経緯。

そして、その結果やいかに。

以下、参考にする方などいらっしゃらないとは思いますが、当然ながら参考非推奨であります。

真のお地蔵さんのみ、貫徹できる手法であります。

スポンサーリンク

レバをめぐる旅

レバレッジとは、英語でレバーの派生語であり、てこの作用を意味します。

レバによって利益を飛躍的に増加させたい。

しかし、実際には損をする場合も、てこが効いてしまいます。

トレードが下手である場合には、下手さが拡大されるのであります。

すなわち、上手であれば利益が増えますが、下手であれば、損が増えてしまう。

そして、下手なものを、手の平を返すように上手にすることはできない、この現実。

ですから、安全のためには、レバを効かせないほうがよろしい。

現物株でトレードをするか、レバレッジ1倍となるよう信用取引でトレードをするのであります。

しかし、何とかレバを効かせたい。

この誘惑。

自動損切りの罠

利益が拡大するのであれば、誰も困りはしません。

しかし、損失の拡大、これが問題。

損失を一定範囲より大きくさせない。

すなわち、損失のコントロール。

ここで多くの人が考えるのが、逆指しによる損切りであります。

ある価格に達したら、自動で損切りが出るように設定。

例えば、株価が下げて500円に達した時、成り行きの売り発注を出す。

損失が一定範囲に収まる筈です。

あくまで筈に過ぎない。

実は、成り行きで売る以上、必ずしも想定した価格で売れるとは限りません。

買い板が離れていて、450円にしか買い発注が存在していなかった場合には、450円以下での損切りとなります。

自動損切りの約定価格は、誰も保証できません。

完ぺきなトレードなど、存在しないのであります。

完ぺきへの指向性

想定した通りに株価が動き、想定した株価で買い、売る。

その理想にどのくらい近づけるか。

この程度を、トレードの完全性と呼びます。

(当方の勝手な用語。)

トレードが上手くなるためには、この完全性を高める必要があります。

上記の自動損切りで言うならば、500円で売ると想定したなら、何がなんでも500円で売らねばなりません。

売ろうと思ったけど売れなかったとか、500円ではなく450円で売れてしまった、等はありえない。

つまり、言い訳無用。

これが出来て初めて、大損を回避し、レバの有用性を享受できます。

浮上した窮余の策とは

相場において、想定通りの値動きを期待することは難しい。

しかし、その確度を上げること。

これがトレードをより完全たらしめ、安全にレバレッジを効かせることにつながります。

すなわち、値動きに暴れまわられては困る。

上がるのなら静かに、ゆっくり上がってくれよ、と。

下がる場合も同様。

あっちこっち、瞬時に動き回るような値動きは、不完全なトレードの原因でしかありません。

しかし、相場の本質として、価格は常に上の板と下の板を行ったり来たりしているもの。

すなわち、想定通りの値動きなど、厳密には存在しない。

ここで窮余の策として現れる手法。

お地蔵さんハイレバ手法の勃興であります。

お地蔵ハイレバ手法の勃興

一定時間の間に、何パーセント値が動いたか。

これが時間当たりの値動き率です。

時間当たりの値動き率が大きい場合には、より予想を裏切って価格が動くことになります。

逆に言えば、動かないでじっとしている、値動き率ゼロの状態。

この場合、お地蔵さん状態であります。

すなわち、時間当たりの値動き率を見ることはたやすく、人の目に明らかであり、数値として把握することもできる。

大きく動いたら、それは想定通りではないと言うことです。

と言うことは、値動きは小さいほうが良い?

確かに、動かない銘柄なら大損しないので、いくらでもレバレッジをかけられます。

お地蔵さんのように動かない銘柄、ここにハイレバをかける。

すなわち、お地蔵さんハイレバ手法。

そんな算段でのぞんだ、本日のトレード。

デイ勝ち、スイング負け。

なぜ買い持ちで日経が上がったのに、スイングで損するんだ?

想定外過ぎる。

そんな思いで、静かに切れ、机の天板をおもむろにグーでぶち壊す。

デイも苦労しました。

延々うんつく言いながら、やっとこさ利益確定。

お地蔵さんハイレバ手法とは、利益が反映されるまでに時間がかかり過ぎるのが難点。

しかも、スイングの損、取り返せず。

わいは言いたい。

わいはお地蔵さんなんかではない。

人間や。

後場、デイ、ストップ高狙いで崩れ、損切り。

そういうことか。

そっちがその気ならこちらにも考えがある。

机の天板など、こうしてくれるわ。

と思うや否や、壊れた机の天板を、さらにメキメキ粉砕し、粉々に破壊。

爪がはがれた。

血だ。

狂気の目をしている。

呼吸がぜーぜー言っている。

モニターもマウスも吹っ飛んだ。

わいはお地蔵さんなんかではない、わかったか。

その時、鉄板の机が必要かも知れないと思った。

ヤケクソでクソ株持ち越し。