手法

手法

軽量小型株の手法

当方、軽量小型株がメインであります。 すなわち新興市場。 とは言え、東証プライム(往年の東証1部に相当)にも低位株はあり、IPOもあります。 早い話、値動きがあれば市場区分はあまり関係ありません。 全市場対応型、値動...
手法

おいしい銘柄を残らず監視する方法

相場は網羅的にウォッチしなければなりません。 1銘柄を見逃したために、機会損失となることは多い。 なぜグイグイ来る、楽勝銘柄を見逃してしまうのか。 おいしい銘柄は残らず監視する必要があります。 視野の広さにおいて、誰...
手法

0と1の勝負手法

トレードとはデジタルなものであります。 すなわち、0と1の組み合わせでできている。 個別の事象は突き詰めれば、勝ちか負けの2種類しかありません。 つねに2分岐の選択を迫られる、非情な相場であります。 当方の考える、相...
手法

不確実性で勝つ方法

不確実性で勝つ方法、その要諦は上振れで取り、下振れで損切ることであります。 上への行き過ぎだけを取り、下への行き過ぎはぶん投げる。 すなわち、不確実性の益の方だけいただく。 その心は、当方の場合、以下となります。 確率の...
手法

低位株の手法

当方、年に何回かは低位株で勝負します。 なぜ低位株なのか。 その答えは、低位株が最も上がりの具合がよろしい。 上昇率で見ると、低位株が上がる時の率が最も大きいのであります。 10円から1円上げれば10%の値上がり。 ...
手法

ムズ過ぎ相場の突破法

相場が難しすぎる。 そして、値動きが読めない。 こんな時こそ、何とかしなければなりません。 はて、どうするか。 これこそ相場での生き残りを左右する問題であります。 休むも相場。 確かにその通りですが、ただ...
手法

一撃必勝をもぎ取る手法

一撃必勝とは、当方の目指すコアな部分。 ガツンともぎ取れば全てが解決する、と言うこと。 相場の夢物語であると同時に、実現可能性を秘めた手法。 現実的に可能な、最高効率を目指す方法論であります。 一撃必勝をまとめてもぎ...
手法

ギャップダウン相場でやるべきこと

朝からギャップダウンでギャッと声が出る。 これを当方の株用語で、おはぎゃー相場と呼びます。 本日も寝起きのおはぎゃーで損切り。 落ち込んでも意味はありません。 むしろ、ここで不屈の相場対策を検討する。 当方、相...
手法

確率を上げる方法

確率を上げる方法とは、すなわち計算であります。 感覚に頼っていると、実は確率が下がっていることが少なくありません。 直感と現実の乖離。 この乖離によって、気づかぬままに確率の低い行動を強いられることがあります。 計算...
手法

酔歩手法で勝つ

強い銘柄はいくらでもあります。 しかし、問題は、買った途端に下げてしまう。 相場が悪意を持っているかのように。 すなわち、強い・弱いで判断はできません。 そうではなくて、ポジションを持った後にどうなるか。 これ...