値動きのキモ

この記事は約4分で読めます。

値動きとは複雑怪奇。

そこを何とか利益をもぎ取る方法。

そのためには値動きのキモと言うべき、損小利大の謎を解き明かさなくてはなりません。

はっきり言いましょう。

損小利大なんて不可能。

不可能なのであきらめて、致命傷を食らわないようにしなければなりません。

生きて帰る。

それが相場の最大目標であり、そのための豆知識を以下、ご紹介致します。

スポンサーリンク

損小利大の嘘

確かに損切り幅を小さくして、利が伸ばせれば儲かります。

しかし、短期売買の場合、その性格上、ほとんど無理とも言えます。

そもそも、最初の時点で、短時間で小さな値幅で降りると決めてしまっている訳です。

なのに「利を伸ばせ」とはおかしくないですか?

デイトレードであれば、その時間的制約上、自動的に利幅は狭くなってしまいます。

つまり短期売買の人にとって、損小利大はお題目であり、当初の行動予定とは矛盾する行為となります。

「損は小さく利は伸ばす」はあくまで理想論なのです。

そして、儲けると言う現実上の要請に対し、理想論は役に立ちません。

理想論は無駄

時間軸を極めて短く設定しているのに、利幅だけ広くする、そんな夢物語は存在しません。

それができるなら、どんどん儲かりますので。

針穴に糸を通すようなことを目標にしても意味はありません。

短時間で降りると決めているなら、利を伸ばすことはできない、あるいはその可能性が高いのです。

利幅が狭いことに抱き合わせで生じる不都合も存在します。

超速で利益確定しているのであれば、それに応じて相対的に損切りの幅は広くなります。

意図的に利幅を狭くしているのに対し、それよりさらに損切りの幅を小さくするなど、机上の空論。

特にスキャルピングの場合には、損切りをした時点でその日は負け確定と言っても過言ではありません。

損切りの時点で負け

利幅が狭くなればなるほど、損切りの時点でトータル負けとなる可能性は高まります。

例えば、1秒で1円の利幅が取れたとしましょう。

そして、1円の利幅に対し、損切りの幅が0.3円であるならば、それはまさに損小利大と言えましょう。

では、次に0.3円下の損切りで済ますことは可能なのでしょうか?

当然ながら、株価の刻みが1円だったら不可能です。

たとえ株価が0.1円刻みだとしても、実際上、それはかなり難しいと言えます。

「え?

損切りをした時点で負け?

ってことは、全勝にしなきゃいけないのかよ?」

と、当方もドンヨリした気持ちになったものです。

では、どうすれば良いのでしょうか。

最も必要なものは

トレードにおいて、最も必要なものは損切りではなく、同値降りです。

同値降りか、それに近い損切り。

であれば、以降、小さな利幅を積み上げて、トータル勝ちに持って行けます。

それを実際にやるためには何が必要でしょうか?

誰しも利益確定が目的ですから、ちょっと下げたくらいで損切りをすることは難しいのです。

「あとちょっと、もう少しで利確できる。」

そう思っているのにその場で降りるなんてことは、普通はやりにくい。

やりにく過ぎる。

それをあえて実行するためには、どうしても「迷いながらやる」と言うことになります。

同値降りを本当にやり切るためには、何度もその位置に株価が戻って来てくれて、躊躇しながらもそこで何とか降りる。

何度も行ったり来たりしてくれれば、何とかその近くで降りれそうですから。

逆に、一直線の稲妻下げを食らったら、そんなことは不可能。

短期売買の至上命題

以上のように考えますと、短期売買において最も必要なことは以下です。

一直線・稲妻下げを避けること。

稲妻の鉄槌を頭から食らって、生き残ると言うのはかなり難しいです。

相当に運が良くなければ。

買いから入った後の「超速の棒下げ」の中で、損切り幅を小さくすると言うのは、ほとんど無理と言って良い芸当です。

至上命題としてこれを避け、その上で株価が何度か戻ってくれる状況にならないとまずいのであります。

つまり、短期売買における値動きについて、最重要のキモとなる事柄は、

  • 棒下げしない
  • 株価が戻って来てくれる

の2点になります(買いから入る場合)。

はたして私達は、そんな都合の良い銘柄を毎日見つけることができるのでしょうか。

そこんとこ、謎のままであります。

さて、本日、当方のデイトレ結果ですが。

損益+0.7万円。

新規建て代金合計840万円。

インした銘柄は2つ。

損切り1回。

朝からいきなり損切りを食らってしまい、その後何とかIPOの上げに救われました。

株価が綾戻しをしてくれたおかげで、損切りを無難にすることができました。

どうにかこうにか。

一直線下げなら爆損していました。

よかったー、IPOの棒下げを食らわなくて。

食らってたら尾張でした。